業績一覧

  1. バイオ研究グループ HOME>
  2. 業績一覧>
  3. 学会発表

学会発表

2017年

  • 1「非可食バイオマスからの高効率バイオ水素生産」
    BioJapan組織委員会 / 2017年10月12日, 横浜, BioJapan 2017
    寺本 陽彦, 乾 将行
  • 2「非可食バイオマスからのバイオ燃料ブタノールの製造」
    BioJapan組織委員会 / 2017年10月12日, 横浜, BioJapan 2017
    平賀 和三, 乾 将行
  • 3「コリネ菌を用いた有用芳香族化合物の生産性向上による代謝解析技術の有効性検証」
    BioJapan組織委員会 / 2017年10月11-13日, 横浜, BioJapan 2017
    乾 将行, 平賀 和三, 須田 雅子, 豊田 晃一, 久保田 健
  • 4「コリネ型細菌を宿主とした制限修飾系を回避する効率的なDNAライブラリー構築法の開発」
    公益社団法人日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 / 2017年9月22日, 大阪, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部2017年度合同大阪大会
    長谷川 智, 城島 透, 乾 将行
  • 5「乳酸・コハク酸生産時におけるコリネ型細菌の耐熱性」
    日本生物工学会 / 2017年9月12-14日, 東京, 第69回日本生物工学会大会
    水野 光, 柘植 陽太, 仁宮 一章, 乾 将行, 近藤 昭彦, 高橋 憲司
  • 6「遺伝子組換え紅色非硫黄細菌による酢酸からの高効率バイオ水素生産プロセスの研究開発」
    日本生物工学会 / 2017年9月12-14日, 東京, 第69回日本生物工学会大会
    清水 哲, 寺本 陽彦, 乾 将行
  • 7「遺伝子組換え大腸菌を利用したセルロース系バイオマスからの高効率バイオ水素生産技術の研究開発」
    日本生物工学会 / 2017年9月12-14日, 東京, 第69回日本生物工学会大会
    寺本 陽彦, 須田 雅子, 乾 将行
  • 8「芳香族化合物生産のための基盤技術開発」
    神戸大学 / 2017年3月30日, 神戸, NEDOスマートセルプロジェクト全体会議
    久保田 健, 乾 将行
  • 9「コリネ型細菌におけるアスパラギン酸生合成酵素の機能解析と遺伝子発現解析」
    日本農芸化学会 / 2017年3月20日, 京都, 日本農芸化学会2017年度大会
    土門 晃大, 福井 郁美, 須田 雅子, 西村 拓, 平賀 和三, 乾 将行
  • 10「コリネ型細菌における芳香族化合物に対するストレス耐性機構の解析」
    日本農芸化学会 / 2017年3月20日, 京都, 日本農芸化学会2017年度大会
    小倉 崚司, 久保田 健, 乾 将行
  • 11C. glutamicumのグルコキナーゼ遺伝子の機能解析」
    日本農芸化学会 / 2017年3月20日, 京都, 日本農芸化学会2017年度大会
    塚田 悠太, 小暮 高久, 乾 将行
  • 12「アラビノキシラン利用能を有するコリネ型細菌の創製」
    日本農芸化学会 / 2017年3月20日, 京都, 日本農芸化学会2017年度大会
    久下 貴之, 渡邉 彰, 長谷川 智, 寺本 陽彦, 乾 将行
  • 13「コリネ型細菌における転写終結因子Rhoの発現制御」
    日本農芸化学会 / 2017年3月20日, 京都, 日本農芸化学会2017年度大会
    田中 裕也, 竹本 訓彦, 山本 祐司, 乾 将行
  • 14Corynebacterium glutamicumにおける転写終結因子RhoとRNase E/Gによるゲノムワイドなantisense RNAの産生抑制」
    2017年3月2-4日, 神奈川, 第11回日本ゲノム微生物学会年会
    竹本 訓彦, 田中 裕也, 秋山 徹, 前田 智也, 濱本 渚、乾 将行
  • 15「代謝改変コリネ型細菌による抗インフルエンザ薬原料シキミ酸の高生産」
    日本エネルギー学会, バイオマス部会 / 2017年1月18-19日, 東京, 第12回バイオマス科学会議
    小暮 高久, 久保田 健, 須田 雅子, 平賀 和三, 乾 将行
  • 16「コリネ型細菌によるパラアミノ安息香酸の生産とその際に生じる副生成物の同定」
    日本エネルギー学会, バイオマス部会 / 2017年1月18-19日, 東京, 第12回バイオマス科学会議
    久保田 健, 渡邉 彰, 須田 雅子, 小暮 高久, 平賀 和三, 乾 将行

2016年

  • 1「Development of Manufacturing Process for Bio-mass Derived Phenol」
    The Society of Polymer Science, Japan / 2016年12月13日, 福岡, The 11th SPSJ International Polymer Conferences 2016 (IPC2016)
    Takanobu Masuda, Hiroyuki Miyauchi, Kazumi Hiraga and Masayuki Inui.
  • 2「FMN-riboswitchによるRNaseと転写終結因子Rhoを介した遺伝子発現制御」
    日本分子生物学会 / 2016年12月1日, 横浜, 第39回日本分子生物学会年会
    竹本 訓彦, 渡邊 真弥, 田中 裕也, 乾 将行, 秋山 徹
  • 3「Overpoduction of para-aminobenzoate using metabolically engineered Corynebacterium glutamicum
    Chinese Society for Microbiology, Wuhan University, Wuhan Institute of Biotechnology / 2016年10月, Wuhan, The 13th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganisms (GIM2016)
    Takeshi Kubota, Akira Watanabe, Masako Suda, Takahisa Kogure, Kazumi Hiraga and Masayuki Inui.
  • 4「Metabolic engineering for shikimate overproduction by Corynebacterium glutamicum with mixed sugar utilizing ability」
    Chinese Society for Microbiology, Wuhan University, Wuhan Institute of Biotechnology / 2016年10月, Wuhan, The 13th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganisms (GIM2016)
    Takahisa Kogure, Takeshi Kubota, Masako Suda, Kazumi Hiraga and Masayuki Inui.
  • 5「Aerobic quinol oxidation pathways in Corynebacterium glutamicum are under the control of the extracytoplasmic function σ factor σC
    Chinese Society for Microbiology, Wuhan University, Wuhan Institute of Biotechnology / 2016年10月, Wuhan, The 13th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganisms (GIM2016)
    Koichi Toyoda and Masayuki Inui.
  • 6「高付加価値物質生産への挑戦:芳香族化合物」
    BioJapan組織委員会 / 2016年10月13日, 横浜, BioJapan2016
    久保田 健
  • 7「抗インフルエンザ薬原料「シキミ酸」の高生産」
    BioJapan組織委員会 / 2016年10月13日, 横浜, BioJapan2016
    小暮 高久
  • 8「RITEバイオプロセスによるバイオマス由来フェノール生産の実用化開発」
    BioJapan組織委員会 / 2016年10月13日, 横浜, BioJapan2016
    北出 幸広
  • 9「RITEバイオプロセスの優位性とその事業化」
    BioJapan組織委員会 / 2016年10月13日, 横浜, BioJapan2016
    加藤 直人
  • 10「コリネ型細菌によるパラアミノ安息香酸の高生産」
    日本生物工学会 / 2016年9月, 富山, 日本生物工学会平成28年度大会
    久保田 健, 渡邉 彰, 須田 雅子, 小暮 高久, 平賀 和三, 乾 将行
  • 11「コリネ型細菌における乳酸デヒドロゲナーゼ遺伝子ldhAの発現制御機構の解析」
    日本生物工学会 / 2016年9月, 富山, 日本生物工学会平成28年度大会
    豊田 晃一, 乾 将行
  • 12「酸素抑制条件下におけるコリネ型細菌の糖消費速度と細胞内酸化還元レベルの相関」
    日本生物工学会 / 2016年9月, 富山, 日本生物工学会平成28年度大会
    柘植 陽太, 植松 君夫, 山本 省吾, 須田 雅子, 乾 将行
  • 13「コリネ型細菌における糖消費速度の大幅な向上をもたらすpfkB1破壊の解析と物質生産への応用」
    日本農芸化学会 / 2016年3月, 札幌, 日本農芸化学会2016年度大会
    長谷川 智, 田中 裕也, 須田 雅子, 城島 透, 乾 将行
  • 14「コリネ型細菌による4-ヒドロキシ安息香酸の高生産」
    日本農芸化学会 / 2016年3月, 札幌, 日本農芸化学会2016年度大会
    平賀 和三, 橋本 龍馬, 北出 幸広, 須田 雅子, 乾 将行
  • 15「コリネ型細菌由来phenol 2-monooxygenaseの機能解析」
    日本農芸化学会 / 2016年3月, 札幌, 日本農芸化学会2016年度大会
    前田 淳哉, 平賀 和三, 久保田 健, 乾 将行
  • 16「アラビノキシラン利用コリネ型細菌の構築」
    日本農芸化学会 / 2016年3月, 札幌, 日本農芸化学会2016年度大会
    久下 貴之, 渡邉 彰, 寺本 陽彦, 乾 将行
  • 17「コリネ型細菌におけるピリミジン新規合成経路遺伝子の発現制御解析」
    日本農芸化学会 / 2016年3月, 札幌, 日本農芸化学会2016年度大会
    田中 裕也, 寺本 陽彦, 乾 将行
  • 18「コリネ型細菌におけるRNase J遺伝子及びRNase E/G遺伝子の発現解析」
    日本農芸化学会 / 2016年3月, 札幌, 日本農芸化学会2016年度大会
    濱本 渚, 田中 裕也, 竹本 訓彦, 前田 智也, 乾 将行
  • 19「Adaptive Laboratory Evolutionによるコリネ型細菌高温耐性株の育種」
    日本農芸化学会 / 2016年3月, 札幌, 日本農芸化学会2016年度大会
    生出 伸一, 郡司 渉, 茂木 康弘, 山本 省吾, 須田 雅子, 城島 透, 湯川 英明, 乾 将行
  • 20「コリネ型細菌におけるECFシグマ因子σ Cのレギュロンの同定」
    日本農芸化学会 / 2016年3月, 札幌, 日本農芸化学会2016年度大会
    豊田 晃一, 乾 将行
  • 21「RiboswitchによるRNA分解を介した遺伝子発現制御」
    日本細菌学会 / 2016年3月, 大阪, 第89回日本細菌学会総会
    竹本 訓彦, 渡邊 真弥, 田中 裕也, 乾 将行, 秋山 徹

