Home > イベント情報 > 革新的CO2分離回収技術シンポジウム ~地球温暖化防止に貢献する固体吸収材及び膜による分離回収技術の最新動向~(2020年1月20日開催)

イベント情報

申込受付中

革新的CO2分離回収技術シンポジウム ~地球温暖化防止に貢献する固体吸収材及び膜による分離回収技術の最新動向~(2020年1月20日開催)

 パリ協定は、世界全体の平均気温の上昇を工業化以前よりも2℃高い水準を十分に下回るものに抑えるとともに、1.5℃高い水準までのものに制限するための努力を継続すること、このために、今世紀後半に温室効果ガスの人為的な発生源による排出量と吸収源による除去量との間の均衡(世界全体でのカーボンニュートラル)を達成することを目指すこと等を定めている。地球温暖化対策の重要な選択肢の一つとして、二酸化炭素回収・利用・貯留(CCUS:Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)が挙げられます。

 そのなかで、(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの「CO2分離回収技術の研究開発」に関する委託事業で、(公財)地球環境産業技術研究機構(RITE)は、現行の石炭火力発電所等の排ガスから高効率・低エネルギーでCO2を分離回収する固体吸収材の開発(先進的二酸化炭素固体吸収材実用化研究開発)を、一方で次世代型膜モジュール技術研究組合は、効率的な石炭ガス化発電として期待されているIGCC等で発生する圧力を有するガスから、低コストでCO2を分離回収する分離膜の開発(二酸化炭素分離膜モジュール実用化研究開発)を進めています。

 これまで次世代型膜モジュール技術研究組合が革新的CO2膜分離技術シンポジウムを開催しておりましたが、本年度は、RITEが同じNEDOからの委託事業で行っている固体吸収材の開発動向を併せた形で開催し、NEDO委託事業における固体吸収材及び分離膜の技術や国内外での二酸化炭素分離回収技術の研究開発動向について、最新の情報を知っていただくことを目的としています。

 

  •   ※次世代型膜モジュール技術研究組合
  •   IGCC等からのCO2分離・回収技術において、CO2分離・回収コストを大幅に低減しうる革新的な技術である分子ゲート膜モジュールの実ガス試験による実用化研究開発を組合員共同で開発することを目的に、2011年2月17日に設立された。2016年度からは、住友化学株式会社および公益財団法人地球環境産業技術研究機構が組合員として研究開発を実施している。

開催概要

日 時
2020年1月20日(月) 13:00~17:00
会 場
伊藤謝恩ホール(東京)
主 催
公益財団法人地球環境産業技術研究機構、次世代型膜モジュール技術研究組合(組合員:住友化学㈱、(公財)地球環境産業技術研究機構)
共 催
経済産業省、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
後 援
日本CCS調査株式会社、Global CCS Institute、公益社団法人新化学技術推進協会
協 賛
日本膜学会、公益社団法人化学工学会、公益社団法人高分子学会、公益社団法人日本化学会
定 員
396名(定員になり次第、締め切らさせていただきます)
参加費
無料

プログラム

 

13:00 開会
 
13:00 主催者挨拶   公益財団法人地球環境産業技術研究機構 理事長  茅 陽一
 
13:05 共催者挨拶   経済産業省 産業技術環境局 環境政策課 地球環境対策室 室長  川口 征洋
 
13:10

共催者挨拶   国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

          環境部 部長  田中 秀明

 
13:15

基調講演 「CCUS実用化への展望と課題」

公益財団法人地球環境産業技術研究機構 副理事長  山地 憲治

   
13:50

招待講演1 「石炭火力発電の現況と展望」

電源開発株式会社 開発計画部 部長  野口 嘉一

   
14:25

招待講演2 「CO2分離回収技術の課題と展望」

早稲田大学 創造理工学研究科 理工学術院 教授  中垣 隆雄

   
15:00 休憩 & ポスターセッション
   
15:30

活動報告1 「先進的二酸化炭素固体吸収材実用化研究開発の進捗について」

公益財団法人地球環境産業技術研究機構 副主席研究員  余語 克則

   
16:05

活動報告2 「二酸化炭素分離膜モジュール実用化研究開発の進捗について」

次世代型膜モジュール技術研究組合 専務理事  中尾 真一

   
16:40

活動報告3 「海外のCO2分離回収技術の最新動向」

次世代型膜モジュール技術研究組合 主任研究員  山田 秀尚

   
16:55 閉会挨拶   次世代型膜モジュール技術研究組合 理事長  栗本 勲
   
17:00 閉会

 

※上記プログラム内容については、変更されることがあります。

※講演資料は1月10日(金)頃に掲載する予定です。

申込み内容をご記入ください。

※「かぶしきがいしゃ」、「か)」等は不要です。

※携帯・PHSからの登録はできません

今後の関連情報案内およびメールマガジンの送付

DMや電子メールなどの手段により、当機構開催のシンポジウムの案内や、メールマガジンをお送りいたします。送付を希望されない場合は、次にチェックをしてください。

最新情報一覧

プレスリリース Press releases

イベント情報 Events

公募情報 Public offerings

採用情報 Recruitments

ISO/TC265関連

特許紹介

メールマガジンサービス

ご希望の情報が更新されましたらメールにてお届けいたします。

賛助会員の募集について

ページの先頭へ