Home > イベント情報 > CCSテクニカルワークショップ2020-大規模CO2地中貯留の事業化への取り組み-(2020年1月23日開催)

イベント情報

終了

CCSテクニカルワークショップ2020-大規模CO2地中貯留の事業化への取り組み-(2020年1月23日開催)

 大規模発生源から分離回収した二酸化炭素(CO2)を地下深部に貯留するCCS(Carbon dioxide Capture and Storage)の事業化のためには、技術面に加えて経済性や不具合事象への対応、社会の理解の醸成、民間企業へのインセンティブなど、多角的な取り組みが必要となります。

 本ワークショップでは、米国とノルウェーにおけるEOR(原油増進回収法)や帯水層貯留の事業化の取り組み、CCSのビジネスモデル、さらに緊急時対応や漏出可能性軽減対策についてご講演いただきます。また、「二酸化炭素地中貯留技術研究組合」の研究開発の最新状況についてもご紹介いたします。CCSにご関心をお持ちの皆様には、最新動向をお聞きいただける機会ですので、是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。

 

※二酸化炭素地中貯留技術研究組合

我が国の地質特性に適した実用化規模(100万トン/年)のCO2地中貯留技術の研究開発を実施するため、2016年4月に応用地質株式会社、国際石油開発帝石株式会社、石油資源開発株式会社、大成建設株式会社、国立研究開発法人産業技術総合研究所、公益財団法人地球環境産業技術研究機構により設立された。

開催概要

日 時
2020年1月23日(木) 10:00~17:15(受付開始9:15)
会 場
虎ノ門ヒルズフォーラム 5Fメインホール(東京都港区虎ノ門1-23-3)
主 催
二酸化炭素地中貯留技術研究組合
共 催
経済産業省、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
定 員
350名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
参加費
無料
言 語
日本語、英語(同時通訳あり)

プログラム

※講演資料の無断転載は固くお断りいたします。

※本資料の内容を公表する場合は、事前に当機構CO2貯留研究グループの許可を受けてください。

 

    (敬称略)
モデレーター 東京大学大学院工学系研究科エネルギー・資源フロンティアセンター 教授  佐藤 光三
9:15- 受付  
10:00-10:05 開会挨拶 二酸化炭素地中貯留技術研究組合 理事長  山地 憲治
10:05-10:10 共催者挨拶 経済産業省 産業技術環境局
地球環境対策室長  川口 征洋
10:10-10:15 共催者挨拶 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
環境部長  田中 秀明
10:15-10:20 趣旨説明 東京大学大学院 教授  佐藤 光三
10:20-11:40 講演1

米国North Dakota州のCO2削減に向けての大規模CCUS事業化の取り組み

John Hamling
Assistant Director, Integrated Projects, Energy & Environmental Research Center, University of North Dakota 米国

 

民間企業によるCO2地中貯留事業推進の事例紹介

Dustin Willett
Chief Operating Officer, Red Trail Energy, North Dakota 米国

11:40-13:00 昼食休憩 & ポスターセッション
13:00-13:50 講演2

「CO2貯留プロジェクトの緊急時対応計画と漏出可能性の軽減」

Sally M. Benson
Co-Director, Precourt Institute for Energy
Professor, Energy Resources Engineering Department,
Stanford University 米国

13:50-14:40 講演3

CO2地中貯留実証プロジェクトから事業化への取り組み事例紹介

Steven Whittaker
Director Energy & Minerals, Illinois State Geological Survey,
University of Illinois at Urbana-Champaign 米国

14:40-15:10 コーヒーブレイク & ポスターセッション
15:10-16:05 講演4

ノルウェー産業CCSプロジェクトNorthern Lightsの事例紹介

Philip Ringrose
Adjunct Professor, NTNU ノルウェー

16:05-17:00 講演5

二酸化炭素地中貯留技術研究組合における安全管理技術開発の取り組み

二酸化炭素地中貯留技術研究組合
技術部長  薛 自求

17:00-17:10 総括 東京大学大学院 教授  佐藤 光三
17:10-17:15 閉会挨拶 二酸化炭素地中貯留技術研究組合 理事  今村 聡
閉会後 意見交換会(会費制:3,000円)

 

※講演者名、演題、講演時間等は変更になる場合があります。

※開催案内のリーフレットはこちらからご覧いただけます。

 

お問合わせ

■お申込み・お問合せ先

CCSワークショップ2020事務局
E-mail: ccsws@rite.or.jp  TEL: 03-5549-6917

最新情報一覧

プレスリリース Press releases

イベント情報 Events

公募情報 Public offerings

採用情報 Recruitments

ISO/TC265関連

特許紹介

メールマガジンサービス

ご希望の情報が更新されましたらメールにてお届けいたします。

賛助会員の募集について

ページの先頭へ