グループメンバー

  1. バイオ研究グループ HOME>
  2. グループメンバー>
  3. 乾 将行

乾 将行

役職

グループリーダー、主席研究員

専門分野

バイオリファイナリー研究
微生物の代謝工学的改変研究
微生物の遺伝子発現制御メカニズム解析研究

乾 将行

学歴

1986年4月- 1988年3月 広島大学大学院工学研究科工業化学専攻 博士課程前期
1993年12月 東京工業大学より博士号取得

職歴

1988年4月 三菱油化株式会社(現 三菱ケミカル株式会社)筑波総合研究所/研究員
1994年10月 三菱化学株式会社(現 三菱ケミカル株式会社)筑波総合研究所/副主任研究員
2000年10月 同 横浜総合研究所農化研究所/主任研究員
2000年12月 (財)地球環境産業技術研究機構 微生物分子機能研究室/主任研究員
2006年12月 同 微生物研究グループ/副主席研究員
2012年4月 (公財)地球環境産業技術研究機構 バイオ研究グループ/主席研究員
2014年3月 同 バイオ研究グループ/グループリーダー代行、主席研究員
2016年4月 同 バイオ研究グループ/グループリーダー、主席研究員

兼務
2004年4月~2006年3月 京都大学総合人間学部/非常勤講師
2008年4月~2012年3月 東京工業大学生命理工学研究科/連携教授
2012年4月~2012年9月 広島大学大学院先端物質科学研究科/非常勤講師
2014年4月~ 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科(現 先端科学技術研究科)/客員教授
2014年5月~ グリーンフェノール開発株式会社(現 グリーンケミカルズ株式会社)/取締役、技術部長
2020年4月~2023年3月 理化学研究所/客員研究員
2020年9月~2020年11月 東京大学/令和2年度非常勤講師
2020年9月~2024年3月 科学技術振興機構/創発的研究支援事業アドバイザー
2022年1月~2023年3月 東京農工大学/客員教授

所属学会

・農芸化学会
・生物工学会
・生体触媒化学研究会

主要業績

[2021]
Nakazawa S, Imaichi O, Kogure T, Kubota T, Toyoda K, Suda M, Inui M, Ito K, Shirai T and Araki M. History-driven genetic modification design technique using a domain-specific lexical model for the acceleration of DBTL cycles for microbial cell factories. ACS Synth. Biol. 10: 2308–2317. 2021

Toyoda K and Inui M. The ldhA Gene Encoding Fermentative L-Lactate Dehydrogenase in Corynebacterium Glutamicum Is Positively Regulated by the Global Regulator GlxR. Microorganisms. 9: 550. 2021

Jojima T, Igari T, Noburyu R, Watanabe A, Suda M and Inui M. Coexistence of the Entner – Doudoroff and Embden – Meyerhof – Parnas pathways enhances glucose consumption of ethanol-producing Corynebacterium glutamicum. Biotechnol. Biofuels. 14: 45. 2021.

Kogure T, Suda M, Hiraga K and Inui M. Protocatechuate overproduction by Corynebacterium glutamicum via simultaneous engineering of native and heterologous biosynthetic pathways. Metab. Eng. 65: 232-242. 2021.

久保田 健, 乾 将行「バイオエコノミー社会の実現に向けたバイオカテコール生産技術開発」電気評論 692:39-40. 2021.

平賀 和三, 乾 将行「オンデマンド型海洋生分解性プラスチック」電気評論 692:41-43. 2021.

[2020]
Kogure T, Kubota T and Inui M. Aromatic compound production by Corynebacterium glutamicum. Microbiology Monographs. 23: 339-370. 2020.

Kitade Y, Hiraga K and Inui M. Aromatic compound catabolism in Corynebacterium glutamicum. Microbiology Monographs. 23: 323-337. 2020.

Toyoda K and Inui M. Global Transcriptional Regulators Involved in Carbon, Nitrogen, Phosphorus, and Sulfur Metabolisms in Corynebacterium glutamicum. Microbiology Monographs. 23: 113-147. 2020.

Designer metabolic pathway for sustainable aromatics, Nature “Focal Point on Synthetic Biology in Japan” 584, 2020.

Hasegawa S, Jojima T, Suda M and Inui M. Isobutanol production in Corynebacterium glutamicum: Suppressed succinate by-production by pckA inactivation and enhanced productivity via the Entner-Doudoroff pathway. Metab. Eng. 59: 24-35. 2020.

宮内啓行, 乾 将行 「植物由来フェノール樹脂」自動車樹脂化の最新動向, シーエムシー出版, 450-451. 2020.

乾 将行 「コリネ菌を用いた有用芳香族化合物生産菌の開発」 バイオサイエンスとインダストリー 78: 450-451. 2020.

豊田 晃一, 乾 将行 「バイオリファイナリー技術を用いた石油由来物質のバイオ合成」 ペトロテック 石油学会 510: 417-422. 2020.

久保田 健, 乾 将行 「微生物発酵法による植物由来芳香族モノマーの生産技術」 生分解, バイオマスプラスチックの開発と応用 技術情報協会 p.308-317. 2020.

