グループメンバー

CO2貯留研究グループ HOME

グループメンバー

伊藤 拓馬

伊藤 拓馬

伊藤 拓馬

役職

研究員

専門分野

堆積学、環境地質学、第四紀学

担当研究分野

地質特性解析、三次元地質モデル構築

研究概要

堆積学の手法を用いた地質特性解析と三次元地質モデル構築を主に担当しています

職歴

長野市立博物館、(独)産業技術総合研究所を経て2013年より現職

所属学会

・日本堆積学会
・日本地質学会
・日本第四紀学会
・日本地球惑星科学連合

主要業績

  • ・Sho Kimura, Hiroaki Kaneko, Takuma Ito, and Hideki Minagawa, in press, The effect of effective normal stress on particle breakage, porosity and permeability of sand: Evaluations of faults around methane hydrate reservoirs. Tectonophysics.
  • Takuma Ito, 2013, Preservation potential of seasonal laminated deposits as a useful tool for environmental analysis in mesotrophic Lake Kizaki, central Japan. Journal of Asian Earth Sciences, 73, 139-148.
  • 伊藤拓馬,皆川秀紀,2013,東部南海トラフ海域の堆積物に含まれるメタンハイドレートの分解に伴う選択的脱水とその意義.堆積学研究,72,3-12.
  • 伊藤拓馬,公文富士夫,2012,長野県,木崎湖の表層における陸源性砕屑物の粒度分布と堆積過程.堆積学研究,71,3-13.
  • Takuma Ito, Haruka Iwamoto, Koichi Kamiya, Takehiko Fukushima, and Fujio Kumon, 2010, Use of flood chronology for detailed environmental analysis: a case study of Lake Kizaki in the northern Japanese Alps, central Japan. Environmental Earth Sciences, 60, 1607-1618.
  • 伊藤拓馬,谷澤新司,公文富士夫,飯島耕一,坂本竜彦,2010,長野市南部,更新世後期高野層の化学組成からみた約14~4万年前の珪藻生産性とその規制要因,第四紀研究,49,369-382.

グループメンバー一覧へ

Back to PageTop