Home > 研究内容

研究内容

京都にあるRITE本部の研究所においては、各分野のスペシャリストからなる研究グループ・センターにより、CO2削減を実現するための革新的エネルギー・環境技術の研究開発を推進するとともに、地球温暖化対策シナリオを作成し政策提言につなげています。

温暖化対策のシナリオ策定
(システム研究グループ)

地球温暖化への対応方策や政策の方向付け等に関するシステム的研究、RITEで研究開発されている地球温暖化対策技術を含む全体システムの検討、導入シナリオの検討を行っています。また、地球温暖化対策と持続可能な発展との相乗効果、逆にトレードオフ関係を含めた総合的な評価も行い、より良い効果的な方策の検討を行っています。

バイオリファイナリー技術
(バイオ研究グループ)

国連が提唱した持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、バイオテクノロジーと循環型社会が融合した「バイオエコノミー」のコンセプトが注目されています。バイオエコノミーは地球規模の課題解決と経済発展の共存を目指す考え方であり、そのコア技術の一つであるバイオリファイナリーの技術開発に取り組んでいます。

CO2分離・回収・グリーンプロセス技術
(化学研究グループ)

CO2の大規模排出源である火力発電所や製鉄所などの排ガスから、吸収液や高分子膜などを用いて安価にCO2を分離・回収する技術の開発に取り組んでいます。


CO2貯留技術
(CO2貯留研究グループ)

CO2地中貯留技術の実用化を目指して、「大規模CO2圧入・貯留の安全管理技術」および「大規模貯留層の有効圧入・利用技術」の開発に取り組んでいるほか、「CCS普及条件の整備、基準の整備」に関する研究や国際機関との連携も進めています。

無機膜を用いた
環境·エネルギー技術
(無機膜研究センター)

CO2有効利用技術、低コスト水素製造技術などに適用可能な無機分離膜やメンブレンリアクターの研究開発を進めるとともに、メーカーやユーザー企業と連携して、無機膜の産業化に向けた多様な取り組みを進めています。

ページの先頭へ