Japanese

English

論文・学会発表会

その他 発表文献

2017年

和田謙一、「「パリ協定」目標の社会・経済的含意」、環境情報科学2017年46巻3号、Oct. 11, 2017
K. Akimoto, Challenges and opportunities for net zero CO2 emission harmonized with sustainable development, ICEF 4th Annual Meeting, Oct. 5, 2017
秋元圭吾、「知っておきたいエネルギーミックスの話」、北陸原子力懇談会「環境・エネルギー講演会」、Oct. 3, 2017
秋元圭吾、「グローバルな視点での大幅排出削減」、日本学術会議公開シンポジウム「パリ協定の下での長期温室効果ガス排出削減戦略を考える」、Sep. 27, 2017
秋元圭吾、「日本の2030年に向けた排出削減のインパクトとその課題」、関西経済連合会・アジア太平洋研究所「世界の温暖化対策の動向と日本の課題」講演会、Sep. 8, 2017
秋元圭吾、「エネルギー需給の視点」、第28回CEEシンポジウム「超長期のエネルギー需給解析の課題-定量分析の意義、課題と解決-」、Aug. 30, 2017
小田潤一郎、「日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析」、エネルギー技術委員会第75回拡大委員会、Jul. 13, 2017
K. Akimoto, The analyses on the economic costs, co-benefits and risks for the Paris Agreement goals, IEA Noon Talk, Jun. 12, 2017, France
F. Sano, K. Akimoto, A. Hayashi, T. Homma, K. Gi, K. Wada, DNE21+ team paper (Assessments of long-term climate change mitigation scenarios from the perspectives of bioenergy contribution and middle-term climate policy), Project meeting of EMF-33 bioenergy study, Apr. 25, 2017, France
和田謙一、「TEC14会合と技術交渉の見通し」、第62回 TECUSE研究会、Apr. 19, 2017
秋元圭吾、「省エネ・低炭素化技術および製品の海外展開による排出削減と経済効果の試算」、経済産業省地球温暖化対策プラットフォーム海外展開戦略タスクフォース会合、Mar. 31, 2017
秋元圭吾、「知っていただきたいエネルギーの話」、原子力講演会(伊方原子力広報センター)、Feb. 18, 2017
秋元圭吾、「パリ協定を踏まえて日本のエネルギーの将来を考える」、大阪科学技術センター エネルギー技術対策委員会 講演会、Mar. 9, 2017
A. Hayashi, F. Sano, K. Akimoto, T. Homma, Y. Nakagami, Challenges for Land-use and Water Management Under the 2 °C Target, Global Carbon Project/Managing Global Negative Emission Technologies Workshop, Pre-conference, Mar. 1, 2017, Austria
魏啓為、「世界エネルギーシステムモデルによる低炭素シナリオにおける核融合の導入可能性評価」、核融合エネルギーフォーラム 平成28年度第1回実用化戦略クラスター会合、Feb. 24, 2017
秋元圭吾、「地球温暖化とエネルギー」、「メンタルと環境について学ぶ」セミナー(日本原子力文化財団主催)、Feb. 23, 2017
秋元圭吾、「エネルギーから見た将来展望」、スマートエネルギー推進グループ会議(近経局)、Feb. 22, 2017
秋元圭吾、「電力自由化の下でのエネルギーミックス」、資源のない日本、将来のエネルギーの姿に関する講演 in 東京、Feb. 21, 2017
秋元圭吾、「パリ協定約束草案の排出削減努力の評価」、ALPS国際シンポジウム、Feb. 7, 2017
秋元圭吾、「RITE ALPSII Project and IIASA-RITE Collaboration」、国際シンポジウム IIASAと日本―「2050年の世界」プロジェクトを軸とした将来展望―、Jan. 10, 2017
Junichiro Oda, ALternative Pathways toward Sustainable development and climate stabilization (ALPS), Expert workshop towards further collaboration between Japanese research community and IIASA, Jan. 30, 2017, Japan
秋元圭吾、「現実社会での制約、多目的性を意識した温暖化対策の評価」、シンポジウム 地球温暖化防止に向けての対策-第6次評価サイクルにおけるIPCCの活動と今後の取り組み-、Jan. 26, 2017
秋元圭吾、「パリ協定を踏まえた地球温暖化への対応と原子力の活用」、Enelog (電気新聞編集、電気事業連合会雑誌) Vol. 24、Jan. 10, 2017
秋元圭吾、「地球温暖化対応を踏まえたエネルギー戦略と課題」、原子力委員会定例会、Jan. 10, 2017

