Japanese

English

論文・学会発表会

システム研究グル―プHOME

論文・学会発表等

  • 査読論文・研究報告
  • 国際会議
  • 国内学会・研究会
  • その他 発表文献

査読論文・研究報告

一覧を見る

M. Harmsen, O. Fricko, J. Hilaire, D. van Vuuren, L. Drouet, O. D.-Lasserve, S. Fujimori, K. Keramidas, Z. Klimont, G. Luderer, L. A. Reis, K. Riahi, F. Sano, S. Smith, Taking some heat off the NDCs?The limited potential of additional short-lived climate forcers' mitigation, Climatic Change, in press
M. Harmsen, D. van Vuuren, B. L. Bodirsky, J. Chateau, O. D.-Lasserve, L. Drouet, O. Fricko, S. Fujimori, D. Gernaat, T. Hanaoka, J. Hilaire, K. Keramidas, G. Luderer, M. C. Moura, F. Sano, S. Smith, K. Wada, The role of methane in future climate strategies: mitigation potentials and climate impacts, Climatic Change, Published online 24 May 2019
林礼美、紀伊雅敦、気候変動による世界主要都市の高温日・多雨日リスク変化の分析土木学会論文集D3(土木計画学)特集号、Vol.74 No.5(土木計画学研究・論文集35巻)、 p. I379-I387, Jan. 10, 2019
M. Sugiyama, S. Fujimori, K. Wada, S. Endo, Y. Fujii, R. Komiyama, E. Kato, A. Kurosawa, Y. Matsuo, K. Oshiro, F. Sano, H. Shiraki, Japan's long-term climate mitigation policy: Multi-model assessment and sectoral challenges, Energy Vol. 167, pp 1120-1131, Jan. 15 2019

ページの先頭へ

国際会議

一覧を見る

K. Gi, F. Sano, K. Akimoto, Bottom-up development of service demand scenarios by consideration of heterogeneous actors and transparent reflection of a narrative of future socioeconomic change: A case study of passenger travel demand in Japan, 38th International Energy Workshop, Jun. 5, 2019, France
J. Oda, K. Akimoto, Analysis of Energy Intensity of Basic Materials Industry in Japan, 42nd IAEE International Conference, Jun. 1, 2019, Canada
N. Wang, K. Akimoto, The strategy of delivering CCS projects: Lessons from three-decade pilot and demonstration experience, MIT Applied Energy Symposium 2019, May 24, 2019, USA
K. Akimoto, F. Sano, J. Oda, K. Gi, H. Kanaboshi, T. Nagata, Development of energy demand scenarios taking sharing economy evolution into account based on SSPs and its alleviating effect on emissions reductions efforts, Scenarios Forum 2019, Mar. 11-13, 2019, U.S.
K. Akimoto, F. Sano, K. Gi, Alternative pathways for deep emission reductions with low energy demands and low carbon prices considering a car- and ride-sharing society, IAMC annual meeting, Nov. 13-15, 2018, Spain
N. Wang, K. Akimoto, The interplay of climate policy and electric sector deregulation: the perspective of firm’s investment strategy in renewable energy, 6th IAEE Asian Conference, Nov. 3, 2018, China

ページの先頭へ

国内学会・研究会

一覧を見る

魏啓為、佐野史典、秋元圭吾、日渡良爾、飛田健次、日本の核融合エネルギー開発シナリオの分析、第35回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Jan. 30, 2019
小田潤一郎、本間隆嗣、秋元圭吾、日本の主要素材産業部門のエネルギー原単位に関する分析、第35回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Jan. 30, 2019
中野優子、小田潤一郎、佐野史典、秋元圭吾、電力自由化市場における電力価格のボラティリティと地球温暖化政策への影響分析、第35回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Jan. 30, 2019
林礼美、本間隆嗣、佐野史典、中村直樹、秋元圭吾、情報技術等の進展を踏まえた食料需給プロセス全体におけるGHG排出削減機会の検討、第35回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Jan. 30, 2019
有野洋輔、秋元圭吾、佐野史典、中村直樹、CO2 直接空気回収(DAC)による温暖化影響被害のリスク管理に関する分析、第35回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Jan. 30, 2019
和田謙一、気候変動対策技術のニーズと支援の状況、第35回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、Jan. 30, 2019

ページの先頭へ

その他 発表文献

一覧を見る

秋元圭吾、「IoT, AI技術進展による低エネルギー需要社会実現によるパリ協定長期目標へのインパクト」、日本学術会議公開シンポジウム「長期の温室効果ガス大幅排出削減に向けたイノベーションの役割と課題」、Jun. 6, 2019
秋元圭吾、「気候変動を取り巻く状況とエネルギー・温暖化対策のあり方・課題」、第29回エネルギーシンポジウム(三労連中国地方環境・エネルギー研究会議)、Jun. 1, 2019
秋元圭吾、「エネルギー・温暖化対策の現状と大幅なCO2排出削減に向けた道筋」、名古屋商工会議所 名商ecoクラブ 講演会、Apr. 24, 2019
秋元圭吾、「IPCC報告書の読み方:意図せざるバイアス」、国際環境経済研究所 WEB、Apr. 19, 2019
和田謙一、「技術メカニズムの活動状況と展望」、第82回 TECUSE研究会、Apr. 17, 2019
秋元圭吾、「再生可能エネルギー利用の状況、および、地球温暖化問題への取り組み」、書籍「原子力のいまと明日」、丸善出版、Mar. 20, 2019

ページの先頭へ