[2019]
Shimizu T, Teramoto H and Inui M. Engineering the transcriptional activator NifA for the construction of Rhodobacter sphaeroides strains that produce hydrogen gas constitutively. Appl. Microbiol. Biotechnol. 103: 9739-9749. 2019.

Han SO, Inui M and Jin YS. Bioenergy and Biorefinery. Biotechnol. J. 14: e1900160. 2019.

Tsuge Y, Kato N, Yamamoto S, Suda M, Jojima T and Inui M. Metabolic engineering of Corynebacterium glutamicum for hyperproduction of polymer-grade L- and D-lactic acid. Appl. Microbiol. Biotechnol. 103: 3381-3391. 2019.

Oide S, Tanaka Y, Watanabe A and Inui M. Carbohydrate-binding property of a cell wall integrity and stress response component (WSC) domain of an alcohol oxidase from the rice blast pathogen Pyricularia oryzae. Enzyme Microb. Technol. 125: 13-20. 2019.

Shimizu T, Teramoto H and Inui M. Introduction of glyoxylate bypass increases hydrogen gas yield from acetate and L-glutamate in Rhodobacter sphaeroides. Appl. Environ. Microbiol. 85: e01873-18. 2019.

Tsuge Y, Kato N, Yamamoto S, Suda M and Inui M. Enhanced production of D-lactate from mixed sugars in Corynebacterium glutamicum by overexpression of glycolytic genes encoding phosphofructokinase and triosephosphate isomerase. J. Biosci. Bioeng. 127: 288-293. 2019.

北出 幸広, 乾 将行 「バイオ芳香族化合物の高生産技術の開発」 接着の技術 136: 22-26. 2019.

北出 幸広, 乾 将行 「バイオプロセスによる芳香族化合物生産技術の開発」 プラスチックス 107: 20-23. 2019.

豊田 晃一, 乾 将行 「炭素循環社会の実現を目指したバイオリファイナリー技術の開発」 環境技術 48: 141-145. 2019.

[2018]
Kogure T and Inui M. Recent advances in metabolic engineering of Corynebacterium glutamicum for bioproduction of value-added aromatic chemicals and natural products. Appl. Microbiol. Biotechnol. 102: 8685-8705. 2018. (Mini-Review)

Maeda T, Tanaka Y and Inui M. Glutamine-rich toxic proteins GrtA, GrtB and GrtC together with the antisense RNA AsgR constitute a toxin-antitoxin-like system in Corynebacterium glutamicum. Mol Microbiol. 108: 578-594. 2018.

Hasegawa S, Jojima T and Inui M. Efficient construction of xenogeneic genomic libraries by circumventing restriction-modification systems that restrict methylated DNA. J. Microbiol. Methods. 146: 13-15. 2018.

Kitade Y, Hashimoto R, Suda M, Hiraga K and Inui M. Production of 4-hydroxybenzoic acid by an aerobic growth-arrested bioprocess using metabolically engineered Corynebacterium glutamicum. Appl. Environ. Microbiol. 84: e02587-17. 2018.

Toyoda K and Inui M. Extracytoplasmic function sigma factor σD confers resistance to environmental stress by enhancing mycolate synthesis and modifying peptidoglycan structures in Corynebacterium glutamicum. Mol. Microbiol. 107: 312-329. 2018.

久保田健, 乾 将行 「コリネ型細菌を用いた芳香族化合物の高生産技術開発」 アグリバイオ 27: 38-40. 2018.

豊田 晃一, 久保田 健, 小暮 高久, 乾 将行「網羅的解析を利用した高生産コリネ型細菌の育種戦略」『スマートセルインダストリー ―微生物細胞を用いた物質生産の展望』シーエムシー出版 p.183-188. 2018.

乾 将行 「低炭素社会の実現を目指したバイオ燃料・グリーン化学品生産技術の開発」 バイオマス利用研究 19: 25-34. 2018.

乾 将行 「低炭素社会の実現を目指したグリーン化学品生産技術の開発」 バイオプラジャーナル 17: 15-19. 2018.

[2017]
Oide S and Inui M. Trehalose acts as a uridine 5’-diphosphoglucose-competitive inhibitor of trehalose 6-phosphate synthase in Corynebacterium glutamicum. FEBS J. 284: 4298-4313. 2017.

Kuge T, Watanabe A, Hasegawa S, Teramoto H and Inui M. Functional analysis of arabinofuranosidases and a xylanase of Corynebacterium alkanolyticum for arabinoxylan utilization in Corynebacterium glutamicum. Appl. Microbiol. Biotechnol. 101: 5019-5032. 2017.

Maeda T, Tanaka Y, Wachi M and Inui M. Polynucleotide phosphorylase, RNase E/G, and YbeY are involved in the maturation of 4.5S RNA in Corynebacterium glutamicum. J. Bacteriol. 199: e00798-16. 2017.

久保田 健, 乾 将行 「コリネ型細菌が生み出すバイオ化学品多様性の拡大」 化学と生物 55: 690-698. 2017.

清水 雅士, 乾 将行 「増殖非依存型バイオプロセスを用いたバイオリファイナリー」 酵素工学ニュース 78: 19-22. 2017.

小暮 高久, 乾 将行 「グリーン芳香族化合物生産技術の開発」 ケミカルエンジニヤリング 62: 54-61. 2017.

researchmap

Pagetop