ページの先頭へ

2016年

秋元圭吾、「世界のエネルギー需給の展望」、エネルギーレビュー 1月号、Dec. 20, 2016
K. Akimoto, Evaluations on the emission reduction efforts of Nationally Determined Contributions (NDCs), COP22サイドイベント、Nov. 15, 2016
和田謙一、「UNFCCCプロセスにおけるIPCCへの期待 パリ協定の実施に向けて」、日本版エネルギーMIPワークショップ、Dec. 12, 2016
秋元圭吾、「今後の地球温暖化・エネルギー政策の展望」、「メンタルと環境について学ぶ」セミナー(日本原子力文化財団主催)、Dec. 7, 2016
秋元圭吾、「複数の社会経済シナリオの下でのパリ協定長期目標の評価」、革新的環境技術シンポジウム2016(RITE主催)、Dec. 7, 2016
秋元圭吾、「COP21後の地球温暖化対策の動き」、ペトロテック(石油学会) 第39巻 第12号、Dec. 2016
J. Aldy, B. Pizer, K. Akimoto, Transparency, Policy Surveillance, and the Comparison of Mitigation Efforts, RFF Discussion Paper, Nov. 2016
秋元圭吾、「温暖化対策を踏まえたエネルギーミックスとその実現に向けた課題」、第11回環境・エネルギーシンポジウム、Nov. 12, 2016
秋元圭吾、「地球温暖化対策から考えるエネルギーミックス」、資源のない日本、将来のエネルギーの姿に関するシンポジウム in 松山、Nov. 8, 2016
ビアンカ ショアイ テラニ、秋元圭吾、佐野史典、「A Review of Micro and Macro-economic Conditions for Off-grid Integration of Renewable Energies」、東京大学政策ビジョン研究センターワークショップ、Nov. 1, 2016
秋元圭吾、「カーボンプライシングに関する論点整理 -定量的なデータ・分析より-」、長期地球温暖化プラットフォーム 国内投資拡大タスクフォース、Oct. 13, 2016
K. Akimoto, Underlying policies of Nationally Determined Contribution by Japan, ICEF2016、Oct. 6, 2016, Tokyo, Japan
秋元圭吾、「電力自由化の下でのエネルギーミックス」、資源のない日本、将来のエネルギーの姿に関する講演 in 大阪、Sep. 12, 2016
和田謙一、「パリ協定の実施に向けた産業界への期待」、第 12 回日本ペルー経済協議会、Sep. 12, 2016
秋元圭吾、「RITEにおける1.5℃目標に関する分析・評価例」、「1.5℃に抑える努力の追求(パリ協定)」研究者集会、Sep. 5, 2016
秋元圭吾、「パリ協定と今後の地球温暖化対策」、エネルギー環境教育セミナー(美浜町教育委員会)、Aug. 26, 2016
和田謙一、「RITEによる日本の約束草案・長期目標の分析」、日本版エネルギーMIPワークショップ、Jul. 16, 2016
魏啓為、佐野史典、秋元圭吾、「世界エネルギーシステムモデルによる低炭素シナリオにおける日本の核融合エネルギー開発目標の分析」、第11回核融合エネルギー連合講演会、Jul. 15, 2016
秋元圭吾、「Trends in Japanese Energy Policy & the "Innovative Energy Strategy"」、JEFジャパンスポットライト7/8月号、Jul. 8, 2016
K. Akimoto, Evaluation of 2030 GHG emissions based on the submitted NDCs and their consistency with temperature rise target emission pathways considering scientific and policy uncertainties, wholeSEM 3rd Annual Conference, Jul. 4, 2016
秋元圭吾、「地球温暖化対応を踏まえたエネルギー戦略」、資源のない日本、将来のエネルギーの姿に関する講演in和歌山、Jun. 21, 2016
秋元圭吾、「約束草案の国際的な位置づけと長期排出経路」、日本学術会議公開シンポジウム「パリ協定を踏まえた今後のエネルギー・温暖化対策のあり方」、May 18, 2016
和田謙一、「COP21とCTCN会合の結果」、第53回TECUSE研究会、Apr. 20, 2016
秋元圭吾、「3Eにおける原子力の価値に関する定量的評価」、第49回原産年次大会、Apr. 13, 2016
秋元圭吾、「電力システム改革下での電源ベストミックス-再生可能エネルギー、原子力、火力の見通しと課題-」、電気評論 4月号、Apr. 10, 2016
秋元圭吾、「約束草案実現に必要となるコスト」、月刊経団連 4月号、Apr. 2016
秋元圭吾、「1.5℃目標達成にむけた経路の分析と評価」、シンポジウム「COPパリ協定と今後のIPCC報告書」、Mar. 7, 2016
和田謙一、「Co-benefits Policy and Research beyond Paris」、日本-IIASAワークショップ、Feb. 23, 2016
秋元圭吾、「COP21の成果と今後の課題」、エネルギー環境教育関西ワークショップ研究会、Feb. 13, 2016
秋元圭吾、「エネルギーミックス・エネルギー政策を広く深い視点で考える」、鹿児島工業高等専門学校、Jan. 25, 2016
秋元圭吾、「世界各国の約束草案の野心度の比較と世界排出量見通し」、21世紀政策研究所 第117回シンポジウム「COP21を踏まえた戦略を考える」、Jan. 15, 2016
秋元圭吾、「DNE21+ ―世界エネルギー・温暖化モデル」、エネルギー・資源、2016年1月号

