業績一覧

  1. バイオ研究グループ HOME>
  2. 業績一覧

論文

一覧

  • Hasegawa S, Tanaka Y, Suda M, Jojima T and Inui M. Enhanced glucose consumption and organic acid production by engineered Corynebacterium glutamicum based on analysis of a pfkB1 deletion mutant. Appl. Environ. Microbiol. (in press)
  • Kogure T, Kubota T, Suda M, Hiraga K and Inui M. Metabolic engineering of Corynebacterium glutamicum for shikimate overproduction by growth-arrested cell reaction. Metab. Eng. 38: 204-216. 2016.
  • Kubota T, Watanabe A, Suda M, Kogure T, Hiraga K and Inui M. Production of para-aminobenzoate by genetically engineered Corynebacterium glutamicum and non-biological formation of an N-glucosyl byproduct. Metab. Eng. 38: 322-330. 2016.
  • Jojima T, Noburyu R, Suda M, Okino S, Yukawa H and Inui M. Improving process yield in succinic acid production by cell recycling of recombinant Corynebacterium glutamicum. Fermentation 2: 5: 2016.
  • Toyoda K and Inui M. The extracytoplasmic function σ factor σC regulates expression of a branched quinol oxidation pathway in Corynebacterium glutamicum. Mol. Microbiol. 100: 486-509. 2016.
  • Maeda T, Tanaka Y, Takemoto N, Hamamoto N and Inui M. RNase III mediated cleavage of the coding region of mraZ mRNA is required for efficient cell division in Corynebacterium glutamicum. Mol. Microbiol. 99: 1149-1166. 2016.

学会発表

一覧

  • 「Overpoduction of para-aminobenzoate using metabolically engineered Corynebacterium glutamicum
    Chinese Society for Microbiology, Wuhan University, Wuhan Institute of Biotechnology / 2016年10月, Wuhan, The 13th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganisms (GIM2016)
    Takeshi Kubota, Akira Watanabe, Masako Suda, Takahisa Kogure, Kazumi Hiraga and Masayuki Inui.
  • 「Metabolic engineering for shikimate overproduction by Corynebacterium glutamicum with mixed sugar utilizing ability」
    Chinese Society for Microbiology, Wuhan University, Wuhan Institute of Biotechnology / 2016年10月, Wuhan, The 13th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganisms (GIM2016)
    Takahisa Kogure, Takeshi Kubota, Masako Suda, Kazumi Hiraga and Masayuki Inui.
  • 「Aerobic quinol oxidation pathways in Corynebacterium glutamicum are under the control of the extracytoplasmic function σ factor σC
    Chinese Society for Microbiology, Wuhan University, Wuhan Institute of Biotechnology / 2016年10月, Wuhan, The 13th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganisms (GIM2016)
    Koichi Toyoda and Masayuki Inui.
  • 「酸素抑制条件下におけるコリネ型細菌の糖消費速度と細胞内酸化還元レベルの相関」
    日本生物工学会 / 2016年9月, 富山, 日本生物工学会平成28年度大会
    柘植 陽太, 植松 君夫, 山本 省吾, 須田 雅子, 乾 将行
  • 「コリネ型細菌によるパラアミノ安息香酸の高生産」
    日本生物工学会 / 2016年9月, 富山, 日本生物工学会平成28年度大会
    久保田 健, 渡邉 彰, 須田 雅子, 小暮 高久, 平賀 和三, 乾 将行
  • 「コリネ型細菌における乳酸デヒドロゲナーゼ遺伝子ldhAの発現制御機構の解析」
    日本生物工学会 / 2016年9月, 富山, 日本生物工学会平成28年度大会
    豊田 晃一, 乾 将行

書籍

一覧

  • 化学便覧 応用化学編 第7版
    編集委員長: 辰巳 敬
    発行: 丸善出版/2014年
    執筆箇所: 28.6.4 アミノ酸
    執筆者: 乾 将行
  • Microbiology Monographs: Biology and Biotechnology of Corynebacterium glutamicum
    監修: 湯川 英明, 乾 将行
    発行: Springer/2012年
  • バイオリファイナリー技術の工業最前線
    監修: 湯川 英明
    発行: シーエムシー/2008年
    執筆箇所: 第1編第1章 バイオリファイナリー基本コンセプト*
           第1編第2章 バイオリファイナリーからの化学製品とエネルギー製品*
           第1編第3章 バイオエタノールと地球温暖化問題*
           第2編第1章 米国におけるバイオ燃料*
           第2編第3章 EUにおけるバイオ燃料*
           第6編第1章 バイオエタノール**
           第6編第2章 バイオブタノール**
           第6編第3章 バイオ水素***
    執筆者: 横山 益造*, 沖野 祥平**, 吉田 章人***
  • バイオマスエネルギー利用の最新技術
    監修: 湯川 英明
    発行: シーエムシー/2001年
    執筆箇所: 総論編第3章「米国にみる科学戦略とバイオマス」*
           各論編1第2章「生物的変換技術 2. エタノール製造」*
           各論編3第1章「高分子製造 2. セルロース系高分子材料の製造」**
           各論編4第2章「エタノール燃料自動車」**
    執筆者: 湯川 英明*, 横山 益造**
  • Biorefineries: Integrated Biochemical Process for Liquid Biofuels
    監修: Qureshi N, Hodge D and Vertès AA.
    発行: Elsevier B.V./2014年
    執筆箇所: Development of growth-arrested bioprocesses with Corynebacterium glutamicum for cellulosic ethanol production from complex sugar mixtures.
    執筆者: Jojima T, Vertès AA, Inui M and Yukawa H.
  • Microbial Production From Genome Design to Cell Engineering
    監修: Anazawa H and Shimizu S.
    発行: Springer/2014年
    執筆箇所: Capter 22. Toward Realization of New Biorefinery Industries Using Corynebacterium glutamicum p.253-262
    執筆者: Teramoto H, Inui M and Yukawa H.

メディア発表

一覧

  • 「MASAYUKI INUI Instituto de innovación tecnológica de Japón «Japón introducirá biocombustible en la flota aérea»」
    DIARIO DE LEÓN ONLINE 2016年9月13日
  • 「日航、古着から航空機燃料/20年の試験運航めざす/イオンなど小売り12社と組み回収」
    日本経済新聞 2016年12月7日
  • 「無限の化学~イノベーションを支える~⑤ 夢の製造プロセス確立へ」
    化学工業日報 2016年10月21日
  • 「Japón introducirá biocombustible en la flota aérea/El investigador inaugura el Congreso de Microbiología Industrial de la ULE」
    DIARIO DE LEÓN 2016年9月13日
  • 「CO2排出ゼロ 革新技術で挑む/グリーンフォーラム21 2016年度第1回事例研究会」
    日刊工業新聞 2016年8月12日
  • 「"RITE Bioprocess" to Realize the Clean Production of Phenol」
    The Japan Journal Vo.13 No.1 2016年4月

Pagetop