Home > イベント情報 > CCSテクニカルワークショップ2013 -CCS大規模実証プロジェクトに向けた安全性評価技術開発の最前線-(2014年1月23日開催)開催結果

イベント情報

開催結果

CCSテクニカルワークショップ2013 -CCS大規模実証プロジェクトに向けた安全性評価技術開発の最前線-(2014年1月23日開催)開催結果

当機構は、2014年1月23日(木)、「CCS大規模実証プロジェクトに向けた安全性評価技術開発の最前線」をテーマとするCCSテクニカルワークショップを経済産業省との共催により開催いたしました。
ワークショップでは、企業、大学、研究機関、省庁などから約300名という多数のご参加をいただきながら、松岡俊文京都大学大学院教授の司会進行のもと、国内外計5名の専門家の講演を通してCCS関連の様々な安全性評価技術について議論を行いました。
ワークショップのまとめとして、長期に亘るCCSプロジェクトでは、CO2の分布を把握することによりシミュレーションの不確実性を低減させるためにも、また経済性を成り立たせるためにも、モニタリング技術が大変重要であるとの総括がなされました。

開催概要

日 時
2014年1月23日(木) 10:30~17:00
会 場
第一ホテル東京 5階 ラ・ローズ(東京都港区新橋1-2-6)
主 催
公益財団法人地球環境産業技術研究機構
共 催
経済産業省
後 援
独立行政法人産業技術総合研究所、一般財団法人電力中央研究所、Global CCS Institute、一般社団法人エネルギー・資源学会、日本CCS調査株式会社
参加者数
295名

プログラム

講演要旨、講演資料の無断転載は固くお断りいたします。
本資料の内容を公表する場合は、事前に当機構CO2貯留研究グループの許可を受けてください。

 

10:30 開会挨拶
 山地 憲治(RITE 理事・研究所長)
   
10:35 共催者挨拶
 永澤 剛(経済産業省 産業技術環境局 地球環境連携・技術室 室長)
   
10:40 趣旨説明
 松岡 俊文(京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻 教授)
   
10:45 Upscaling CCS: In Salah lessons
 Iain W. Wright(Program Manager, In-Salah, BP, 英国)
 講演要旨    講演資料
   
11:40 苫小牧CCS実証試験の現況について
 棚瀬 大爾(日本CCS調査株式会社 苫小牧操業部長)
 講演要旨    講演資料
   
12:35 昼食休憩&ポスターセッション
   
13:40 The Aquistore Project: Commercial-Scale CO2 Storage in a Saline Aquifer in Saskatchewan, Canada
 Don White(Senior Research Scientist, Geological Survey of Canada, カナダ)
 講演要旨    講演資料
   
14:35 Borehole Based Monitoring of CO2 Storage: Recent Developments in Fiber-Optic Sensing
 Tom Daley(Research Scientist, Geophysics Department Earth Science Division, LBNL, 米国)
 講演要旨    講演資料
   
15:30 コーヒーブレイク&ポスターセッション
   
15:50 光ファイバーによるCO2圧入サイトの地層安定性観測技術開発について
 薛 自求(RITE CO2貯留研究グループ 主席研究員)
 講演要旨    講演資料
   
16:45 統括
 松岡 俊文(京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻 教授)
   
16:55 閉会挨拶
 本庄 孝志(RITE 専務理事)

 

会場

最新情報一覧

プレスリリース Press releases

イベント情報 Events

公募情報 Public offerings

採用情報 Recruitments

ISO/TC265関連

特許紹介

メールマガジンサービス

ご希望の情報が更新されましたらメールにてお届けいたします。

賛助会員の募集について

ページの先頭へ