ページの先頭へ

2015年

K. Akimoto, Chapter 8 The situation from Japan's viewpoint, Towards a Realistic and Effective Climate Policy, Economica, Dec. 2015
秋元圭吾、「不確実性下での温室効果ガスの長期排出経路」、文部科学省 今後の気候変動予測研究の在り方に関する検討会、Dec. 25, 2015
秋元圭吾、「地球温暖化問題と対策・政策およびCCSの役割」、二酸化炭素回収・貯留に係る技術動向等調査に係る委員会、Dec. 25, 2015
K. Akimoto, Measuring Emission Reduction Efforts of the INDCs and the Expected Global Emission Reductions and Economic Impacts, COP21サイドイベント(BizMEF主催)、Dec. 10, 2015, Paris, France
K. Akimoto, RITE's Evaluations on Emission Reduction Efforts of the INDCs and the Expected Global Emissions, COP21ジャパンパビリオン、Dec. 9, 2015, Paris, France
魏啓為、「第10章. 産業・生活環境」(執筆・資料提供者)、平成27-28年環境年表、丸善出版、Dec. 2015
秋元圭吾、「我が国におけるエネルギー政策の展望」、全国原子力発電所所在市町村協議会、Nov. 19, 2015
和田謙一、「UNFCCCにおける技術移転交渉と技術メカニズム」、COP21カウントダウンセミナー、Nov. 18, 2015
秋元圭吾、「約束草案の排出削減努力の評価と世界排出量の見通し」、国際環境経済研究所(IEEI) WEBページhttp://ieei.or.jp/2015/11/special201511004/、Nov. 2015
K. Akimoto, Climate Change Response Strategy and the Role of Japan, The Political Economy of Japan and the EU: challenges and Strategies, Chatham house, Nov. 13, 2015, UK
秋元圭吾、「約束草案による温室効果ガス排出見通しとリスク対応戦略」、温暖化リスクメディアフォーラム:各国約束草案(INDC)をどう捉えるか?-リスクの観点から、Nov. 5, 2015
和田謙一、How to promote low-carbon investment for mitigation actions in developing countries -The role of the Climate Technology Center and Network-, 東京大学公共政策大学院ホームページ、Oct. 2015.
秋元圭吾、「2030年のエネルギーミックスについて」、安全安心科学アカデミー主催WS—これでいいのか?未来のエネルギー、Oct. 14, 2015
秋元圭吾、Role of iron and steel sector in responding to global warming、 ICEF 鉄鋼セッション、Oct. 7, 2015
秋元圭吾、「エネルギー安全保障を含む我が国のエネルギー政策のあり方」、日本原子力学会シニアネットワーク連絡会 第16回シンポジウム、Oct. 3, 2015
K. Akimoto, Assessment of relationships between climate change and energy security in the RITE ALPS Project, CD-Links Kick-off Meeting, IIASA, Sep. 29, 2015, Austria
秋元圭吾、「エネルギーミックスの評価とエネルギー政策に関する今後の課題」、エネルギー・資源学会 エネルギー政策懇話会、Sep. 7, 2015
秋元圭吾、「エネルギーミックスと温室効果ガス排出削減の実現に向けて」、石炭石鉱業協会 環境委員会、Sep. 4, 2015
秋元圭吾、「エネルギーミックスの評価とエネルギー政策に関する今後の課題」、 福井県原子力平和利用協議会会合、Aug. 6, 2015
林 礼美、「社会経済発展と気候変動を考慮した2100年までの世界エネルギー作物潜材量評価」、第10回再生可能エネルギー世界展示会 併催フォーラム、Jul. 31, 2015
K. Wada, K. Akimoto, Y. Arino, RITE's approach to uncertainty analysis for mitigation/geoengineering strategies, EMF Snowmass Workshop, Jul. 24, 2015
秋元圭吾、「国際公平性の視点から温室効果ガス排出削減目標の評価」、CIGS地球温暖化シンポジウム2015、Jul. 23, 2015
秋元圭吾、「各国のCO2限界削減費用について」、 経団連国際環境戦略WG会合、Jul. 17, 2015
K. Akimoto, B. Shoai Tehrani, Overview and assessment of Japan’s energy mix and INDCs, MILES Project meeting, Jul. 8, 2015, France
秋元圭吾、「エネルギーミックスと温室効果ガス排出削減目標」、RITE校友会、Jul. 3, 2015
秋元圭吾、「太陽光発電を中心とした国内外の再生可能エネルギーの政策動向と課題」、日本学術会議、Jul. 2, 2015
K. Akimoto, Comparing emission mitigation effort, Duke Environmental and Energy Economics Working Paper Series, Jun. 2015
和田謙一、「UNFCCCにおける技術移転交渉」、メカニズム研究会、Jun. 26, 2015
和田謙一、「技術交渉の状況について」、第45回TECUSE研究会、Jun. 24, 2015
秋元圭吾、「我が国のエネルギーミックスと2020年以降の温室効果ガス排出削減に向けた取り組み」、日本鉱業協会 全国鉱山・精錬所現場担当者会議特別講演、Jun. 10, 2015
秋元圭吾、「COP21に向けての動向と今後のCO2排出削減の取り組み方策」、日本機械工業連合会 環境配慮事例研究会、Jun. 5, 2015年
K. Akimoto, Part III, Model Analysis for Climate Change Mitigation Strategy, Climate Change and Energy, Japanese Perspective on Climate Change Mitigation Strategy, Jun. 2015
小田潤一郎、佐野史典、秋元圭吾、「世界CO2排出削減目標下における次世代自動車普及の分析」、電気学会研究会 レアメタル資源制約と次世代型エネルギー技術、May. 27, 2015
和田謙一、「約束草案のインプリケーション」、第44回TECUSE研究会、May. 20, 2015
秋元圭吾、「電源別発電コスト推計」、自由民主党 原子力政策・需給問題等調査会、Apr. 23, 2015
Y. Arino, K. Akimoto, F. Sano, T. Homma, J. Oda, T. Tomoda, Estimating the option value of solar radiation management under uncertain climate sensitivity, Ireland-Japan International Energy Modeling Workshop, Apr. 16, 2015
秋元圭吾、「電源別発電コストについて(原子力のコストを中心に)」、日本原子力学会、Mar. 30, 2015
秋元圭吾、「約束草案の見通しと2℃目標の関係及び国際交流への含意」、グリーンフォーラム21 第4回事例研究会、Mar. 23, 2015
和田謙一、「技術交渉の動向とCTCNのあり方の検討」、第42回TESCUE研究会、Mar. 18, 2015
秋元圭吾、「原子力の国民経済価値の推計」、公益事業学会 学術研究会、Mar. 17, 2015
K. Wada, Progress on co-benefits research, IGES IIASA ワークショップ、Mar. 10, 2015
秋元圭吾、「エネルギーミックスの策定に向けて考えるべきこと」、シンポジウム—日本のエネルギーミックスを考える、Mar. 6, 2015
秋元圭吾、「日本のエネルギーミックスと約束草案策定に向けて」、経団連 国際環境戦略WG・地球温暖化対策WG合同会合、Mar. 5, 2015
秋元圭吾、「地球温暖化対策動向とCOP21(気候変動会議)に向けた見通し」、全国中小貿易業大阪連盟 時局・時事講演会、Mar. 4, 2015
秋元圭吾、「電力供給の現状と今後について」、JAMものづくりシンポジウム、Feb. 21, 2015
秋元圭吾、「日本と世界の地球温暖化対策・政策動向とCOP21に向けた課題」、愛知環境式典講演会、Feb. 19, 2015
秋元圭吾、「2030年の電源別発電コスト推計と今後のエネルギーミックス策定に向けて」、エネルギー広報懇談会、Feb. 5, 2015
秋元圭吾、「エネルギー基本計画の概要」、青森県町村会エネルギー政策に関する研修会、Feb. 2, 2015
秋元圭吾、「エネルギーと環境の未来」、地域エネルギーセミナーin 広島、Jan. 30, 2015
K. Wada, F. Sano, K. Akimoto, Heterogeneity of technology adoption in the transportation sector, ADVANCE Meeting in Utrecht, Jan. 22, 2015, Netherlands
B. Shoai Tehrani, Current conditions of energy and climate mitigation policies in Japan & the analyses with RITE model, MILES Kick-off Meeting, Jan. 15, France

