Home > イベント情報 > IPCCウェビナー「第6次評価報告書 WG3報告書 第6章「エネルギーシステム」を読み解く」(2022年10月13日開催)

イベント情報

申込受付中

IPCCウェビナー「第6次評価報告書 WG3報告書 第6章「エネルギーシステム」を読み解く」(2022年10月13日開催)

 気候変動に関する科学的知見を提供する役割を担う「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は、今年4月に、気候変動の緩和に関する最新レポートとして、第6次評価報告書(AR6)第3作業部会(WG3)報告書を公表しました。

 経済産業省は、5月19日に「IPCCシンポジウム」を開催して、このAR6 WG3報告書全体の概要について講演と議論を行いましたが、今回はその続編と致しまして、この報告書本編の中から「エネルギーシステム」の章(第6章)を取り上げて、この報告書の理解をさらに深めて、2050年ネットゼロ排出に向けたエネルギーシステムのあり方について議論することを目的に、「IPCCウェビナー」を開催します。

 今回のウェビナーでは、本報告書の「エネルギーシステム」章の主執筆者である和田謙一氏(公益財団法人 地球環境産業技術研究機構)から、本章の内容について分かり易く解説を頂いた後、エネルギー分野の有識者の方々にも入って頂いてパネルディスカッションを行います。

 IPCCの第6次評価報告書 WG3報告書について、特にエネルギーシステム分野における緩和(排出削減)策についてご関心をお持ちの多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

開催概要

日 時
2022年10月13日(木)15:00~16:30
会 場
Zoom ウェビナー
参加費
無料
申込締切
2022年10月7日(金)※ただし定員になり次第締め切らせて頂きますので予めご了承ください。

プログラム

 

【講演】
  「IPCC AR6 WGIIIの概要: エネルギーシステムのこれから」(仮題)
  和田 謙一
  (AR6 WG3 第6章 主執筆者、公益財団法人 地球環境産業技術研究機構 システム研究グループ 主任研究員)
 
【パネルディスカッション】
 ・モデレータ:
  有馬 純(東京大学 公共政策大学院 教授)
 ・パネリスト:
  和田 謙一(公益財団法人 地球環境産業技術研究機構 システム研究グループ 主任研究員)
  山下 ゆかり(一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 常務理事 計量分析ユニット担任)
  松尾 雄司(立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部 准教授)

 

お問合わせ

(公財)地球環境産業技術研究機構(RITE) 企画調査グループ 出口、鈴木、小林
〒619-0292 京都府木津川市木津川台9-2
TEL: 0774-75-2302
E-mail:webinar@rite.or.jp

備考

【参加申し込みについて】

以下よりお申し込みください。

お申し込み後、受付完了メールをお送りいたします。メールが届かない場合は、ご登録のメールアドレスに誤りがあるか、迷惑メールに分類されている場合がありますので「迷惑メールフォルダ」をご確認ください。

申込み内容をご記入後、確認ボタンをクリックしてください。
確認画面に変わりますので、投稿ボタンをクリックしていただくとお申し込み完了となります。

※「かぶしきがいしゃ」、「か)」等は不要です。

今後の関連情報案内およびメールマガジンの送付

DMや電子メールなどの手段により、当機構開催のシンポジウムの案内や、メールマガジンをお送りいたします。送付を希望されない場合は、次にチェックをしてください。

最新情報一覧

プレスリリース Press releases

イベント情報 Events

公募情報 Public offerings

採用情報 Recruitments

ISO/TC265関連

特許紹介

メールマガジンサービス

ご希望の情報が更新されましたらメールにてお届けいたします。

賛助会員の募集について

ページの先頭へ