2015年

  • 1Corynebacterium glutamicumにおける転写終結因子RhoとRNase E/Gによる不要なantisense RNAの産生抑制」
    日本分子学会 / 2015年12月, 神戸, 第38回日本分子生物学会年会
    竹本 訓彦, 田中 裕也, 前田 智也, 濱本 渚, 乾 将行
  • 2「Transcriptional regulation of L-arabinose utilization genes in Corynebacterium glutamicum
    Formatex Research Center / 2015年10月, Spain, BioMicroWorld 2015
    Takayuki Kuge, Haruhiko Teramoto and Masayuki Inui.
  • 3「FMN-riboswitchによるRNaseと転写終結因子Rhoを介した遺伝子発現制御」
    日本ゲノム微生物学会若手の会 / 2015年9月, 東京, 第9回日本ゲノム微生物学会若手の会研究会
    竹本 訓彦, 田中 裕也, 渡邊 真弥, 秋山 徹, 乾 将行
  • 4「コリネ型細菌におけるRNase Jによるリジン生合成経路遺伝子の発現制御解析」
    日本農芸化学会 / 2015年3月, 岡山, 日本農芸化学会2015年度大会
    濱本 渚, 田中 裕也, 竹本 訓彦, 乾 将行
  • 5「コリネ型細菌RNase IIIによる細胞分裂制御」
    日本農芸化学会/ 2015年3月, 岡山, 日本農芸化学会2015年度大会
    前田 智也, 田中 裕也, 竹本 訓彦, 乾 将行
  • 6「コリネ型細菌における転写因子AraRによるアラビノース応答制御機構」
    日本農芸化学会 / 2015年3月, 岡山, 日本農芸化学会2015年度大会
    久下 貴之, 寺本 陽彦, 乾 将行
  • 7「コリネ型細菌におけるECFシグマ因子SigEのイソブタノール応答性発現制御機構」
    日本農芸化学会 / 2015年3月, 岡山, 日本農芸化学会2015年度大会
    辻本 敏博, 豊田 晃一, 寺本 陽彦, 乾 将行
  • 8「コリネ型細菌による1,3-ジヒドロキシアセトンを介したグリセロール生成経路の同定」
    日本農芸化学会 / 2015年3月、岡山、日本農芸化学会2015年度大会
    城島 透, 猪狩 尊史, 郡司 渉, 茂木 康浩, 須田 雅子, 湯川 英明, 乾 将行
  • 9「コリネ型細菌による芳香族化合物前駆体シキミ酸の高生産」
    日本農芸化学会 / 2015年3月, 岡山, 日本農芸化学会2015年度大会
    小暮 高久, 須田 雅子, 平賀 和三, 乾 将行
  • 10「コリネ型細菌が有するシキミ酸トランスポーターの同定とその発現制御解析」
    日本農芸化学会 / 2015年3月, 岡山, 日本農芸化学会2015年度大会
    久保田 健, 田中 裕也, 竹本 訓彦, 平賀 和三, 湯川 英明, 乾 将行
  • 11Corynebacterium alkanolyticum由来キシロシダーゼとキシロオリゴ糖トランスポーターの機能解析」
    日本農芸化学会 / 2015年3月, 岡山, 日本農芸化学会2015年度大会
    渡邉 彰, 平賀 和三, 須田 雅子, 湯川 英明, 乾 将行

2014年

  • 1「Effects of isobutanol on expression of the tryptophan operon in Corynebacterium glutamicum
    Biotechnology Industry Organization / 2014年12月, San Diego, Pacific Rim Summit on Industrial Biotechnology and Bioenergy
    Toshihiro Tsujimoto, Koichi Toyoda, Haruhiko Teramoto and Masayuki Inui.
  • 2「コリネ型細菌における損傷乗り越え合成機構の解明」
    日本分子生物学会 / 2014年11月, 横浜, 第37回日本分子生物学会年会プログラム, p.280
    田中 佑樹, 原 裕貴, 小川 昌規, 乾 将行
  • 3Corynebacterium glutamicumのFMN-riboswitchによるRNA分解酵素と転写終結因子Rhoを介した遺伝子発現制御」
    日本分子生物学会 / 2014年11月, 横浜, 第37回日本分子生物学会年会プログラム, p.134
    竹本 訓彦, 田中 裕也, 乾 将行
  • 4「コリネ型細菌におけるRNase Zの機能解析」
    日本分子生物学会 / 2014年11月, 横浜, 第37回日本分子生物学会年会プログラム, p.134
    杉本 悠太, 前田 智也, 田中 裕也, 乾 将行
  • 5「コリネ型細菌におけるRNaseJ遺伝子の発現制御解析」
    日本分子生物学会 / 2014年11月, 横浜, 第37回日本分子生物学会年会プログラム, p.134
    濱本 渚, 田中 裕也, 竹本 訓彦, 乾 将行
  • 6「コリネ型細菌におけるキナ酸・シキミ酸代謝経路のコリスミ酸による発現制御」
    日本農芸化学会 / 2014年3月, 神奈川, 日本農芸化学会2014年度大会
    久保田 健, 田中 裕也, 竹本 訓彦, 渡邉 彰, 平賀 和三, 乾 将行, 湯川 英明
  • 7「コリネ型細菌におけるRNaseJ遺伝子の発現制御解析」
    日本農芸化学会 / 2014年3月, 神奈川, 日本農芸化学会2014年度大会
    濱本 渚, 田中 裕也, 竹本 訓彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 8「コリネ型細菌Riboflavin transporter遺伝子のFMN-riboswitchによるRNA分解を介した発現制御」
    日本農芸化学会 / 2014年3月, 神奈川, 日本農芸化学会2014年度大会
    竹本 訓彦, 田中 裕也, 乾 将行, 湯川 英明
  • 9「コリネ型細菌における転写因子GntR1の標的遺伝子探索と発現解析」
    日本農芸化学会 / 2014年3月, 神奈川, 日本農芸化学会2014年度大会
    田中 裕也, 伊藤 輝二, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 10「コリネ型細菌における転写因子OxyRによるレドックス応答制御機構」
    日本農芸化学会 / 2014年3月, 神奈川, 日本農芸化学会2014年度大会
    寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 11「コリネ型細菌のECFシグマ因子SigHのレギュロンの同定」
    日本農芸化学会 / 2014年3月, 神奈川, 日本農芸化学会2014年度大会
    豊田 晃一, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 12「イソブタノールストレスが及ぼすコリネ型細菌のトリプトファン生合成遺伝子の発現への影響」
    日本農芸化学会 / 2014年3月, 神奈川, 日本農芸化学会2014年度大会
    辻本 敏博, 豊田 晃一, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 13「コリネ型細菌ArnRによる硝酸還元酵素およびフラボヘモグロビン遺伝子のNO応答制御機構」
    日本農芸化学会 / 2014年3月, 神奈川, 日本農芸化学会2014年度大会
    西村 拓, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 14「コリネ型細菌におけるアラビノース応答性転写因子AraRの制御機構の解明」
    日本農芸化学会 / 2014年3月, 神奈川, 日本農芸化学会2014年度大会
    久下 貴之, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明