ページの先頭へ

2014年

F. Sano, K. Akimoto, K. Wada, T. Homma, DNE21+ team report of preliminary model run of SLCF/AQ MIP, 2nd Meeting of EMF30, Nov. 20, 2014, U.S.
K. Akimoto, Proposal of review methods for comparability efforts of pledged targets and their example assessments, COP20 Side Evene (Japan Pavilion), Dec. 9, 2014, Peru
秋元圭吾、「IPCC第5次評価報告書長期排出シナリオ関連の解釈について」、中環審地球環境部会・産構審地球環境小委約束草案合同専門家会合、Nov. 25, 2014
和田謙一、「IPCC AR5 の概要」、TECUSE研究会、Nov. 19, 2014
秋元圭吾、Mid- and log-term emission reduction targets and the realizing scenarios in Japan、キャノングローバル戦略研 日中温暖化専門会合、Nov.15, 2014
秋元圭吾、「WG3気候変動緩和策-長期シナリオ」、エネルギー・資源学会 平成26年度第一回講習会、Nov. 14, 2014
秋元圭吾、「地球温暖化への科学者の挑戦-地球温暖化対応戦略のためのシステム分析研究」、SSHサイエンスフェスティバル、Nov. 8, 2014
秋元圭吾、「IPCC第5次評価報告書の概要と今後の我が国の温暖化政策の課題」、電気評論、2014年10月号
秋元圭吾、「2020年以降の排出削減目標提示のあり方」、経団連 国際環境戦略WG・地球温暖化対策WG合同会合、Oct. 24, 2014
秋元圭吾、ALPS Project-Studies on Policies and Measures for Climate Change and Sustainable Development toward Green Growth、IIASAセミナー日本との協力の将来展開、Oct. 13, 2014
秋元圭吾、「エネルギー効率の国際比較:「省エネ大国日本」もはや幻想?中国より下位?」、国際環境経済研究所(IEEI)WEB、Sep. 22, 2014
秋元圭吾、「電力自由化の下でのエネルギーミックスと原子力の見通し」、公共事業学会 学術研究会、Sep. 18, 2014
秋元圭吾、「排出、経路、排出削減費用および経済影響」、IPCC国際シンポジウム、Sep. 16, 2014
秋元圭吾、「IPCC第5次評価報告書のポイントとこれからのエネルギー・環境政策」、先生方のためのエネルギー・環境教育セミナー(中学校教員向け)、Sep. 6, 2014
秋元圭吾、「IPCC第5次評価報告書のポイントとこれからのエネルギー・環境政策、先生方のためのエネルギー・環境教育セミナー(高校教員向け)」、Aug. 26, 2014
秋元圭吾、「地球温暖化対策と持続可能な発展シナリオ-エネルギー基本計画・IPCC報告書を踏まえて」、大阪科学技術センター 地球環境技術推進委員会、Aug. 11, 2014
秋元圭吾、「IPCC 第5次評価報告書における緩和の排出経路と各種対策・政策の評価」、環境情報科学、2014年43巻3号
秋元圭吾、「新たなエネルギー基本計画」、エネルギー・資源、2014年9月号
秋元圭吾、工藤拓毅、杉山大志、藤野純一、黒沢厚志、「第33回研究発表会特別セッション 温室効果ガス排出削減の自主行動計画の評価」、エネルギー・資源、2014年9月号
K. Akimoto, Quantitative analyses on emission reduction efforts under the voluntary action plan in Japan, Workshop on Voluntary Actions: Experience and Lessons, Aug. 6, 2014, Japan
秋元圭吾、「新たな地球温暖化対応戦略の策定に向けて」、大阪能率協会OMAテクノフォーラム、Jul. 30, 2014
秋元圭吾、「エネルギー基本計画と今後のエネルギーミックスの見通しについて」、エネルギー総合工学研究所 次世代電力ネットワーク研究会、Jul. 17, 2014
秋元圭吾、「IPCC WG3第5次評価報告書のシナリオ・技術・政策の評価」、グリーンフォーラム21(日刊工業新聞)、Jun. 17, 2014
秋元圭吾、「IPCC WG3第5次評価報告書のシナリオ・技術・政策の評価」、月曜会、Jul. 14, 2014
秋元圭吾、「新たなエネルギー基本計画と今後の課題」、日本政策投資銀行 社会的共通資本研究会、Jul. 2, 2014
秋元圭吾、「エネルギーミックスの構築に向けて—定量的な分析・評価—」、経団連・環境対策推進財団主催シンポジウム 望ましいエネルギーミックスと温暖化対策、Mar. 26, 2014
秋元圭吾、「エネルギー基本計画と今後のエネルギーミックスの策定」、エネルギー・資源学会 エネルギー政策懇話会、May 14, 2014
秋元圭吾、「日本における将来のエネルギーのあり方—環境・経済の視点から—」、大阪科学技術センター エネルギー技術対策委員会、Feb. 28, 2014
秋元圭吾、「新しいエネルギー基本計画」、青森県総合エネルギー研究会 勉強会、Feb. 21, 2014
秋元圭吾、「自主行動計画の評価に関する定量分析」、経済産業省自主行動計画の総括的な評価に係る検討会(第2回)、Feb. 10, 2014
秋元圭吾、「エネルギー環境政策の動向と考え方について」、富山経済同友会 環境問題委員会、Feb. 6, 2014
秋元圭吾、「新しいエネルギー政策について」、WEN(ウィメンズ・エネジー・ネットワーク)勉強会、Jan. 28, 2014

