Home > イベント情報 > 未来を拓く無機膜 環境・エネルギー技術シンポジウム(2019年11月7日開催)

イベント情報

終了

未来を拓く無機膜 環境・エネルギー技術シンポジウム(2019年11月7日開催)

 シリカ、ゼオライト、パラジウムなどセラミックや金属を材料とする無機膜は、透過分離性能、機械的強度、耐熱性、耐薬品性等を有する分離膜として、エネルギーキャリアからの水素の分離精製やエネルギーを多く消費する蒸留プロセスの代替技術などへの適用が期待されています。

 RITE無機膜研究センターでは、この無機膜を用いた革新的環境・エネルギー技術に関する最先端の研究開発を推進するとともに、その実用化・産業化に向けて、分離膜・支持体メーカーやそのユーザー企業と「産業化戦略協議会」を設立し、メーカーとユーザー企業のビジョンの共有化や共同研究の創出に向け、各種活動を行っています。

 今回のシンポジウムでは、"カーボンリサイクル"を主題として、「水素製造技術」と「CO2分離回収利用技術」の最新動向や実用化に向けた取り組みについて、大学および企業、一般財団法人の方々にご講演いただくとともに、無機膜研究センターの最新の研究成果や産業化戦略協議会の取り組みを紹介いたします。本シンポジウムを、革新的環境・エネルギー技術の開発推進や無機膜を活用した新しい技術の創出について、ご参加の皆様と共に深く考える機会としたいと存じます。

開催概要

日 時
2019年11月7日(木) 13:00~16:30
会 場
伊藤謝恩ホール(東京)
主 催
公益財団法人 地球環境産業技術研究機構(RITE)
共 催
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
後 援
経済産業省、一般財団法人 エネルギー総合工学研究所、公益社団法人 新化学技術推進協会、一般社団法人 水素供給利用技術協会、一般財団法人 石油エネルギー技術センター、一般社団法人 日本ガス協会、燃料電池実用化推進協議会
協 賛
一般財団法人 ファインセラミックスセンター、公益社団法人 化学工学会、日本膜学会
定 員
396名(定員になり次第、締め切らさせていただきます)
参加費
無料

プログラム

 

発表標題をクリックすると講演資料(発表スライド)をご覧いただけます。

なお、無断転載は固くお断りします。

 

13:00 主催者挨拶
 地球環境産業技術研究機構 理事長  茅 陽一
 
13:05 来賓挨拶
 経済産業省 産業技術環境局 エネルギー・環境イノベーション戦略室長  梅原 徹也
 
13:10 基調講演
エネルギー・環境イノベーションへの期待と展望
 地球環境産業技術研究機構 副理事長・研究所長  山地 憲治
 
13:40 講演1
水素・炭化水素・二酸化炭素に関連した固体触媒プロセスと膜応用の可能性
 早稲田大学理工学術院 先進理工学部 応用化学科 教授  関根 泰
 
14:10 講演2
メタネーションおよびCO2分離回収との統合に関する研究開発
 名古屋大学大学院工学研究科 化学システム工学専攻 教授  則永 行庸
 
14:40 休憩
 
14:55 講演3
低炭素化に向けたPower to Gas・メタネーションの役割
 日本エネルギー経済研究所 電力・新エネルギーユニット 新エネルギーグループ
 グループマネージャー 研究主幹  柴田 善朗
 
15:25 講演4
DDR型ゼオライト膜プロセスによるCO2分離への取り組み
 日揮グローバル株式会社 オイル&ガスプロジェクトカンパニー 技術イノベーションセンター
 グループリーダー  近松 伸康
 
15:55 活動報告「無機膜研究センターの研究成果と今後の計画
 地球環境産業技術研究機構 無機膜研究センター長  中尾 真一
 
16:25 閉会挨拶
 地球環境産業技術研究機構 専務理事  本庄 孝志

 

※開催案内のリーフレットはこちらからご覧いただけます。

最新情報一覧

プレスリリース Press releases

イベント情報 Events

公募情報 Public offerings

採用情報 Recruitments

ISO/TC265関連

特許紹介

メールマガジンサービス

ご希望の情報が更新されましたらメールにてお届けいたします。

賛助会員の募集について

ページの先頭へ