2013年

  • 1「遺伝子組換えコリネ型細菌によるイソブタノール生産」
    日本農芸化学会 / 2013年3月, 仙台, 日本農芸化学会2013年度大会
    山本 省吾, 須田 雅子, 新美 聡子, 乾 将行, 湯川 英明
  • 2「RITEバイオプロセスによるバリン生産; 収率の改善 および非可食バイオマスからの生産の試み」
    日本農芸化学会 / 2013年3月, 仙台, 日本農芸化学会2013年度大会
    長谷川 智, 須田 雅子, 平賀 和三, 城島 透, Nancy Dowe, Daniel J. Schell, Ling Tao, John H. Ashworth, 乾 将行, 湯川 英明
  • 3「RITEバイオプロセスによる非可食バイオマス由来混合糖からのD-乳酸生成」
    日本農芸化学会 / 2013年3月, 仙台, 日本農芸化学会2013年度大会
    加藤 直人, 柘植 陽太, 須田 雅子, 城島 透, 乾 将行, 湯川 英明, Nancy Dowe, Daniel J. Schell, Ling Tao, John H. Ashworth.
  • 4「RITEバイオプロセスによる非可食バイオマス由来混合糖からのエタノール生成」
    日本農芸化学会 / 2013年3月, 仙台, 日本農芸化学会2013年度大会
    乾 将行, 城島 透, 信龍 亮志, 須田 雅子, 湯川 英明, 岡本 憲治, 郡司 貴浩, 岩田 孝弘, 藤澤 義和, Nancy Dowe, Daniel J. Schell, Ling Tao, John H. Ashworth.
  • 5「コリネ型細菌におけるプラスミドの構造不安定性に関わる遺伝子の同定」
    日本農芸化学会 / 2013年3月, 仙台, 日本農芸化学会2013年度大会
    北出 幸広, 沖野 祥平, 郡司 渉, 平賀 和三, 須田 雅子, 沖部 奈緒子, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 6「コリネ型細菌を利用した、アニリンを生成可能な脱炭酸酵素の探索と解析」
    日本農芸化学会 / 2013年3月, 仙台, 日本農芸化学会2013年度大会
    藤倉 慶太郎, 平賀 和三, 乾 将行, 湯川 英明
  • 7「コリネ型細菌が有する3種のシキミ酸デヒドロゲナーゼの機能解析」
    日本農芸化学会 / 2013年3月, 仙台, 日本農芸化学会2013年度大会
    久保田 健, 田中 裕也, 平賀 和三, 乾 将行, 湯川 英明
  • 8「コリネ型細菌Riboflavin transporter遺伝子の発現制御」
    日本農芸化学会 / 2013年3月, 仙台, 日本農芸化学会2013年度大会
    竹本 訓彦, 田中 裕也, 乾 将行, 湯川 英明
  • 9「コリネ型細菌おけるgnd遺伝子の発現制御解析」
    日本農芸化学会 / 2013年3月, 仙台, 日本農芸化学会2013年度大会
    田中 裕也, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 10「コリネ型細菌における亜鉛恒常性遺伝子の発現制御機構」
    日本農芸化学会 / 2013年3月, 仙台, 日本農芸化学会2013年度大会
    寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 11「コリネ型細菌におけるシグマ因子SigEを介した イソブタノールストレス応答」
    日本農芸化学会 / 2013年3月, 仙台, 日本農芸化学会2013年度大会
    辻本 敏博, 豊田 晃一, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 12「コリネ型細菌におけるアラビノース利用遺伝子の発現制御機構」
    日本農芸化学会 / 2013年3月, 仙台, 日本農芸化学会2013年度大会
    久下 貴之, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 13「コリネ型細菌における転写制御因子RamAの 発現制御機構」
    日本農芸化学会 / 2013年3月, 仙台, 日本農芸化学会2013年度大会
    豊田 晃一, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明

2012年

  • 1「コリネ型細菌におけるイソブタノールストレス応答機構のトランスクリプトーム解析」
    日本生物工学会 / 2012年10月, 神戸, 日本生物工学会創立90周年記念大会
    辻本 敏博, 豊田 晃一, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 2「コリネ型細菌におけるNAD de novo生合成オペロンの転写制御因子」
    日本農芸化学会 / 2012年3月, 京都, 日本農芸化学会2012年度大会
    寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 3「コリネ型細菌の嫌気硝酸呼吸条件下におけるSOS応答の役割」
    日本農芸化学会 / 2012年3月, 京都, 日本農芸化学会2012年度大会
    西村 拓, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 4「コリネ型細菌のグローバルレギュレーターGlxRの転写制御システムの解析」
    日本農芸化学会 / 2012年3月, 京都, 日本農芸化学会2012年度大会
    豊田 晃一, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 5「遺伝子組換えコリネ型細菌によるフェノール生産 II. 還元条件下におけるフェノール生成試験」
    日本農芸化学会 / 2012年3月, 京都, 日本農芸化学会2012年度大会
    山本 省吾, 須田 雅子, 渡辺 恵郎, 茂木 康浩, 平賀 和三, 乾 将行, 湯川 英明
  • 6「遺伝子組換えコリネ型細菌によるフェノール生産 I:フェノール生合成経路の代謝設計」
    日本農芸化学会 / 2012年3月, 京都, 日本農芸化学会2012年度大会
    須田 雅子, 山本 省吾, 郡司 渉, 茂木 康浩, 平賀 和三, 乾 将行, 湯川 英明
  • 7「コリネ型細菌における糖取り込み機構PTSの遺伝子発現制御」
    日本農芸化学会 / 2012年3月, 京都, 日本農芸化学会2012年度大会
    田中 裕也, 乾 将行, 湯川 英明