ページの先頭へ

2013年

大島寛司、「第9章 産業・生活環境」(執筆・資料提供者)、平成25・26年環境年表、丸善出版、2013年12月
秋元圭吾、「今後のエネルギー計画策定にあたって」、電力総連「政策フォーラム」、Dec. 10, 2013
小田潤一郎、「中国及び韓国の鉄鋼業界の動向:中国及び韓国のエネルギー政策からみた需給構造の変化」、一般社団法人日本電機工業会、Dec. 6, 2013
秋元圭吾、「エネルギー選択によるコスト、経済性による影響」、関経連「エネルギー政策に関するシンポジウム」、Nov. 29, 2013
小田潤一郎、「Energy policies and their possible impacts on economy, environment, and security」、アジア生産性機構APO Workshop on Energy Policy in APO Economies、パキスタン、Nov. 19, 2013
秋元圭吾、「地球温暖化対策とエネルギー政策の見直しに向けた論点」、東京商工会議所資源・エネルギー部会、Oct. 29, 2013
秋元圭吾、「Strengthening Cooperation between Australia and Japan on Energy and Resource Strategy」、日豪・豪日経済委員会合同会議、Oct. 22, 2013
秋元圭吾、「アジア/世界エネルギーアウトルック2013」へのコメント」、日本エネルギー経済研究所第413回定例研究報告会、Oct. 21, 2013
秋元圭吾、「地球温暖化対策の長期技術戦略」、Vital Spark セミナー、京都大学国際交流ホール、Oct. 10, 2013
山口 光恒、「日本のFIT制度設計」、Vital Spark セミナー、京都大学国際交流ホール、Oct. 10, 2013
秋元圭吾、「温室効果ガス削減の中期目標の考え方と2050年に向けたシナリオ」、経済同友会環境・エネルギー委員会、Oct. 9, 2013
秋元圭吾、「環境エネルギー技術革新戦略の概要」、Vital Spark セミナー、経団連会館、Oct. 8, 2013
秋元圭吾、「エネルギー基本計画、地球温暖化対策について」、日本商工会議所 産業経済、地域活性化、環境・エネルギー合同委員会、Sep. 17, 2013
秋元圭吾、「エネルギー・環境政策の見通しと検討のポイント」、名古屋商工会議所、Sep. 10, 2013
秋元圭吾、「中期の温室効果ガス排出削減目標の見直しに関して」、経団連・国際環境戦略WG、Aug. 22, 2013
本間隆嗣、「エネルギー価格上昇による循環型産業への影響分析」、地球環境関西フォーラム第79回循環社会技術部会、Aug. 8, 2013
小田潤一郎、秋元圭吾、友田利正、佐野史典、「鉄鋼業におけるCO2排出削減の検討: Energy/carbon efficiency & Material efficiency」、第36回国際エネルギー経済学会年次大会報告会、Jul. 23, 2013
秋元圭吾、「エネルギー・環境政策の見通しと検討のポイント」、福岡商工会議所、Jul. 22, 2013
秋元圭吾、「CO2長期削減目標の再検討」、キャノングローバル戦略研究所地球温暖化シンポジウム、Jul. 10, 2013
本間隆嗣、秋元圭吾、「電気料金値上げによる関西地域の製造業への影響」、国際環境経済研究所のWebにて、Jun. 28, 2013
秋元圭吾、「ALPSの成果の影響評価とコミュニティへの応用」、第3回シナリオ・イニシアティブ会合、Jun. 10, 2013
秋元圭吾、「エネルギー・環境政策の見通しと検討のポイント」、日本商工会議所環境専門委員会、Jun. 5, 2013
G. Prins, M. E. Caine, K. Akimoto et al., THE VITAL SPARK: INNOVATING CLEAN ENERGY FOR ALL, London School of Economics, Jun. 2013
秋元圭吾、「第3章 緩和目標と国・地域間における公平な緩和努力」、「第5章 緩和コスト」、「第8章 エネルギー効率向上のポテンシャルと障壁」、「第10.3節 福島第一原発事故以降のエネルギー・環境戦略の動向、分析」、実現可能な気候変動対策—政策・経済・技術・エネルギーのバランス—、丸善出版、2013年3月
秋元圭吾、「第1章 気候変動の現状と展望—気候変動とは何か:気候変動の実体と背景要因」、拓殖大環境プロジェクト報告書、2013年3月
秋元圭吾、和田謙一、佐野史典、「総合評価モデルの話題」、日本エネルギー学会誌, Vol.92, No.3, pp.224-231, 2013年3月号
秋元圭吾、「エネルギー・環境の選択肢」の問題点」、日本エネルギー学会誌, Vol.92, No.1, pp.2-8, 2013年1月号
秋元圭吾、「エネルギーミックス計画の企業経営への影響について」、東京商工会議所企業経営委員会、Feb. 7, 2013
長島美由紀、「第4章 タイにおける日本自動車メーカーの技術移転とエコカー生産奨励政策」、「第9章 温暖化技術交渉を如何に乗り切るか」、狙われる日本の環境技術—競争力強化と温暖化交渉への処方箋、エネルギーフォーラム社, 2013

