Japanese

English

論文・学会発表会

システム研究グル―プHOME

論文・学会発表等

  • 査読論文・研究報告
  • 国際会議
  • 国内学会・研究会
  • その他 発表文献

査読論文・研究報告

一覧を見る

H. L. van Soest, L. A. Reis, L. Drouet, D. P. van Vuuren, M. G.J. den Elzen, M. Tavoni, K. Akimoto, K. V. Calvin, P. Fragkos, A. Kitous, G. Luderer, K. Riahi, Low-Emission Pathways in 11 Major Economies: Comparison of Optimal Pathways and the INDCs, Climatic Change, in press
O.Y. Edelenbosch, K.Kermeli, W.Crijns-Graus, E.Worrell, R.Bibas, B.Fais, S.Fujimori, P.Kyle, F. Sano, D.P.van Vuuren, Comparing projections of industrial energy demand and greenhouse gas emissions in long-term energy models, Energy, Vol. 122, pp. 701-710, Mar. 1, 2017
秋元圭吾、佐野史典、パリ協定2℃目標から見た我が国の2050年排出削減目標に関する分析、エネルギー・資源、Vol.38 No.1、2017
小田潤一郎、秋元圭吾、炭素価格の概念及び炭素価格水準・政策実績評価に関する研究事例、日本LCA学会誌、Vol.13 No.1、Jan. 2017
小田潤一郎、秋元圭吾、リアル・オプション法による石炭火力及び二酸化炭素回収貯留技術の投資分析、エネルギー・資源、Vol.37 No.6 pp.13-22、2016.

ページの先頭へ

国際会議

一覧を見る

Takashi Homma, Yosuke Arino, Ayami Hayashi, Miyuki Nagashima, Toshimasa Tomoda, Keigo Akimoto, Economic Impacts of Climate Change Adaptation Considering Spill-over Effects of Stock Investment as Adaptation Measures: Coastal Sector, ICEESD 2017 : 19th International Conference on Ecosystems, Environment and Sustainable Development, Feb. 16-17, 2017, London
K. Gi, Underlying policies and evaluations of Japan's Nationally Determined Contribution, 9th Annual Meeting of the IAMC (Integrated Assessment Modeling Consortium), Dec. 6, 2016, China
K. Akimoto, F. Sano, T. Tomoda, GHG emission pathways for the 1.5 ℃ temperature rise target and their challenges, 9th Annual Meeting of the IAMC (Integrated Assessment Modeling Consortium), Dec. 5, 2016, China
J. Oda, K. Akimoto, Preliminary Study on Policy Mix Effects on Economic Viability of Carbon Capture and Storage Project in Japanese Steel Industry, 13th International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies(GHGT-13), Nov. 16, 2016, Lausanne, Switzerland
Bianka Shoai-Tehrani, Pascal Da Costa, Keigo Akimoto, Yasuhide Nakagami, Are Deregulated Electricity Market and Climate Policy compatible? Lessons from overseas, from Europe to Japan, 34th USAEE/IAEE North American Conference, Oct. 25, 2016, Tulsa, USA
K. Gi, F. Sano, K. Akimoto, Assessment of Potential and Breakeven Prices of Fusion Power Plants Under Low-Carbon Development Scenarios, 26th IAEA Fusion Energy Conference, Oct. 21, 2016, Kyoto, Japan

ページの先頭へ

国内学会・研究会

一覧を見る

ショアイ・テラニ・ビアンカ、秋元圭吾、中神保秀、Pascal Da Costa、EUにおける電力自由化の下での温暖化対策の課題、第33回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Feb. 3, 2017
本間隆嗣、有野洋輔、林礼美、長島美由紀、友田利正、秋元圭吾、海岸部門における温暖化適応策の経済影響に関する分析、第33回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Feb. 3, 2017
魏啓為、佐野史典、林礼美、秋元圭吾、気候変動緩和とPM2.5大気濃度低減の双方を考慮したエネルギーシステムの評価、第33回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Feb. 3, 2017
林礼美、佐野史典、秋元圭吾、中神保秀、複数のSSPシナリオ及び温暖化緩和レベルにおける農業土地・水利用の推計、第33回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Feb. 3, 2017
和田謙一、1.5℃目標の実現性に関する課題の考察、第33回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Feb. 2, 2017
佐野史典、秋元圭吾、本間隆嗣、小田潤一郎、林礼美、ショアイ・テラニ・ビアンカ、有野洋輔、魏啓為、複数のSSPシナリオの下での長期温暖化対策・費用の分析、第33回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Feb. 2, 2017

ページの先頭へ

その他 発表文献

一覧を見る

秋元圭吾、「知っていただきたいエネルギーの話」、原子力講演会(伊方原子力広報センター)、Feb. 18, 2017
秋元圭吾、「パリ協定を踏まえて日本のエネルギーの将来を考える」、大阪科学技術センター エネルギー技術対策委員会 講演会、Mar. 9, 2017
A. Hayashi, F. Sano, K. Akimoto, T. Homma, Y. Nakagami, Challenges for Land-use and Water Management Under the 2 °C Target, Global Carbon Project/Managing Global Negative Emission Technologies Workshop, Pre-conference, Mar. 1, 2017, Austria
魏啓為、「世界エネルギーシステムモデルによる低炭素シナリオにおける核融合の導入可能性評価」、核融合エネルギーフォーラム 平成28年度第1回実用化戦略クラスター会合、Feb. 24, 2017
秋元圭吾、「地球温暖化とエネルギー」、「メンタルと環境について学ぶ」セミナー(日本原子力文化財団主催)、Feb. 23, 2017
秋元圭吾、「エネルギーから見た将来展望」、スマートエネルギー推進グループ会議(近経局)、Feb. 22, 2017

ページの先頭へ