2011年

  • 1「Regulation of NAD de novo biosynthesis genes in Corynebacterium glutamicum
    Society for Industrial Microbiology / 2011年7月, New Orleans, SIM Annual Meeting Program 2011, p.162
    Haruhiko Teramoto, Masako Suda, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 2「Gene expression profiling of Corynebacterium glutamicum under anaerobic nitrate respiration」
    Society for Industrial Microbiology / 2011年7月, New Orleans, SIM Annual Meeting Program 2011, p.161
    Taku Nishimura, Haruhiko Teramoto, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 3「Genome-wide Identification of In Vivo Binding Sites of GlxR, A cAMP ReceptorProtein Homolog in Corynebacterium glutamicum
    American Society for Microbiology / 2011年5月, New Orleans, 111th General Meeting
    Koichi Toyoda, Haruhiko Teramoto, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 4「Mechanism of The Different Response of Two bgl-PTSGene Clusters to Glucose in Corynebacterium glutamicum R」
    American Society for Microbiology / 2011年5月, New Orleans, 111th General Meeting
    Yuya Tanaka, Haruhiko Teramoto, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 5「コリネ型細菌におけるプラスミドの構造不安定性に関する研究」
    日本農芸化学会 / 2011年3月, 京都, 日本農芸化学会2011年度大会講演要旨集, p.250
    北出 幸広, 沖野 祥平, 郡司 渉, 平賀 和三, 須田 雅子, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 6「コリネ型細菌由来pCGR2、pCG1プラスミドのコピー数制御機構」
    日本農芸化学会 / 2011年3月, 京都, 日本農芸化学会2011年度大会講演要旨集, p.250
    沖部 奈緒子, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 7「コリネ型細菌におけるNAD de novo生合成経路遺伝子群の発現制御機構」
    日本農芸化学会 / 2011年3月, 京都, 日本農芸化学会2011年度大会講演要旨集, p.250
    寺本 陽彦, 須田 雅子, 乾 将行, 湯川 英明
  • 8「コリネ型細菌における硝酸呼吸遺伝子の転写因子ArnRの活性調節機構」
    日本農芸化学会 / 2011年3月, 京都, 日本農芸化学会2011年度大会講演要旨集, p.250
    西村 拓, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 9「コリネ型細菌beta-グルコシドPTSのカタボライト抑制機構の解析」
    日本農芸化学会 / 2011年3月, 京都, 日本農芸化学会2011年度大会講演要旨集, p.250
    田中 裕也, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 10「コリネ型細菌におけるグローバルレギュレーターGlxRの機能解析」
    日本農芸化学会 / 2011年3月, 京都, 日本農芸化学会2011年度大会講演要旨集, p.250
    豊田 晃一, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明

2010年

  • 1「Identification of a second beta-glucoside phosphoenolpyruvate, carbohydrate phosphotransferase system in Corynebacterium glutamicum R」
    Society for Industrial Microbiology / 2010年8月, San Francisco, SIM Annual Meeting Program 2010, p.133
    Yuya Tanaka, Haruhiko Teramoto, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 2「Involvement of L-lactate-responsive transcriptional regulator LldR in controlling of expression of the ldhA gene encoding L-lactate dehydrogenase in Corynebacterium glutamicum
    Society for Industrial Microbiology / 2010年8月, San Francisco, SIM Annual Meeting Program 2010, p.132
    Koichi Toyoda, Haruhiko Teramoto, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 3「コリネ型細菌における効率的な染色体導入のための温度感受性プラスミドの開発」
    日本農芸化学会 / 2010年3月, 東京, 日本農芸化学会2010年度大会講演要旨集, p.206
    沖部 奈緒子, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 4「コリネ型細菌におけるcAMP結合性転写調節因子GlxRによる硝酸呼吸の発現制御」
    日本農芸化学会 / 2010年3月, 東京, 日本農芸化学会2010年度大会講演要旨集, p.206
    西村 拓, 寺本 陽彦, 豊田 晃一, 乾 将行, 湯川 英明
  • 5「コリネ型細菌における乳酸デヒドロゲナーゼ遺伝子の発現制御機構」
    日本農芸化学会 / 2010年3月, 東京, 日本農芸化学会2010年度大会講演要旨集, p.206
    豊田 晃一, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 6「コリネ型細菌beta-グルコシドPTSの解析」
    日本農芸化学会 / 2010年3月, 東京, 日本農芸化学会2010年度大会講演要旨集, p.206
    田中 裕也, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 7「コリネ型細菌を用いた還元条件下における効率的バリン生産」
    日本農芸化学会 / 2010年3月, 東京, 日本農芸化学会2010年度大会講演要旨集, p.203
    長谷川 智, 平賀 和三, 乾 将行, 湯川 英明
  • 8「組換えコリネ型細菌によるバイオマス由来混合糖の完全同時利用」
    日本農芸化学会 / 2010年3月, 東京, 日本農芸化学会2010年度大会講演要旨集, p.203
    佐々木 美穂, 城島 透, 乾 将行, 湯川 英明
  • 9「還元条件下におけるコリネバクテリウム近縁種の糖代謝解析」
    日本農芸化学会 / 2010年3月, 東京, 日本農芸化学会2010年度大会講演要旨集, p.203
    山本 省吾, 坂井 斉之, 乾 将行, 湯川 英明

2009年

  • 1「Search for transporters involved in C4-dicarboxylates utilization in Corynebacterium glutamicum
    Society for Industrial Microbiology / 2009年7月, Toronto, SIM Annual Meeting Program 2009, p.144
    Haruhiko Teramoto, Tomokazu Shirai, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 2「Transcriptional regulation of the ldhA gene encoding L-lactate dehydrogenase in Corynebacterium glutamicum
    Society for Industrial Microbiology / 2009年7月, Toronto, SIM Annual Meeting Program 2009, p.144
    Koichi Toyoda, Haruhiko Teramoto, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 3「Genome-Wide Systematic Screening of Signal Peptides from Corynebacterium glutamicum
    American Society for Microbiology / 2009年5月, Philadelphia, 109th General Meeting
    Keiro Watanabe, Yoshiki Tsuchida, Naoko Okibe, Haruhiko Teramoto, Nobuaki Suzuki, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 4「Transcriptional Regulation of the gapA Gene Encoding Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase in Corynebacterium glutamicum
    American Society for Microbiology / 2009年5月, Philadelphia, 109th General Meeting
    Koichi Toyoda, Haruhiko Teramoto, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 5「Identification of Genes Involved in Cell Separation in Corynebacterium glutamicum
    American Society for Microbiology / 2009年5月, Philadelphia, 109th General Meeting
    Hidetaka Ogino, Yota Tsuge, Haruhiko Teramoto, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 6「コリネ型細菌における分泌シグナルの解析」
    日本農芸化学会 / 2009年3月, 福岡, 日本農芸化学会2009年度大会講演要旨集, p.266
    渡辺 恵郎, 土田 芳樹, 沖部 奈緒子, 寺本 陽彦, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 7「コリネ型細菌の細胞複製に関わる遺伝子の機能解析」
    日本農芸化学会 / 2009年3月, 福岡, 日本農芸化学会2009年度大会講演要旨集, p.265
    荻野 英賢, 柘植 陽太, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 8「コリネ型細菌の嫌気硝酸呼吸条件下におけるトランスクリプトーム解析」
    日本農芸化学会 / 2009年3月, 福岡, 日本農芸化学会2009年度大会講演要旨集, p.265
    西村 拓, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 9「コリネ型細菌の遺伝子発現制御におけるRNAポリメラーゼSigma因子の役割」
    日本農芸化学会 / 2009年3月, 福岡, 日本農芸化学会2009年度大会講演要旨集, p.265
    得平 茂樹, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 10「コリネ型細菌におけるGAPDH遺伝子の発現制御機構の解析」
    日本農芸化学会 / 2009年3月, 福岡, 日本農芸化学会2009年度大会講演要旨集, p.265
    豊田 晃一, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 11「コリネ型細菌におけるPTS遺伝子の機能および発現制御機構の解析」
    日本農芸化学会 / 2009年3月, 福岡, 日本農芸化学会2009年度大会講演要旨集, p.265
    田中 裕也, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 12「コリネ型細菌における誘導プロモーターの単離と解析」
    日本農芸化学会 / 2009年3月, 福岡, 日本農芸化学会2009年度大会講演要旨集, p.265
    沖部 奈緒子, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 13「コリネ型細菌におけるメチオニン合成系遺伝子群のプロモーター解析」
    日本農芸化学会 / 2009年3月, 福岡, 日本農芸化学会2009年度大会講演要旨集, p.265
    須田 雅子, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 14「RITEバイオプロセスシステムのメタボローム解析」
    日本農芸化学会 / 2009年3月, 福岡, 日本農芸化学会2009年度大会講演要旨集, p.95
    田島 誉久, 白井 智量, 沖野 祥平, 城島 透, 乾 将行, 湯川 英明
  • 15「RITEバイオプロセスによるバリン生産の試み」
    日本農芸化学会 / 2009年3月, 福岡, 日本農芸化学会2009年度大会講演要旨集, p.95
    長谷川 智, 城島 透, 乾 将行, 湯川 英明
  • 16「RITEバイオプロセスによるキシリトール生産」
    日本農芸化学会 / 2009年3月, 福岡, 日本農芸化学会2009年度大会講演要旨集, p.95
    城島 透, 佐々木 美穂, 乾 将行, 湯川 英明
  • 17「L-arabinose資化性コリネ型細菌の単離および代謝遺伝子の機能解析」
    日本農芸化学会 / 2009年3月, 福岡, 日本農芸化学会2009年度大会講演要旨集, p.95
    佐々木 美穂, 川口 秀夫, 城島 透, 乾 将行, 湯川 英明
  • 18Corynebacterium glutamicumにおけるRNAポリメラーゼSigma因子の機能解析」
    日本ゲノム微生物学会 / 2009年3月, 東京, 第3回日本ゲノム微生物学会年会要旨集, p.45
    得平 茂樹, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明