ページの先頭へ

2012年

秋元圭吾、「IMAC報告 Energy-Water-Land Interactions」、第二回シナリオ・イニシアティブ会合、Dec. 12, 2012
和田謙一、「Evaluation, Diagnostics and uncertainty in Integrated Assessment Model 及びAMPERE」、第二回シナリオ・イニシアティブ会合、Dec. 12, 2012
秋元圭吾、「地球温暖化問題からみた今後の電力供給・政策の課題」、電気評論、Dec. 2012
小田潤一郎、秋元圭吾、「日本鉄鋼業、世界で最も優れたエネルギー効率を維持」、国際環境経済研究所のWeb にて、Oct. 26, 2012
秋元圭吾、「国民生活からみた原子力の平和利用」、核兵器禁止平和建設国民会議研修会、Oct. 25, 2012
小田潤一郎、「世界水準のエネルギー効率を堅持している日本鉄鋼業」、重工業研究会、Oct. 3, 2012
秋元圭吾、「エネルギー政策に関する動きについて」、桐生商工会議所、Sep. 28, 2012
秋元圭吾、「エネルギー・環境会議選択肢の経済影響と課題」、国際環境経済研究所プレス勉強会、Sep. 27, 2012
秋元圭吾、「IPCC WG3シナリオ分析 とりまとめ状況」、第一回シナリオ・イニシアティブ会合、Sep. 10, 2012
秋元圭吾、「我が国のエネルギー環境戦略について」、財務省ランチミーティング、Sep. 4, 2012
秋元圭吾、「「エネルギー・環境に関する選択肢」を深く正しく理解しよう」、日本商工会議所(会議所ニュース)、Sep. 1, 2012
秋元圭吾、「IPCC WG3 Chapter 6 Assessing Transformation Pathway (FOD)の状況」、IPCC WG3産業章勉強会、Aug. 21, 2012
秋元圭吾、「エネルギー・環境会議選択肢のRITE分析と留意点」、関経連エネルギー・環境に関する選択肢の経済モデル討論会、Aug. 10, 2012
秋元圭吾、「IPCC統合シナリオ策定動向と概要」、IPCC WG3国内幹事会、Aug.3, 2012
和田謙一、「温暖化対策の動向と課題 EUにおける排出量取引、再生可能エネルギー、省エネルギー政策からの示唆」、電気評論8月号特集、Aug. 2012
秋元圭吾、「エネルギー・環境会議選択肢の分析および代替戦略の可能性、今後のエネルギー環境戦略」、(経団連)エネルギー政策に関するシンポジウム 我が国のエネルギー・環境政策のありかた~選択肢の国民的議論に向けて~、Jul. 23, 2012
秋元圭吾、「新たなエネルギー戦略およびCO2排出削減戦略の策定」、(社)科学技術と経済の会 、Jul. 11, 2012
秋元圭吾、「エネルギー・環境戦略選択肢に関するRITE分析の概要」、キャノングローバル戦略研究所エネルギー2050研究会、Jul. 10, 2012
秋元圭吾、「エネルギー・環境戦略による経済・産業への影響」、日本学術会議主催学術フォーラム 今、復興の力強い歩みをー震災後のエネルギー・産業復興を考える、Jul. 3, 2012
秋元圭吾、「新たな気候変動枠組みの構築に向けて」、IGES気候変動将来枠組みに関する検討会、Jul. 2, 2012
秋元圭吾、「地球温暖化とエネルギー展望:温室効果ガス排出と温暖化影響」、日本エネルギー学会誌、2012年7月号、pp.605-607
秋元圭吾、「エネルギー・環境戦略の選択肢の経済分析について」、日本商工会議所、Jun. 15, 2012
秋元圭吾、「エネルギー・環境戦略の選択肢について」、電力総連エネルギー政策検討委員会、Jun. 1, 2012
秋元圭吾、本間隆嗣、佐野史典、「RITEエネルギー・経済モデルによる2030年の経済・CO2影響分析」、中央環境審議会地球環境部会・2013年以降の対策・施策に関する検討小委員会合同会合、May 28, 2012
秋元圭吾、本間隆嗣、佐野史典、「RITEエネルギー・経済モデルによる2030年の経済影響分析 (2)」、総合資源エネルギー調査委員会・基本問題委員会、May 21, 2012
秋元圭吾、「原子力発電のコストと経済影響」、東京都議会、民主党会派勉強会、May 14, 2012
秋元圭吾、「原子力発電のコストと経済影響」、総合資源エネルギー調査委員会・基本問題委員会、May 9, 2012
秋元圭吾、「エネルギー問題が日本経済に及ぼす影響について」、長野商工会議所議員総会、Mar. 26, 2012
K. Akimoto, Chapter 3: Mitigation target, Chapter 5, Cost of mitigation, Chapter 8: Potential for energy efficiency improvement and barriers, Climate Change Mitigation -A Balanced Approach to Climate Change- (Springer), Jan. 2012
秋元 圭吾、「真のグリーン成長の実現に向けた日本の戦略」、第五回けいはんな 先端技術トップセミナー、Feb. 15, 2012
K. Wada, Co-benefits of energy efficiency in the context of climate change mitigation, IGES International Workshop on a Co-Benefits Approach, Feb. 13, 2012, Hayama, Japan
秋元 圭吾、「脱原発・縮原発の帰結—経済、家計、CO2排出へのインパクト」、エネルギーフォーラム、2012年2月

