CO2貯留研究グループの説明

CO2貯留研究グループ HOME

CO2貯留研究グループの説明

二酸化炭素回収・貯留(CCS:Carbon dioxide Capture and Storage)は地球温暖化対策の重要な選択肢の一つとして注目されており、2050年に温室効果ガスを半減させるためには、CCSが約2割の削減分を担うと期待されています。
私たちCO2貯留研究グループでは、CCS技術の実用化に向けて、大規模発生源などから分離回収したCO2を地下深部の塩水性帯水層に長期的に安定かつ安全に貯留するための研究(安全性評価技術研究開発)や国際機関との連携などに取り組んでおります。

CCS安全性評価への取り組み

国際機関との連携

これまでのプロジェクトと業績

Back to PageTop