2008年

  • 1「コリネ型細菌における分泌シグナルの解析」
    日本生物工学会 / 2008年8月, 仙台, 日本生物工学会平成20年度大会要旨集, p.168
    渡辺 恵郎, 土田 芳樹, 沖部 奈緒子, 寺本 陽彦, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 2「脱ハロゲン化細菌Desulfitobacterium hafniense Y51株のトランスクリプトーム解析」
    日本生物工学会 / 2008年8月, 仙台, 日本生物工学会平成20年度大会要旨集, p.80
    彭 学, 山本 省吾, 稲富 健一, 乾 将行, 古川 謙介, 湯川 英明
  • 3「The Group 2 Sigma Factor SigB Positively Regulates Glucose Metabolism under Oxygen-deprived Conditions in Corynebacterium glutamicum
    Society for Industrial Microbiology / 2008年8月, San Diego, SIM Annual Meeting Program & Abstract, p.150
    Shigeki Ehira, Haruhiko Teramoto, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 4「Transcriptional Regulation of the narKGHJI Operon Involved in Nitrate Respiration System in Corynebacterium glutamicum
    Society for Industrial Microbiology / 2008年8月, San Diego, SIM Annual Meeting Program & Abstract, p.149
    Taku Nishimura, Haruhiko Teramoto, Alain A. Vertès, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 5「Transcriptional Regulation of the gapA Gene Encoding Glyceraldehyde-3-phosphate Dehydrogenase in Corynebacterium glutamicum R」
    Society for Industrial Microbiology / 2008年8月, San Diego, SIM Annual Meeting Program & Abstract, p.146
    Koichi Toyoda, Haruhiko Teramoto, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 6「未利用古紙からの酵素法による糖製造技術の開発」
    紙パルプ技術協会 / 2008年6月, 東京, 第75回紙パルプ研究発表会
    趙 雅蘋, 杉浦 純, 湯川 英明
  • 7「コリネ型細菌の細胞複製機構の解析」
    日本農芸化学会 / 2008年6月, 東京, 日本農芸化学会関東支部 2008年度若手企画研究会第7回微生物研究会
    荻野 英賢, 柘植 陽太, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 8「Regulation of Expression of Genes Encoding General Components of the Phosphoenolpyruvate: Carbohydrate Phosphotransferase System (PTS) in Corynebacterium glutamicum
    American Society for Microbiology / 2008年6月, Boston, 108th General Meeting
    Yuya Tanaka, Haruhiko Teramoto, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 9「Ethanol production from mixed sugars by genetically engineered Coyrnebacterium glutamicum
    石油天然ガス・金属鉱物資源機構 / 2008年5月, 千葉, Imperial College-東大, 早稲田学生交流会
    Hideo Kawaguchi, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 10「Production of isopropanol by metabolically-engineered Escherichia coli
    BIO, ACS, NABC, DOE / 2008年4月, Chicago, 5th Annual Program & Abstracts The World Congress on Industrial Biotechnology and Bioprocessing, p.20
    Toru Jojima, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 11「Expression of Clostridium acetobutylicum butanol synthetic genes in Escherichia coli
    BIO, ACS, NABC, DOE / 2008年4月, Chicago, 5th Annual Program & Abstracts The World Congress on Industrial Biotechnology and Bioprocessing, p.21
    Masako Suda, Sakurako Kimura, Kaori Yasuda, Hiroaki Suzuki, Hiroshi Toda, Shogo Yamamoto, Shohei Okino, Nobuaki Suzuki, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 12「コリネ型細菌における共通pts遺伝子の発現制御機構」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.92
    田中 裕也, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 13「コリネ型細菌におけるGAPDHの発現制御機構」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.92
    豊田 晃一, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 14「コリネ型細菌のnarKGHJIオペロンの発現を抑制する新規な転写調節因子ArnR」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.92
    西村 拓, 寺本 陽彦, Alain A. Vertès, 乾 将行, 湯川 英明
  • 15「酸素抑制条件下におけるコリネ型細菌の酢酸生成経路の解析」
    日本農芸化学会、2008年3月、名古屋、日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.94
    安田 佳織, 城島 透, 須田 雅子, 沖野 祥平, 乾 将行, 湯川 英明
  • 16「コリネ型細菌の細胞分離に関わる遺伝子群の解析」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.94
    荻野 英賢, 柘植 陽太, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 17「2Dゲル電気泳動法を用いたコリネ型細菌の分泌タンパク質の解析」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.94
    鈴木 伸昭, 渡辺 恵郎, 沖部 奈緒子, 乾 将行, 湯川 英明
  • 18「深度地下環境中の微生物相解析とCO2固定遺伝子の探索」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.95
    大森 彬史, 稲富 健一, 乾 将行, 湯川 英明
  • 19「コリネ型細菌の酸素抑制条件下における遺伝子発現解析」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.256
    須田 雅子, 沖野 祥平, 野中 寛, Laszlo G. Puskas, Alain A. Vertès,乾 将行, 湯川 英明
  • 20「コリネ型細菌におけるRNAポリメラーゼsigma因子の機能解析」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.256
    得平 茂樹, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 21「コリネ型細菌におけるメチオニン合成系遺伝子群の発現制御機構」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.256
    寺本 陽彦, 須田 雅子, 今宮 隆志, 乾 将行, 湯川 英明
  • 22「コリネ型細菌の新規プラスミドの研究1 高コピー数プラスミドの単離と解析」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.256
    木村 桜子, 土田 芳樹, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 23「コリネ型細菌の新規プラスミドの研究2 Large plasmidの単離と解析」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.256
    土田 芳樹, 木村 桜子, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 24「組換えコリネ型細菌によるソフトバイオマス由来混合糖の同時利用」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.267
    佐々木 美穂, 川口 秀夫, 城島 透, 乾 将行, 湯川 英明
  • 25「コリネ型細菌を用いたD-乳酸の生産」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.267
    沖野 祥平, 須田 雅子, 藤倉 慶太郎, 乾 将行, 湯川 英明
  • 26「嫌気性Clostridium属細菌が産生するセルロソームによるバイオマス分解」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.268
    塚本 晃, 荒井 隆益, 乾 将行, 湯川 英明
  • 27「RITEバイオプロセスによるアラニン生産株の育種」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.268
    藤井 美帆, 城島 透, 沖野 祥平, 乾 将行, 湯川 英明
  • 28「遺伝子組換え大腸菌によるイソプロパノールの生産」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.268
    城島 透, 乾 将行, 湯川 英明
  • 29「遺伝子組換え大腸菌によるブタノールの生産」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.268
    山本 省吾, 須田 雅子, 木村 桜子, 安田 佳織, 鈴木 宏昭, 戸田 弘, 沖野 祥平, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 30「ヒドロゲナーゼ遺伝子hydAの導入による高効率水素生成株の構築」
    日本農芸化学会 / 2008年3月, 名古屋, 日本農芸化学会2008年度大会講演要旨集, p.268
    太田 淳, 吉田 章人, 田島 誉久, 稲富 健一, 乾 将行, 湯川 英明

