Home > RITEとは > 理事長挨拶

理事長挨拶

公益財団法人地球環境産業技術研究機構 理事長 茅陽一

理事長の茅 陽一です。RITEは、1990年にわが国政府が提唱した「地球再生計画」に基づき、地球環境問題に対する革新的な環境技術の開発などを国際的に推進する中核的研究機関として設立されました。これまで、CCS技術やバイオリファイナリー技術の開発、温暖化対策のシナリオ策定など、地球環境、とりわけ、地球温暖化防止技術に特化した独自性の高い研究機関として国内外で広く知られるにいたっております。

 近年では、米国や中国等の諸外国との連携により、国際的な地球温暖化防止技術の構築に向けての取り組みも開始しております。

 これらの研究は、もとより本財団のみの努力で行いうるものではなく、関係諸機関・諸大学の多大のご協力を得てはじめて円滑に進み得たものであり、各位に、あらためて謝意を表したいと存じます。

今日、地球温暖化への長期的対応が国際レベルで真剣に議論され、世界各国が協調して取り組むべき喫緊の課題としてますます重視されるようになり、その解決に資する対応技術の開発が一層強く求められています。RITEの役割も、極めて大きなものになっていると言わねばなりません。

目下のプロジェクトを着実に推進するとともに、低炭素社会に重要な他の革新的技術、例えば産業生産プロセスの改革によるそのエネルギー効率の抜本的改善や再生可能エネルギー利用の新しい技術など、更に新たな研究のflagship projectを育てることがRITEの今後の大きな課題であると考えています。

RITE設立の基盤となる考え方のひとつに、対象技術を産業技術として広く一般に使われる技術に育てることが含まれており、将来の可能性の高い新しい芽を育てることができれば、人類への大きな寄与になると考えております。未来に向けて、これまでにも増して気持を新たに地球環境の保全に資する産業技術の進歩向上に寄与すべく、職員と一丸となって鋭意努力していきたいと考えています。

各位におかれましては、今後とも当財団の諸活動について忌憚のないご意見やご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

ページの先頭へ