Japanese

English

論文・学会発表会

システム研究グル―プHOME

論文・学会発表等

  • 査読論文・研究報告
  • 国際会議
  • 国内学会・研究会
  • その他 発表文献

査読論文・研究報告

一覧を見る

魏啓為、佐野史典、秋元圭吾、日渡良爾、飛田健次、核融合開発ロードマップを反映した世界エネルギーシステムモデルによる日本の長期エネルギーシステム分析、 エネルギー・資源学会論文誌、Vol. 40, Issue 5, P. 170-179, Sep. 10, 2019
K. Oshiro, K. Gi, S. Fujimori, H. L. van Soest, C. Bertram, J. Despres, T. Masui, P. Rochedo, M. Roelfsema, Z. Vrontisi, Mid-century emission pathways in Japan associated with the global 2℃ goal: national and global models' assessments based on carbon budgets, Climatic Change, Published online Jul. 20, 2019
M. Harmsen, O. Fricko, J. Hilaire, D. van Vuuren, L. Drouet, O. D.-Lasserve, S. Fujimori, K. Keramidas, Z. Klimont, G. Luderer, L. A. Reis, K. Riahi, F. Sano, S. Smith, Taking some heat off the NDCs?The limited potential of additional short-lived climate forcers' mitigation, Climatic Change, Published online Jun. 17, 2019
M. Harmsen, D. van Vuuren, B. L. Bodirsky, J. Chateau, O. D.-Lasserve, L. Drouet, O. Fricko, S. Fujimori, D. Gernaat, T. Hanaoka, J. Hilaire, K. Keramidas, G. Luderer, M. C. Moura, F. Sano, S. Smith, K. Wada, The role of methane in future climate strategies: mitigation potentials and climate impacts, Climatic Change, Published online May 24, 2019

ページの先頭へ

国際会議

一覧を見る

T. Nagata, F. Sano, K. Akimoto, Analysis on the contribution of natural gas as mid- and long-term countermeasure for global warming, International Gas Union Research Conference 2020, Feb. 24, 2020, Oman
N. Wang, K. Akimoto, How artificial intelligence will affect the energy system and climate change: an exploration research, 7th IAEE Asia-Oceania Conference 2020, Feb. 12, 2020, New Zealand
K. Oshiro, S. Fujimori, K. Gi, H. van Soest, C. Bertram , J. Després, T. Masui, P. Rochedo, M. Roelfsema, Z. Vrontisi, Japan's emission pathways in the context of the 2℃ goals and their implications for the mid-century strategy, 12th Annual Meeting of the IAMC, Dec. 3, 2019, Japan
K. Gi, F. Sano, A. Hayashi, K. Akimoto, Conditions and mechanism behind co-benefits of CO2 emissions reduction and ambient PM2.5 concentration reduction in China and India, 12th Annual Meeting of the IAMC, Dec. 2, 2019, Japan
K. Akimoto, Current policies and issues, and strategies in the future on energy and climate change response, 10th International Symposium of Advanced Energy Science: Beyond the Decade of Zero Emission Energy, Sep. 4, 2019, Japan
T. Homma, Evaluations on consumption-based CO2 emissions in Europe, the 16th IAEE European Conference, Aug. 27, 2019, Slovenia

ページの先頭へ

国内学会・研究会

一覧を見る

永田敬博、佐野史典、秋元圭吾、長期的な脱炭素社会を目指したシナリオでの水素・メタネーションの可能性、第36回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Jan. 29, 2020
金星春夫、佐野史典、小田潤一郎、永田敬博、秋元圭吾、国際海運,国際航空の排出削減動向および周辺技術変化に伴う世界の石油精製・石油化学部門への影響分析、第36回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Jan. 29, 2020
林礼美、本間隆嗣、秋元圭吾、情報技術等の活用による日本の食品廃棄低減が各部門のエネルギー消費とGHG排出に及ぼす影響:産業連関表を用いた分析、第36回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Jan. 29, 2020
中野優子、佐野史典、秋元圭吾、航空部門の技術進展による世界エネルギー需給への影響分析、第36回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Jan. 29, 2020
長島美由紀、魏啓為、本間隆嗣、秋元圭吾、王楠、気候変動問題における金融セクターの役割:ESGを巡る企業及び投資家の行動様式の考察、第36回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Jan. 29, 2020
佐野史典、金星春夫、中野優子、長島美由紀、秋元圭吾、国際海運のSOx,NOx,CO2排出削減動向と他部門への影響を含めた総合的分析、第36回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Jan. 29, 2020

ページの先頭へ

その他 発表文献

一覧を見る

秋元圭吾、「気候変動対策の動向と世界の大幅排出削減に向けた方向性」、日本電機工業会 環境政策委員会、Feb. 27, 2020
秋元圭吾、「脱炭素社会に向けた温暖化対策技術の展望」、ガラス産業連合会 環境技術部会、Feb. 19, 2020
秋元圭吾、「消費ベースCO2排出量の動向:製造業の国際拠点の変化の影響」、経済産業省 環境イノベーションに向けたファイナンスのあり方研究会、Feb. 17, 2020
秋元圭吾、「パリ協定下での長期温暖化対策とイノベーションの役割」、ネットワーク型産業の将来像に関する研究会、Feb. 14, 2020
秋元圭吾、「脱炭素化社会に向けたエネルギーシステムの変革とイノベーションの役割」、ALPS国際シンポジウム、Feb. 13, 2020
秋元圭吾、「長期脱炭素化に向けたエネルギーシステム -電気と水素の役割-」、水素セミナー「水素・燃料電池分野の最新動向 ~広がりはじめた水素市場~」(近経局)、Feb. 5, 2020

ページの先頭へ