Japanese

English

研究員紹介

魏 啓為

魏 啓為

役職

主任研究員

専門分野

エネルギーシステム工学

学歴

2015/3 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 博士(科学)

職歴

2019/4~ RITE 主任研究員
2018/4~2019/3 世界エネルギー会議 Future Energy Leaders’ Programme (FEL-100)
2016/4~6 国際応用システム分析研究所エネルギープログラム客員研究員
2015/4~2019/3 RITE 研究員
2012/4~2015/3 日本学術振興会 特別研究員(DC1)

所属学会

エネルギー・資源学会
日本エネルギー学会

主要業績

  • ・K. Gi, F. Sano, A. Hayashi, K. Akimoto, “A model-based analysis on energy systems transition for climate change mitigation and ambient Particulate Matter 2.5 concentration reduction”, Mitigation and Adaptation Strategies for Global Change 24 (2019), 181-204. https://doi.org/10.1007/s11027-018-9806-z
  • ・K. Gi, F. Sano, K. Akimoto, R. Hiwatari, K. Tobita, “Contribution of fusion energy to low-carbon development under the Paris Agreement and accompanying uncertainties”, 27th IAEA Fusion Energy Conference, FIP/P3-2, Gandhinagar, India, Oct. 2018.
  • ・魏 啓為, 佐野 史典, 本間 隆嗣, 小田 潤一郎, 林 礼美, 秋元 圭吾, “現行の気候・エネルギー政策および国別貢献による世界全体のエネルギー起源CO2排出削減とエネルギーシステムの評価”, Journal of the Japan Institute of Energy 97 (2018), 135–146.
  • ・K. Gi, F. Sano, A. Hayashi, T. Tomoda, and K. Akimoto, “A global analysis of residential heating and cooling service demand and cost-effective energy consumption under different climate change scenarios up to 2050”, Mitigation and Adaptation Strategies for Global Change 23 (2018), 51-79. DOI: 10.1007/s11027-016-9728-6.
  • ・K. Gi, F. Sano, A. Hayashi, K. Akimoto, “An analysis of cost-efficient energy systems in consideration of climate change and ambient PM2.5 concentration mitigation by using a global energy systems model”, 12th Conference on Sustainable Development of Energy, Water and Environment Systems, SDEWES2017-0804, Dubrovnik, Croatia, Oct. 2017.
  • ・K. Gi, F. Sano, and K. Akimoto, “Assessment of potential and breakeven prices of fusion power plants under low-carbon development scenarios”, 26th IAEA Fusion Energy Conference, SEE/P7-1, Kyoto, Japan, Oct. 2016.
  • ・K. Gi, Y. Ono, M. Nakamura, Y. Someya, H. Utoh, K. Tobita, and M. Ono, “Conceptual design study of the moderate size superconducting spherical tokamak power plant”, Nuclear Fusion 55 (2015), 063036.

委員等

  • ・2019/4 新エネルギー・産業技術総合開発機構戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期自動運転(システムとサービスの拡張)自動運転による交通事故低減等へのインパクトに関する研究「自動運転とSDGsとの関連性に関する検討会」委員
  • ・2018/12~ エネルギー・資源学会研究委員会「2050年に向けた日本のエネルギー需給」委員

受賞

  • ・2018年度吉川允二記念核融合エネルギー奨励賞優秀賞, 2018年9月
  • ・第12回核融合エネルギー連合講演会若手優秀発表賞, 2018年6月
  • ・エネルギー・資源学会第5回茅賞, 2017年6月
  • ・東京大学大学院新領域創成科学研究科長賞(博士), 2015年3月
  • ・プラズマ・核融合学会第29回年会若手学会発表賞, 2012年11月

ページの先頭へ