研究内容

  1. バイオ研究グループ HOME>
  2. コア技術

コア技術

応用研究で優れた成果をあげるには、その分野における基礎的知見の蓄積、最先端技術の所持といったノウハウが重要なポイントを占めます。当研究グループでは、アミノ酸、有機酸生産に使われている有用工業微生物である「コリネ型細菌」の活用、細胞内環境の把握と有用な形質の付与に必須となる精密「代謝工学」、およびRITE独自の生産技術である「増殖非依存型バイオプロセス」の3つをコア技術と位置付け、研究・開発の基盤としています。

ゲノムは微生物細胞を構成する設計図であり、ゲノム情報はその生き物を理解し理論的な改良を加える研究に際して欠くことが出来ません。当研究グループは主な研究対象としてコリネ型細菌に着目し、Corynebacterium glutamicum R株の全ゲノム解読を独自に行いました。得られたゲノム情報は代謝改変、代謝解析において中核的な役割を担います。そして新たに生み出した高効率な生産菌株を用いて増殖非依存型バイオプロセスを行うことにより、他のプロセスを大幅に上回る高い生産性を示す、実用的なバイオリファイナリー研究を数多く行っています。

Pagetop