ページの先頭へ

2011年

秋元圭吾、「持続的発展のためのバランスあるエネルギー・地球温暖化対策に向けて」、Energy for the future、2011年12月
秋元圭吾、「グリーン成長の実現に向けた戦略」、革新的環境技術シンポジウム、Dec. 1, 2011
秋元圭吾、「SSP, RCP, ALPSシナリオ」、第2回シナリオ・影響評価国内ワークショップ、Nov. 15, 2011
林礼美、秋元圭吾、「21世紀の食糧生産と農業土地利用—世界モデルを用いた分析と定量的シナリオの策定—」、第2回シナリオ・影響評価国内ワークショップ、Nov. 15, 2011
K. Akimoto, T. Homma, J. Oda, F. Sano, K. Wada, R. Janssen, R. Steenblik, Promoting Energy Efficiency Through Trade, OECD Trade and Environment Working Paper No. 2011-07, 2011
秋元圭吾、「これからのエネルギー・環境政策と技術の展望」、香川県かがわ次世代ものづくり研究会、Nov. 19, 2011
M. Nagashima、「Game-theoretic analysis of international climate agreements: Introduction of the latest paper and future perspectives」、大震災後の環境・エネルギー・資源戦略に関わる経済分析研究会, Sep. 22, 2011
秋元圭吾、「発電コストの推計」、原子力委員会定例会議、Sep. 13, 2011
長島美由紀、「Importance of minimizing social barriers to adoption of energy-efficient technologies realizing emission reductions」、IPCC第3作業部会第5次評価報告書 緩和政策とシナリオに関する国際シンポジウムWEB, Sep. 1, 2011
秋元圭吾、「Proper Understanding of Scenario」、IPCC第3作業部会 第5次評価報告書 緩和政策とシナリオに関する国際シンポジウムWEB、Sep. 1, 2011
秋元圭吾、「発電コストの推計」、内閣府原子力委員会・コスト勉強会、Sep. 1, 2011
秋元圭吾、「森を見、根を見、土を見る」、日刊温暖化新聞、Sep. 2011
長島美由紀、「Insights from Game-Theoretic Analysis on the Design of International Climate Agreements」、国際公共政策研究、第16巻1号、Sep. 2011
秋元圭吾、「地球温暖化リスクとその対応戦略」、拓殖大海外事情研究所「地球環境変動に対応した防災・危機管理に関する研究プロジェクト」、Jun. 21, 2011
秋元圭吾、「電源別発電コストの推計とソーラーベルト計画の問題点」、月間ビジネスアイ エネコ、7月号、2011
秋元圭吾、「エネルギー・気候変動政策の展望」、東京大学先端科学技術センター インテレクチュアルカフェ、Jun. 2, 2011
秋元圭吾、「世界の温暖化対策シナリオ」、CO2固定研究会、Apr. 21, 2011
秋元圭吾、「温暖化抑制と原子力および分散型エネルギーシナリオ」、シンビオ社会研究会「エネルギー・環境問題の国際動向を考える」講演会、Mar. 4, 2011
秋元圭吾、「我が国の地球温暖化対策のあり方を考える–低炭素技術を活用した国際貢献–」、地球環境関西フォーラム 環境戦略部会、Feb.3, 2011

ページの先頭へ

2010年

秋元圭吾、「世界の温暖化対策シナリオとRITEの分析—実社会を見据えて—」、革新的環境技術シンポ、Dec. 2, 2010
秋元圭吾、「中長期の温暖化対策シナリオ」、電気評論、2010年12月号、2010
K. Akimoto, (発表資料を掲載)Impacts of Carbon Leakage by Climate Policies in Japan, 駐日英国大使館, Oct. 7, 2010
秋元圭吾、「排出削減に関するコスト面からの分析」、産業構造審議会・環境部会・地球環境小委員会・政策手法WG、Sep. 13, 2010
長島美由紀、「中長期の地球温暖化対策シナリオ等について」、地球環境技術推進懇談会平成22年度第2回講演、Sep. 13, 2010
秋元圭吾、「排出削減に関するコスト面からの分析」、産業構造審議会・環境部会・地球環境小委員会・政策手法WG・タスクフォース会合、Sep. 1, 2010
秋元圭吾、「地球温暖化対策の方向性と原子力発電の役割」、日本原子力学会誌アトモス、9月号、2010
小田潤一郎、「主要産業の国際間エネルギー効率の比較」、電気評論、2010年9月号、2010
本間隆嗣、「消費べースCO2排出量から見た各国のCO2排出量」、電気評論、2010年8月号、2010
秋元圭吾、「RITEのモデル分析および中期目標 分析に対する論点とそれに対する見解」、日本経済研究センター・環境経済モデル研究会、Jul. 7, 2010
佐野史典、秋元圭吾、「京都議定書とコペンハーゲン合意」、電気評論、2010年7月号、2010
秋元圭吾、「今後の地球温暖化対策について-中長期目標の実現可能性と地球温暖化に係る中長期ロードマップの評価-」、(社)九州経済連合会 資源・環境委員会企画部会、Jun. 25, 2010
秋元圭吾、「物質・エネルギー統合分析の必要性と政策措置について」、東京大学エネルギー・環境特別シンポジウム、Jun. 3, 2010
秋元圭吾、「温暖化対策と持続可能な発展」、電気評論、2010年6月号、2010
秋元圭吾、「ゼミナール~環境・CSR~ JSTシンポジウム“未来への挑戦”新たな社会システム構築への第一歩」、JSTシンポジウム、Mar. 13, 2010
秋元圭吾 他、「ゼミナール~環境・CSR~ JSTシンポジウム“未来への挑戦”新たな社会システム構築への第一歩」、月刊地球環境、2010年02月号、2010
秋元圭吾、「地球温暖化緩和とCO2削減技術」、月間ケミカルエンジニアリング、2010年1月号、2010
秋元圭吾、「地球温暖化の対応策について」、独立行政法人科学技術振興機構中国総合研究センター、中国科学技術月報、2010年1月号、2010

