業績一覧

シリカ膜

対向拡散CVD法によるシリカ膜の開発

対向拡散CVD(Chemical vapor deposition)法を用いて、ガス分離用シリカ膜の開発を行っています。この手法には高品質のシリカ膜が高い再現性で得られる特長を有しています。また、得られたシリカ膜を用いてメンブレンリアクター(膜反応器)の実用化に向けた開発を進めています。

ゼオライト膜

高性能ゼオライト膜の開発

ゼオライトの均一細孔は分子の分離場として活用でき、分離対象に合わせてゼオライト種を選定することで、様々な混合流体から目的成分を分離することができます。無機膜研究センターでは、各種ゼオライトの分離膜化を検討しており、実用可能な高性能ゼオライト膜の開発に取り組んでいます。

パラジウム膜

細孔内充填型パラジウム膜の開発

パラジウムは水素を吸蔵する金属の一つとして知られており、膜化することによって水素分離膜として利用できます。無機膜研究センターでは、多孔質支持体内部にパラジウム層を形成させた細孔内充填型パラジウム膜を開発しており、メンブレンリアクターへの適用性評価を行っています。

システム計算

各種シミュレーションを駆使した膜分離システムの開発

膜透過計算によるプロセス設計、量子化学計算による膜構造予測、分子透過シミュレーションによる拡散機構解析などを行っています。各種シミュレーション結果と実験結果を照合することによって技術課題を抽出・フィードバックし、最適な膜分離システムを提案します。