2007年

  • 1「Transcriptional profiling of Corynebacterium glutamicum metabolism during organic acid production under oxygen deprivation conditions」
    AIChE / 2007年11月, Salt Lake City, 2007 AIChE Annual Meeting, p.248
    Masako Suda, Shohei Okino, Hiroshi Nonaka, Laszlo G. Puskas, Alain A. Vertès, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 2「Analyses and suppression of acetate formation for development of efficient biorefining process by growth-arrested corynebacteria」
    AIChE / 2007年11月, Salt Lake City, 2007 AIChE Annual Meeting, p.249
    Kaori Yasuda, Toru Jojima, Masako Suda, Shohei Okino, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 3「コリネ型細菌におけるC4-ジカルボン酸輸送体の探索」
    日本生物工学会 / 2007年9月, 広島, 日本生物工学会平成19年度大会要旨集, p.117
    寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 4「組換えコリネ型細菌によるソフトバイオマス由来混合糖からの有機酸生産」
    日本生物工学会 / 2007年9月, 広島, 日本生物工学会平成19年度大会要旨集, p.215
    佐々木 美穂, 城島 透, 沖野 祥平, 乾 将行, 湯川 英明
  • 5「Efficient ethanol production from glucose and xylose mixture using growth-arrested Corynebacteria」
    American Chemical Society / 2007年8月, Boston, 234th ACS National Meeting & Exposition, p.112
    Shinsuke Sakai, Miho Sasaki, Masako Suda, Shohei Okino, Toru Jojima, Yoshiki Tsuchida, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 6「Production of D-lactic acid by the RITE bioprocess using genetically engineered Corynebacterium glutamicum
    American Chemical Society / 2007年8月, Boston, 234th ACS National Meeting & Exposition, p.78
    Shohei Okino, Masako Suda, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 7「Engineering of an L-arabinose metabolic pathway in Corynebacterium glutamicum
    American Chemical Society / 2007年8月, Boston, 234th ACS National Meeting & Exposition, p.75
    Miho Sasaki, Hideo Kawaguchi, Shohei Okino, Toru Jojima, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 8「Regulation of the Expression of Phosphoenolpyruvate: Carbohydrate Phosphotransferase System (PTS) Genes in Corynebacterium glutamicum R」
    American Society for Microbiology / 2007年5月, Toronto, 107th General Meeting
    Yuya Tanaka, Naoko Okai, Haruhiko Teramoto, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 9「Identification of a Novel SOS Inducible Cell-Division Inhibitor in Corynebacterium glutamicum
    American Society for Microbiology / 2007年5月, Toronto, 107th General Meeting
    Hidetaka Ogino, Haruhiko Teramoto, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 10「Anaerobic Growth of Corynebacterium glutamicum Using Nitrate as a Terminal Electron Acceptor」
    American Society for Microbiology / 2007年5月, Toronto, 107th General Meeting
    Taku Nishimura, Alain A. Vertès, Yoshifumi Shinoda, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 11「Improved ethanologenic Corynebacterium glutamicum strains for fuel ethanol production from lignocellulosic biomass」
    National Renewable Energy Laboratory / 2007年4月, Denver, The 29th Symposium on Biotechnology for Fuels and Chemicals Program & Abstracts, p.94
    Haruhiko Teramoto, Hideo Kawaguchi, Shohei Okino, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 12「高密度菌体による水素生成プロセスのためのFHLの効率的誘導」
    日本農芸化学会 / 2007年3月, 東京, 日本農芸化学会2007年度大会講演要旨集, p.42
    吉田 章人, 西村 拓, 川口 秀夫, 乾 将行, 湯川 英明
  • 13「コリネ型細菌を用いた混合糖類からのバイオエタノール生産プロセスの構築」
    日本農芸化学会 / 2007年3月, 東京, 日本農芸化学会2007年度大会講演要旨集, p.42
    酒井 伸介, 佐々木 美穂, 須田 雅子, 沖野 祥平, 川口 秀夫, 土田 芳樹,乾 将行, 湯川 英明
  • 14「コリネ型細菌におけるarabinose代謝経路の構築」
    日本農芸化学会 / 2007年3月, 東京, 日本農芸化学会2007年度大会講演要旨集, p.43
    川口 秀夫, 沖野 祥平, 乾 将行, 湯川 英明
  • 15「コリネ型細菌における人工セルロソームの発現・分泌の試み」
    日本農芸化学会 / 2007年3月, 東京, 日本農芸化学会2007年度大会講演要旨集, p.43
    沖部 奈緒子, 稲富 健一, 塚本 晃, 乾 将行, 湯川 英明
  • 16「コリネ型細菌におけるPTS遺伝子の発現解析」
    日本農芸化学会 / 2007年3月, 東京, 日本農芸化学会2007年度大会講演要旨集, p.48
    田中 裕也, 岡井 直子, 乾 将行, 湯川 英明
  • 17「SOS応答時におけるコリネ型細菌の細胞分裂阻害機構の解析」
    日本農芸化学会 / 2007年3月, 東京, 日本農芸化学会2007年度大会講演要旨集, p.48
    荻野 英賢, 寺本 陽彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 18「深度地下微生物生態系による二酸化炭素固定のための基盤技術の開発」
    日本農芸化学会 / 2007年3月, 東京, 日本農芸化学会2007年度大会講演要旨集, p.164
    大森 彬史, 稲富 健一, 乾 将行, 湯川 英明
  • 19「Ethanol Production from Mixed Sugars by Genetically Engineered Coyrnebacterium glutamicum
    BIO, ACS, NABC / 2007年3月, Orlando, The 4th Annual World Congress on Industrial Biotechnology and Bioprocessing
    Shohei Okino, Shinsuke Sakai, Hideo Kawaguchi, Miho Sasaki, Masako Suda, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.

