Home > RITEとは > 産業連携活動・国際交流事業

産業連携活動・国際交流事業

研究開発成果の早期実現促進のために、研究成果や保有する技術シーズを広く公開し、産業界との連携および共同プロジェクト化を図る活動を推進しています。

また、国際的な地球温暖化防止技術の構築を目指して、海外の研究機関等との研究交流や連携強化も図っています。

産業連携活動

民間企業等との共同研究や委託研究を積極的に実施し、研究成果の早期実用化を推進しています。

 

  1. CO2分離回収技術の開発
  2.  ・化学吸収液の開発
  3.    日本製鉄株式会社との連携
  4.  ・二酸化炭素分離膜の開発
  5.    住友化学株式会社と次世代型膜モジュール技術研究組合で研究を推進
  6.  ・固体吸収材の開発
  7.    川﨑重工業株式会社との連携
  8.  化学研究グループのサイトへ
  9.  
  10. CO2地中貯留技術の開発
  11.  ・応用地質株式会社、国際石油開発帝石株式会社、石油資源開発株式会社、大成建設株式会社
  12.   電源開発株式会社、JX石油開発株式会社および
  13.   国立研究開発法人産業技術総合研究所と二酸化炭素地中貯留技術研究組合を構成し研究を推進
  14.  CO2貯留研究グループのサイトへ
  15.  二酸化炭素地中貯留技術研究組合のサイトへ
  16.  
  17. バイオリファイナリー技術の開発
  18.  ・バイオ化学品
  19.    RITEが住友ベークライト株式会社と共同で設立した、グリーンケミカルズ株式会社等で、
  20.    バイオ化学品(芳香族化合物等)の事業化を推進
  21.  ・アミノ酸等
  22.    RITE発のベンチャー企業である、Green Earth Institute株式会社等と連携して、アミノ酸等の事業化を推進
  23.  バイオ研究グループのサイトへ
  24.  
  25. 無機膜を用いた革新的環境・エネルギー技術の開発
  26.  ・無機膜研究センターに産業化戦略協議会を設置し、企業会員とともに産業化に向けた多様な取り組みを展開
  27.  無機膜研究センターのサイトへ

国際交流事業

海外の研究機関との連携を図り、国際的な地球温暖化防止技術の構築に向けての取り組みを行っています。

 

  1. 地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(ALPSIII)
  2.  ・国際応用システム分析研究所(IIASA)
  3.  ・国際エネルギー機関(IEA)
  4.  ・米国 未来資源研究所(RFF)
  5.  ・スタンフォード大学
  6.  
  7. 技術革新によるエネルギー需要変化に関する国際モデル比較国際連携事業(EDITS)
  8.  ・国際応用システム分析研究所(IIASA)
  9.  ・米国 ローレンス・バークレー国立研究所(LBNL)
  10.  ・タイ アジア工科大学(AIT)他
  11.  
  12. 日米CCS協力
  13. 日米両政府間で締結されたCCSに関するMOCに基づく国際協力
  14.  ・ノースダコタ大学 エネルギー・環境研究センター(EERC)
  15.   CO2貯留サイトでの光ファイバーを利用したモニタリングの共同実施
  16.  ・ローレンス・バークレー国立研究所(LBNL)
  17.   光ファイバーを利用したモニタリング技術開発の共同実施
  18.  ・イリノイ州地質調査所(ISGS)
  19.   イリノイ州の大規模実証サイトにおける地化学モニタリングに関する情報交換
  20.  
  21. オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)
  22.  断層安定性監視技術の開発に関する研究協力
  23.  
  24. ノルウェー地盤工学研究所(NGI)
  25.  光ファイバーによる地層変位測定およびジオメカニクス解析に関する情報交換
  26.  
  27. 国立再生可能エネルギー研究所(NREL)
  28.  バイオ水素、バイオ燃料ブタノール、新規バイオプロセスについての共同研究
  29.  
  30. International Test Center Network(ITCN)
  31.  CO2分離回収技術に関する情報交換、共同研究を見据えた交流
  32.  
  33. CCSのISO化(ISO/TC265専門委員会)
  34.  国内審議団体として国内におけるISO標準化活動の推進とISO/TC265における国際標準化活動への参加
  35.  
  36. 国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)に関する政府支援
  37.  第6次評価報告書の作成に関する、情報収集・分析・報告・助言
  38.  

ページの先頭へ