Home > イベント情報 > 未来を拓く無機膜環境・エネルギー技術シンポジウム(2017年11月7日開催)

イベント情報

申込受付中

未来を拓く無機膜環境・エネルギー技術シンポジウム(2017年11月7日開催)

 当機構は、水素社会の構築や、産業分野での抜本的な省エネルギーに寄与すると期待される「無機膜を用いた革新的環境・エネルギー技術」に関する標記のシンポジウムを11月7日に開催いたします。本シンポジウムでは、当機構が昨年4月に設立した「無機膜研究センター」における最新の研究成果や産業化の取り組みについて報告するとともに、第一線の研究者、経済産業省、企業経営層の方々による講演やパネルディカッションを通して、無機膜を用いた革新的環境・エネルギー技術の実用化・産業化の展望について考えます。

※無機膜:シリカ、ゼオライト、パラジウムなどセラミックや金属を材料とした物質を分離する薄膜。有機高分子系と比較して優れた分離性能、耐久性・耐熱性等を有している。

開催概要

日 時
2017年11月7日(火) 13:00~17:30
会 場
伊藤謝恩ホール(東京)
主 催
公益財団法人 地球環境産業技術研究機構(RITE)
後 援
経済産業省、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構、一般財団法人 エネルギー総合工学研究所、公益社団法人 新化学技術推進協会、一般社団法人 水素供給利用技術協会、一般財団法人 石油エネルギー技術センター、一般社団法人 日本ガス協会、燃料電池実用化推進協議会(予定)
協 賛
一般財団法人 ファインセラミックスセンター、公益社団法人 化学工学会、日本膜学会(予定)
定 員
400名(定員になり次第、締め切らさせていただきます)
参加費
無料

プログラム

 

13:00 主催者挨拶
 地球環境産業技術研究機構 理事長  茅 陽一
 
13:05 来賓挨拶
 経済産業省 製造産業局 審議官  及川 洋
 
13:10 基調講演
エネルギー環境戦略におけるイノベーションの役割
 地球環境産業技術研究機構 理事・研究所長  山地 憲治
 
13:40 特別講演1
膜分離プロセスの最新動向と今後の展望(仮題)
 早稲田大学 教授  松方 正彦
 
14:25 特別講演2
来るべき水素社会と無機膜への期待(仮題)
 東京工業大学 特命教授  岡崎 健
 
15:10 休憩
 
15:25 活動報告「無機膜研究センターの研究成果と今後の計画」
 地球環境産業技術研究機構 無機膜研究センター長  中尾 真一
 
16:05 パネルディスカッション
「無機膜を用いた革新的環境・エネルギー技術の産業化に向けて
 ~無機膜研究センター・産業化戦略協議会の意義~」

プレゼンテーション:
 「無機膜研究センター・産業化戦略協議会の概要と活動」
 大阪ガス株式会社 顧問 久德 博文(産業化戦略協議会会長)

コーディネーター:
 大阪ガス株式会社 顧問 久德 博文(産業化戦略協議会会長)

パネリスト:
  •  ・経済産業省 素材産業課 革新素材室長 沼舘 建
  •  ・公益財団法人地球環境産業技術研究機構 無機膜研究センター長 中尾 真一
  •  ・日立造船株式会社 常務取締役 事業企画・技術開発本部長 白木 敏之
      (産業化戦略協議会・CO2分離研究会長)
  •  ・千代田化工建設株式会社 参与 プロジェクト開発事業本部長代行 細野 恭生
      (産業化戦略協議会・水素製造研究会長)
  •  ・日揮株式会社 常務執行役員 プロセス技術本部長 保田 隆
      (産業化戦略協議会・共通基盤研究会長)
 
17:20 閉会挨拶
 地球環境産業技術研究機構 専務理事  本庄 孝志

 

※開催案内のリーフレットはこちらからご覧いただけます。

申込み内容をご記入ください。

※「かぶしきがいしゃ」、「か)」等は不要です。

※携帯・PHSからの登録はできません

今後の関連情報案内およびメールマガジンの送付

DMや電子メールなどの手段により、当機構開催のシンポジウムの案内や、メールマガジンをお送りいたします。送付を希望されない場合は、次にチェックをしてください。

最新情報一覧

プレスリリース Press releases

イベント情報 Events

公募情報 Public offerings

採用情報 Recruitments

ISO/TC265関連

特許紹介

メールマガジンサービス

ご希望の情報が更新されましたらメールにてお届けいたします。

賛助会員の募集について

ページの先頭へ