業績一覧

  1. バイオ研究グループ HOME>
  2. 業績一覧

論文

一覧

  • Hasegawa S, Jojima T and Inui M. Efficient construction of xenogeneic genomic libraries by circumventing restriction-modification systems that restrict methylated DNA. J. Microbiol. Methods. (in press)
  • Kitade Y, Hashimoto R, Suda M, Hiraga K and Inui M. Production of 4-hydroxybenzoic acid by an aerobic growth-arrested bioprocess using metabolically engineered Corynebacterium glutamicum. Appl. Environ. Microbiol. (in press)
  • Toyoda K and Inui M. Extracytoplasmic function sigma factor σD confers resistance to environmental stress by enhancing mycolate synthesis and modifying peptidoglycan structures in Corynebacterium glutamicum. Mol. Microbiol. (in press)
  • Oide S and Inui M. Trehalose acts as a uridine 5'-diphosphoglucose-competitive inhibitor of trehalose 6-phosphate synthase in Corynebacterium glutamicum. FEBS J. 284: 4298-4313. 2017.
  • Kuge T, Watanabe A, Hasegawa S, Teramoto H and Inui M. Functional analysis of arabinofuranosidases and a xylanase of Corynebacterium alkanolyticum for arabinoxylan utilization in Corynebacterium glutamicum. Appl. Microbiol. Biotechnol. 101: 5019-5032. 2017.
  • Maeda T, Tanaka Y, Wachi M and Inui M. Polynucleotide phosphorylase, RNase E/G, and YbeY are involved in the maturation of 4.5S RNA in Corynebacterium glutamicum. J. Bacteriol. 199: e00798-16. 2017.

学会発表

一覧

  • 「非可食バイオマスからの高効率バイオ水素生産」
    BioJapan組織委員会 / 2017年10月12日, 横浜, BioJapan 2017
    寺本 陽彦, 乾 将行
  • 「非可食バイオマスからのバイオ燃料ブタノールの製造」
    BioJapan組織委員会 / 2017年10月12日, 横浜, BioJapan 2017
    平賀 和三, 乾 将行
  • 「コリネ菌を用いた有用芳香族化合物の生産性向上による代謝解析技術の有効性検証」
    BioJapan組織委員会 / 2017年10月11-13日, 横浜, BioJapan 2017
    乾 将行, 平賀 和三, 須田 雅子, 豊田 晃一, 久保田 健
  • 「コリネ型細菌を宿主とした制限修飾系を回避する効率的なDNAライブラリー構築法の開発」
    公益社団法人日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 / 2017年9月22日, 大阪, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部2017年度合同大阪大会
    長谷川 智, 城島 透, 乾 将行
  • 「乳酸・コハク酸生産時におけるコリネ型細菌の耐熱性」
    日本生物工学会 / 2017年9月12-14日, 東京, 第69回日本生物工学会大会
    水野 光, 柘植 陽太, 仁宮 一章, 乾 将行, 近藤 昭彦, 高橋 憲司
  • 「遺伝子組換え紅色非硫黄細菌による酢酸からの高効率バイオ水素生産プロセスの研究開発」
    日本生物工学会 / 2017年9月12-14日, 東京, 第69回日本生物工学会大会
    清水 哲, 寺本 陽彦, 乾 将行

書籍

一覧

  • 化学便覧 応用化学編 第7版
    編集委員長: 辰巳 敬
    発行: 丸善出版/2014年
    執筆箇所: 28.6.4 アミノ酸
    執筆者: 乾 将行
  • Microbiology Monographs: Biology and Biotechnology of Corynebacterium glutamicum
    監修: 湯川 英明, 乾 将行
    発行: Springer/2012年
  • バイオリファイナリー技術の工業最前線
    監修: 湯川 英明
    発行: シーエムシー/2008年
    執筆箇所: 第1編第1章 バイオリファイナリー基本コンセプト*
           第1編第2章 バイオリファイナリーからの化学製品とエネルギー製品*
           第1編第3章 バイオエタノールと地球温暖化問題*
           第2編第1章 米国におけるバイオ燃料*
           第2編第3章 EUにおけるバイオ燃料*
           第6編第1章 バイオエタノール**
           第6編第2章 バイオブタノール**
           第6編第3章 バイオ水素***
    執筆者: 横山 益造*, 沖野 祥平**, 吉田 章人***
  • バイオマスエネルギー利用の最新技術
    監修: 湯川 英明
    発行: シーエムシー/2001年
    執筆箇所: 総論編第3章「米国にみる科学戦略とバイオマス」*
           各論編1第2章「生物的変換技術 2. エタノール製造」*
           各論編3第1章「高分子製造 2. セルロース系高分子材料の製造」**
           各論編4第2章「エタノール燃料自動車」**
    執筆者: 湯川 英明*, 横山 益造**
  • Biorefineries: Integrated Biochemical Process for Liquid Biofuels
    監修: Qureshi N, Hodge D and Vertès AA.
    発行: Elsevier B.V./2014年
    執筆箇所: Development of growth-arrested bioprocesses with Corynebacterium glutamicum for cellulosic ethanol production from complex sugar mixtures.
    執筆者: Jojima T, Vertès AA, Inui M and Yukawa H.
  • Microbial Production From Genome Design to Cell Engineering
    監修: Anazawa H and Shimizu S.
    発行: Springer/2014年
    執筆箇所: Capter 22. Toward Realization of New Biorefinery Industries Using Corynebacterium glutamicum p.253-262
    執筆者: Teramoto H, Inui M and Yukawa H.

メディア発表

一覧

  • 「TOPICS 6 RITEのバイオマス有効利用に関する最新の研究開発状況/低炭素社会の実現を目指したスマートセルによるバイオ燃料・グリーン化学品生産」
    けいはんなView Vol.36 2017年12月
  • 「東京五輪までのサプライC整備に課題 バイオジェット検討会、認証の取得も」
    石油通信 2017年11月27日
  • 「グリーン・アース・インスティテュート 非可食バイオマスから化学品/化粧品やジェット燃料にも応用」
    日本経済新聞(第二部) 2017年11月20日
  • 「木材チップで化粧品原料 アルビオン、バイオVBと開発」
    日経産業新聞 2017年11月2日
  • 「グリーン・アース・インスティチュート バイオマスで化学品開発」
    日刊工業新聞 2017年11月2日
  • 「武蔵野化学とRITEが開発の組換えLアラニンの安全性評価/食安委遺伝子組換え食品等専門調査会が評価書とりまとめ」
    日経バイオテクONLINE 2017年4月27日

Pagetop