プロジェクト

COURSE50 Step2

化学研究グループ吸収液分野では、COURSE50プロジェクト(環境調和型製鉄プロセス技術開発プロジェクト:2008~2012年度)に参加し、二酸化炭素(CO2)分離・回収・貯留(CCS)コストの削減に向けた高性能な新規化学吸収液の開発を行ってきました。 その結果、目標とした吸収液の分離・回収エネルギー2.0 GJ/t-CO2を達成するとともに、これまで120℃を必要としていた吸収液からのCO2回収温度(放散温度)を100℃以下で可能とする画期的な吸収液を見出し、開発することに成功しました。COURSE50における高性能化学吸収液の開発成果については、民間企業での採用が決定しています。

また、それに引き続き、2013年度からCOURSE50プロジェクトStep2(2013年度から5ヵ年)に参加し、CCSにおけるCO2分離・回収コストを一層低減する革新的な高性能化学吸収液の開発に取り組んでいます。
http://www.jisf.or.jp/course50/index.html

 

CAT-LAB   CAT-1   CAT-30
CAT-LAB   CAT-1   CAT-30

Back to PageTop