Home > 研究内容

研究内容

RITEは、国内外の産学官との連携のもとで、地球温暖化対策における中心課題であるCO2の削減に取り組んでいます。京都にあるRITE本部の研究所においては、各分野のスペシャリストからなる研究グループにより、次のような研究開発を進めています。

温暖化対策のシナリオ策定
(システム研究グループ)

温暖化対策の解決と世界の経済的な発展を両立させるため、シミュレーションモデルの構築と、超長期から近未来までの地球温暖化対応戦略の提示を行っています。

バイオリファイナリー技術
(バイオ研究グループ)

再生可能資源であるバイオマスを原料として、微生物の力を用いてバイオ燃料やグリーン化学品等を効率的に生産する技術の開発に取り組んでいます。

CO2分離・回収・グリーンプロセス技術
(化学研究グループ)

CO2の大規模排出源である火力発電所や製鉄所などの排ガスから、吸収液や高分子膜などを用いて安価にCO2を分離・回収する技術の開発に取り組んでいます。

CO2貯留技術
(CO2貯留研究グループ)

排出源から分離・回収されたCO2を、地中の地下深部塩水層(帯水層)に長期にわたって安全に安定して貯留する技術の開発に取り組んでいます。

無機膜を用いた
環境·エネルギー技術
(無機膜研究センター)

水素社会構築に不可欠な効率的な水素分離・精製、CO2/CH4分離・蒸留代替などの技術開発、およびその産業化に向けた多様な取り組みを進めています。

ページの先頭へ