2006年

  • 1「Identification of a New Gene Required for Cell Wall Separation in Corynebacterium glutamicum
    The American Society for Cell Biology / 2006年12月, San Diego, The American Society for Cell Biology 46th Annual Meeting Abstracts, p.129
    Yota Tsuge, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 2「Conversion of mixed sugars into ethanol by recombinant Corynebacterium glutamicum
    AIChE / 2006年11月, San Francisco, 2006 AIChE Annual Meeting, p.279
    Masayuki Inui, Hideo Kawaguchi, Shohei Okino, Masako Suda, Miho Sasaki, Alain A. Vertès and Hideaki Yukawa.
  • 3「Biorefining mixed sugars using high densities of growth-arrested corynebacteria」
    AIChE / 2006年11月, San Francisco, 2006 AIChE Annual Meeting, p.323
    Hideaki Yukawa, Masayuki Inui and Alain A. Vertès.
  • 4「Genome sequencing of dechlorinating bacterium Desulfitobacterium hafniense Y51 and development of its DNA microarray」
    2006年9月, Lake arrowhead, 14th International Microbial Genomics Conference
    Ken-ichi Inatomi, Shogo Yamamoto, Xue Peng, Hiroshi Nonaka, Masayuki Inui, Kensuke Furukawa and Hideaki Yukawa.
  • 5「Towards biorefineries and cellulosic ethanol or organic acids: Efficient production from mixed sugars by growth-arrested bioprocesses using Corynebacteria」
    American Chemical for Society / 2006年9月, San Francisco, 232nd ACS National Meeting
    Masayuki Inui, Shohei Okino, Masako Suda, Haruhiko Teramoto, Toru Jojima, Alain A. Vertès and Hideaki Yukawa.
  • 6「A Simple, Robust, and Economical Process for Biorefineries: Efficient Production of Ethanol and Organic Acids by Growth-Arrested Corynebacteria」
    Society for Industrial Microbiology / 2006年8月, Baltimore, SIM Annual Meeting Program & Abstracts, p.165
    Masayuki Inui, Shohei Okino, Masako Suda, Haruhiko Teramoto, Toru Jojima, Alain A. Vertès and Hideaki Yukawa.
  • 7「Regulation of Expression of Cellulosomes in Clostridium cellulovorans During Growth on Different Composition Biomass」
    BIO, ACS, NABC / 2006年7月, Toronto, The 3rd Annual World Congress on Industrial Biotechnology and Bioprocessing
    Sung Ok Han, Masayuki Inui, Roy H. Doi and Hideaki Yukawa.
  • 8「Oxygen-Deprived Bioprocesses for Biorefining Mixed Sugars using Growth-Arrested Corynebacteria」
    BIO, ACS, NABC / 2006年7月, Toronto, The 3rd Annual World Congress on Industrial Biotechnology and Bioprocessing Abstracts, p.58
    Masayuki Inui, Alain A. Vertès and Hideaki Yukawa.
  • 9「Genome engineering and analysis of Corynebacterium glutamicum
    Zentiva, IVAX, FEMS / 2006年6月, Prague, 10th International Congress onthe Genetics of Industrial Microorganisms book of abstracts, p.94
    Masayuki Inui, Nobuaki Suzuki, Yota Tsuge, Naoko Okai, Masako Suda, Alain A. Vertès and Hideaki Yukawa.
  • 10「Random Genome Deletion Studies of Corynebacterium glutamicum
    American Society for Microbiology / 2006年5月, Orlando, 106th General Meeting
    Yota Tsuge, Nobuaki Suzuki, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 11「Molecular Characterization of Microbial Communities in a Niigata Oil Well」
    American Society for Microbiology / 2006年5月, Orlando, 106th General Meeting
    Ken-ichi Inatomi, Sho Ishii, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 12「Succinic Acid Production by genetically modified Corynebacterium glutamicum under Oxygen-Deprivation」
    Oak Ridge National Laboratory / 2006年5月, Nashville, The 28th Symposium on Biotechnology for Fuels and Chemicals Program & Abstracts, p.175
    Shohei Okino, Alain A. Vertès, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 13「The growth-independence bioprocess for ethanol production using Corynebacterium glutamicum
    Oak Ridge National Laboratory / 2006年5月, Nashville, The 28th Symposium on Biotechnology for Fuels and Chemicals Program & Abstracts, p.59
    Masayuki Inui, Alain A. Vertès, Shohei Okino, Takashi Watanabe and Hideaki Yukawa
  • 14「Regulation of Expression of Cellulosomes in Clostridium cellulovorans During Growth on Different Carbon Sources」
    日本農芸化学会 / 2006年3月, 京都, 日本農芸化学会2006年度大会講演要旨集, p.262
    Sung Ok Han, 乾 将行, Roy H. Doi, 湯川 英明
  • 15「コリネ型細菌におけるxylose代謝経路の構築」
    日本農芸化学会 / 2006年3月, 京都, 日本農芸化学会2006年度大会講演要旨集, p.262
    川口 秀夫, 乾 将行, 湯川 英明
  • 16「FHL高発現大腸菌による蟻酸からの高速水素生成法」
    日本農芸化学会 / 2006年3月, 京都, 日本農芸化学会2006年度大会講演要旨集, p.262
    吉田 章人, 西村 拓, 川口 秀夫, 乾 将行, 湯川 英明
  • 17「超好熱始原菌Thermococcus kodakaraensis KOD1株由来の常温域における機能改良」
    日本農芸化学会 / 2006年3月, 京都, 日本農芸化学会2006年度大会講演要旨集, p.190
    吉田 昭介, 乾 将行, 湯川 英明, 富澤 健一, 跡見 晴幸, 今中 忠行
  • 18「変異lox配列を用いたコリネ型細菌ゲノムへの高効率遺伝子導入法」
    日本農芸化学会 / 2006年3月, 京都, 日本農芸化学会2006年度大会講演要旨集, p.120
    鈴木 伸昭, 沖野 祥平, 岡山 巧, 乾 将行, 湯川 英明
  • 19「コリネ型細菌のランダムゲノム削除株の作製及び解析」
    日本農芸化学会 / 2006年3月, 京都, 日本農芸化学会2006年度大会講演要旨集, p.120
    柘植 陽太, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 20「脱ハロゲン化細菌Desulfitobacterium hafniense Y51株の網羅的遺伝子解析と発現蛋白質のマッピング」
    日本農芸化学会 / 2006年3月, 京都, 日本農芸化学会2006年度大会講演要旨集, p.38
    山本 省吾, Gabor Keresztes, 稲富 健一, 乾 将行, 古川 謙介, 湯川 英明
  • 21「深度地下微生物生態系の菌相解析とメタゲノム法によるCO2固定遺伝子のクローニング」
    日本農芸化学会 / 2006年3月, 京都, 日本農芸化学会2006年度大会講演要旨集, p.38
    石井 翔, 稲富 健一, 乾 将行, 湯川 英明
  • 22「Growth-Arrested Corynebacteria as Whole-Cell Biocatalysts for Commodity Chemicals Production in a Biorefinery」
    Biotechnology Industry Organization / 2006年1月, Honolulu, 2006 Pacific Rim Summit on Industrial Biotechnology and Bioenergy
    Hideaki Yukawa, Alain A. Vertès and Masayuki Inui.