ページの先頭へ

2009年

秋元圭吾、「地球温暖化問題のシミュレーション」、電気学会誌特集記事「ここまできたコンピュータシミュレーション」、2009年12月号、2009
秋元圭吾、「CO2削減はどこまで可能か 温暖化ガス-25%の検証」、エネルギーフォーラム、Dec. 28, 2009
秋元圭吾、「第46回「原子力の日」記念シンポジウム グリーン・ニューディール時代と原子力―環境と経済の調和と原子力の役割」、原子力文化、2009年12月号、2009
秋元圭吾、「ポスト京都における我が国の中期目標-決定プロセスと削減目標の位置づけ」、環境浄化技術、2009年11月号、2009
秋元圭吾、「中期目標の6つの選択肢が意味すること」、環境管理、2009年11月号、2009
秋元圭吾、「地球温暖化問題への対応と鉄道への期待」、第46回鉄道サイバネ・シンポジウム、Nov. 13, 2009
秋元圭吾、「地球環境問題の現状とその対応-温暖化問題を中心に-」、日本損害保険協会第50回環境講座、Nov. 6, 2009
秋元圭吾、「ポスト京都をめぐる国際動向と日本の中期目標」、高岡アルミニウム懇話会、Oct. 23, 2009
秋元圭吾、「低炭素社会に向けた革新的技術開発」、経済Trend、2009年10月号、 2009
秋元圭吾、「日本の中期目標検討」、東京大学先端科学技術研究センター・インテレクチュアルカフェ、Sep. 25, 2009
秋元圭吾、「日本の中期目標検討-国際的公平性と長期目標との整合性-」、エネルギー・資源学会サマーワークショップ、Sep. 24, 2009
秋元圭吾、「科学的事実に目をそらさず確固たる行動を!」、内閣官房「地球温暖化対策の中期目標の解説」、ぎょうせい、Sep. 2009
秋元圭吾、「中・長期のわが国におけるエネルギー需給の方向性」、電気関係学会東海支部連合会シンポジウム基調講演、Sep. 10, 2009
秋元圭吾、「温暖化の中期目標と原子力発電への期待」、Energy for the Future、2009年9月号、2009
徳重功子、「クールアース50に向けた技術的展望と中期目標策定に向けた分析」、環境浄化技術2009年8月号、2009
秋元圭吾、「中長期の温暖化対応方策」、中国地域エネルギー・温暖化対策推進会議、Jul. 14, 2009
秋元圭吾、「低炭素戦略シナリオ構築に関する方法論」、立命館大学セミナー、Jun. 18, 2009
秋元圭吾、「ポスト京都をめぐる国際動向と日本の中期目標」、富山県経営者協会 環境委員会セミナー、May. 20, 2009
秋元圭吾、「ポスト京都議定書に向けたわが国のあるべきスタンスと6つの選択肢」、関西経済連合会 環境安全委員会、Apr. 24, 2009
秋元圭吾、「中期目標のあり方-モデル分析が示唆するもの-」、第152回経団連ゲストハウス・フォーラム「ポスト京都議定書の中期目標のあり方と企業の役割~実効ある地球温暖化対策に向けて~」、Feb. 25, 2009
小田潤一郎、「政府によるエネルギー研究開発支援について」、大島賞懸賞論文 優秀賞(エネルギー総合工学研究所)、Feb. 2009.

ページの先頭へ

2008年

茅陽一(編著)、秋元圭吾(著)、永田豊(著)、「低炭素エコノミー ―温暖化対策目標と国民負担―」、日本経済新聞出版社、Nov. 2008.
K. Akimoto, Technology Development and Diffusion and Global Warming Mitigation through Sectoral Approach, ニューアース2008 地球温暖化対策技術国際シンポジウム~実効ある温暖化対策としてのセクター別排出削減の取り組み~, Nov. 2008.
秋元圭吾、「地球温暖化問題をめぐる状況とポスト京都へ向けた取り組み」、プロセス計装制御技術協会(IPC)、IPC会報INSTREAM、Vol.33、No.2春号、63、2009.
秋元圭吾、「CO2問題に関する政策的な話題」、第24回日本エネルギー学会関西支部セミナー、Oct. 15, 2008.
秋元圭吾、「ポスト京都の枠組み・目標―セクター別アプローチ」、エネルギー・資源学会 H20年度第2回エネルギー政策懇話会、Jul. 11, 2008.
秋元圭吾、「2050年までに温室効果ガスの排出量半減は可能か」、電気協会報、Jun. 2008.
秋元圭吾、「持続可能な発展と低炭素社会の実現に向けて―ALPSプロジェクト」、環境管理、Jun. 2008.
秋元圭吾、「温暖化対策-費用と国民負担の議論を」、朝日新聞 Opinion、Jun. 14, 2008.
秋元圭吾、「低炭素社会に向けたエネルギー戦略と実現への課題」、エネルギー・資源学会「低炭素社会に関する調査研究」第2回調査委員会、Jun. 10, 2008.
小田潤一郎、秋元圭吾、林礼美、本間隆嗣、佐野史典、友田利正、「望ましいCO2濃度安定化目標」、日本オペレーションズ・リサーチ、4月号、Vol.53、No.4、2008.
秋元圭吾、「ポスト京都議定書~環境対策と経済発展の両立に向けて」、経済Trend、Apr.2008.

ページの先頭へ

2007年

秋元圭吾、「抑制策 費用も考慮を-全体合意、最優先に」、日本経済新聞 経済教室、Jun.2007.
秋元圭吾、「地球温暖化の影響および緩和・適応策とその提言」、土と基礎、Feb. 2007.

ページの先頭へ

2006年

秋元圭吾、「温暖化対策における技術指向の国際協力とCO削減効果」、革新的環境技術シンポジウム(主催:RITE)、Oct.2006.
森俊介、本間隆嗣、室田泰弘、「DEARSモデル 中国、インド 高成長でも原油不足にならない可能性」、週刊エコノミスト、Oct. 2006.

ページの先頭へ

2005年

秋元圭吾、「2013年以降の温暖化対応方策の分析評価」、電気評論、Sep. 2005
友田利正、「地球温暖化への対応-京都議定書以降」、日本計量機器工業連合会 広報誌「はかる」、Jan.2005.

ページの先頭へ

2004年

時松宏治、「エネルギーと地球温暖化対策における革新的技術の役割」、日刊工業新聞、Sep.2004.
時松宏治、「エネルギーと地球温暖化対策における革新的技術の役割」、動力別紙 WECシドニー大会特集号、Nov.2004.

ページの先頭へ

2003年

秋元圭吾、「明るい未来をもたらす温暖化抑制技術」、環境会議2003年春号、2003.

ページの先頭へ

2002年

小杉隆信、時松宏治、周 イ生、「中国における新エネルギー技術導入の費用対効果に関する定量的検討-天然ガスコージェネレーションシステム導入を例として-」、政策科学(立命館大学政策科学部紀要)、Vol.9、No.2、39-44、Jan.2002.
周 イ生、「日中比較から見た技術移転によるCO2削減のポテンシャル」、政策科学(立命館大学政策科学部紀要)、Vol.9、No.2、45-54、Jan.2002.

ページの先頭へ

2001年

周 イ生、「気候変動枠組における途上国の参加問題-中国を事例として」、政策科学(立命館大学政策科学部紀要)、Vol.9、No.1、1-20、Nov.2001.

ページの先頭へ