2005年

  • 1「Growth-Arrested Microbial Cells as Whole-Cell Biocatalysts: a New Paradigm for Efficient Production in Biorefinery Complexes」
    European Commission, ADEME, UNESCO, WCRE, EUBIA / 2005年10月, Paris, 14th European Biomass Conference and Exhibition
    Alain A. Vertès, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 2「The Energy Revolution: Technology for Ethanol Production」
    Delta-T Corporation / 2005年9月, Warsaw, Eastern Biofuels Conference & Expo II
    Alain A. Vertès and Hideaki Yukawa.
  • 3「Scarless and large segment deletion method for Corynebacterium glutamicum in which multiple deletions are possible」
    American Society for Microbiology / 2005年6月, Atlanta, 105th General Meeting
    Nobuaki Suzuki, Hiroshi Nonaka, Yota Tsuge, Satoshi Okayama, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 4「Analysis of a new insertion sequence IS14999 from Corynebacterium glutamicum
    American Society for Microbiology / 2005年6月, Atlanta, 105th General Meeting
    Yota Tsuge, Nobuaki Suzuki, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 5「Development of a new bioprocess for organic acid production using Corynebacterium glutamicum
    National Renewable Energy Laboratory / 2005年5月, Denver, 27th Symposium on biotechnology for Fuels and Chemicals
    Shohei Okino, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 6「A novel bioprocess for the production of fuel ethanol and chemicals from lignocellulosic sugars」
    BIO, ACS, NABC / 2005年4月, Orland, The 2nd Annual World Congress on Industrial Biotechnology and Bioprocessing
    Masayuki Inui, Shohei Okino, Hideo Kawaguchi and Hideaki Yukawa.
  • 7「Genome engineering and analysis for Corynebacterium glutamicum
    BIO, ACS, NABC / 2005年4月, Orland, The 2nd Annual World Congress on Industrial Biotechnology and Bioprocessing
    Nobuaki Suzuki, Hiroshi Nonaka, Naoko Okai, Yota Tsuge, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 8「新潟県油井から採取した地層水中の環境DNA分析」
    日本農芸化学会 / 2005年3月, 札幌, 日本農芸化学会2005年度大会講演要旨集, p.50
    石井 翔, 稲富 健一, 乾 将行, 湯川 英明
  • 9「変異loxP配列を用いたCorynebacterium glutamicumゲノムの多重削除」
    日本農芸化学会 / 2005年3月, 札幌, 日本農芸化学会2005年度大会講演要旨集, p.57
    鈴木 伸昭, 野中 寛, 岡山 巧, 乾 将行, 湯川 英明
  • 10「コリネ型細菌由来の新規挿入配列 IS14999 の解析」
    日本農芸化学会 / 2005年3月, 札幌, 日本農芸化学会2005年度大会講演要旨集, p.57
    柘植 陽太, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 11Desulfitobacterium sp. Y51株 ゲノム解析」
    日本農芸化学会 / 2005年3月, 札幌, 日本農芸化学会2005年度大会講演要旨集, p.60
    野中 寛, 篠田 吉史, 池永 由布子, 阿部 美優紀, 内藤 香枝, 稲富 健一,乾 将行, 古川 謙介, 湯川 英明
  • 12「超好熱始原菌Thermococcus kodakaraensis KOD1株由来Rubiscoの常温光合成細菌への導入」
    日本農芸化学会 / 2005年3月, 札幌, 日本農芸化学会2005年度大会講演要旨集, p.224
    吉田 昭介, 金尾 忠芳, 乾 将行, 湯川 英明, 富澤 健一, 跡見 晴幸, 今中 忠行
  • 13「コリネ型細菌を用いた有機酸生産バイオプロセスの構築に関する基礎的検討」
    日本農芸化学会 / 2005年3月, 札幌, 日本農芸化学会2005年度大会講演要旨集, p.243
    沖野 祥平, 乾 将行, 湯川 英明
  • 14「酸素抑制条件下におけるコリネ型細菌の糖代謝経路の解析」
    日本農芸化学会 / 2005年3月, 札幌, 日本農芸化学会2005年度大会講演要旨集, p.243
    村上 賜希子, 沖野 祥平, 川口 秀夫, 乾 将行, 湯川 英明
  • 15「コリネ型細菌の糖輸送系(PTS)遺伝子破壊株の解析(2)」
    日本農芸化学会 / 2005年3月, 札幌, 日本農芸化学会2005年度大会講演要旨集, p.243
    岡井 直子, 鈴木 伸昭, 池田 洋子, 野中 寛, 乾 将行, 湯川 英明
  • 16「コリネ型細菌を用いたラセミ体化合物の光学分割」
    日本農芸化学会 / 2005年3月, 札幌, 日本農芸化学会2005年度大会講演要旨集, p.243
    塚本 周平, 乾 将行, 湯川 英明
  • 17Desulfitobacterium属細菌における16S rRNAの多様性」
    日本農芸化学会 / 2005年3月, 札幌, 日本農芸化学会2005年度大会講演要旨集, p.51
    山下 雄三, 二神 泰基, 野中 寛, 湯川 英明, 後藤 正利, 古川 謙介
  • 18「High-efficiency hydrogen production from formate」
    RITE国際シンポジウム / 2005年2月, 京都, International Workshop on Biorefinery
    Hideo Kawaguchi, Akihito Yoshida, Taku Nishimura, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 19「A novel bioprocess for the production of fuel ethanol and chemicals from lignocellulosic sugars」
    RITE国際シンポジウム / 2005年2月, 京都, International Workshop on Biorefinery
    Shohei Okino, Hideo Kawaguchi, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 20「The complete genome sequence of Corynebacterium glutamicum R and the comparative genome analysis with other corynebacteria」
    RITE国際シンポジウム / 2005年2月, 京都, International Workshop on Biorefinery
    Hiroshi Nonaka, Peter Kos, Naoko Okai, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 21「The complete genome sequence of the anaerobic dehalorespiring Desulfitobacterium sp. Y51」
    RITE国際シンポジウム / 2005年2月, 京都, International Workshop on Biorefinery
    Hiroshi Nonaka, Yoshifumi Shinoda, Gabor Keresztes, Yuko Ikenaga, Miyuki Abe, Kae Naito, Kenichi Inatomi, Kensuke Furukawa, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 22「Novel large segment deletion method for Corynebacterium glutamicum in which multiple deletions are possible」
    RITE国際シンポジウム / 2005年2月, 京都, International Workshop on Biorefinery
    Nobuaki Suzuki, Hiroshi Nonaka, Yota Tsuge, Satoshi Okayama, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 23「High throughput transposon-mediated mutagenesis and construction of disruptant library of Corynebacterium glutamicum
    RITE国際シンポジウム / 2005年2月, 京都, International Workshop on Biorefinery
    Nobuaki Suzuki, Naoko Okai, Hiroshi Nonaka, Yota Tsuge, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 24「New Transposable Elements in Corynebacterium glutamicum
    RITE国際シンポジウム / 2005年2月, 京都, International Workshop on Biorefinery
    Yota Tsuge, Nobuaki Suzuki, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 25「Transcriptome and proteome analysis of oxygen deprived metabolism in Corynebacterium glutamicum
    RITE国際シンポジウム / 2005年2月, 京都, International Workshop on Biorefinery
    Masako Suda, Yoshifumi Shinoda, Shikiko Murakami, Shohei Okino, Hiroshi Nonaka, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.

2004年

  • 1「Analysis of sugar utilization by Corynebacterium glutamicum
    American Chemical Society / 2004年8月, Philadelphia, 228th National Meeting
    Shikiko Murakami, Naoko Okai, Masako Suda, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 2「Cre/loxP mediated excision of large segments of the Corynebacterium glutamicum genome」
    American Society for Microbiology / 2004年5月, New Orleans, 104th General Meeting
    Nobuaki Suzuki, Hiroshi Nonaka, Youta Tsuge, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 3「Genome sequencing of Desulfitobacterium sp. Y51」
    American Society for Microbiology / 2004年5月, New Orleans, 104th General Meeting
    Hiroshi Nonaka, Yoshifumi Shinoda, Yumiko Sato, Yuko Ikenaga, Miyuki Abe, Kae Naito, Yoshiko Harase, Masayuki Inui, Kensuke Furukawa and Hideaki Yukawa.
  • 4「Chromosomal deletion using insertion sequences and Cre/loxP excision system in Corynebacterium glutamicum
    American Society for Microbiology / 2004年5月, New Orleans, 104th General Meeting
    Youta Tsuge, Kana Ninomiya, Nobuaki Suzuki, Satoshi Okayama, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 5「Effect of carbon source on the cellulosome population of Clostridium cellulovorans
    American Society for Microbiology / 2004年5月, New Orleans, 104th General Meeting
    Sung Ok Han, Masayuki Inui, Hideaki Yukawa and Roy H. Doi.
  • 6「Construction and production of designer cellulosome of Clostridium cellulovorans in Bacillus subtilis
    American Society for Microbiology / 2004年5月, New Orleans, 104th General Meeting
    Hee-Yeon Cho, Masayuki Inui, Hideaki Yukawa and Roy H. Doi.
  • 7「Characterization of the Clostridium cellulovorans cellulosome and its interaction with non-cellulosomal enzymes」
    American Society for Microbiology / 2004年5月, New Orleans, 104th General Meeting
    Roger P. Koukiekolo, Helen Chan, Masayuki Inui, Hideaki Yukawa and Roy H. Doi.
  • 8「Production of green products from biomass by novel bioprocess」
    BIO, ACS, NABC / 2004年4月, Orland, The World Congress on Industrial Biotechnologyand Bioprocessing
    Hideo Kawaguchi, Shohei Okino, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 9「多重削除が可能なコリネ型細菌新規大規模ゲノム削除法の開発」
    日本農芸化学会 / 2004年4月, 広島, 日本農芸化学会2004年度大会講演要旨集, p.139
    鈴木 伸昭, 二宮 加奈, 岡山 巧, 柘植 陽太, 野中 寛, 乾 将行, 湯川 英明
  • 10Desulfitobacterium sp. Y51株 ゲノム解読」
    日本農芸化学会 / 2004年4月, 広島, 日本農芸化学会2004年度大会講演要旨集, p.138
    野中 寛, 篠田 吉史, 佐藤 由美子, 池永 由布子, 阿部 美優紀, 内藤 香枝,原背 良子, 乾 将行, 古川 謙介, 湯川 英明
  • 11「IS因子を利用したコリネ型細菌の多数遺伝子削除株の解析」
    日本農芸化学会 / 2004年4月, 広島, 日本農芸化学会2004年度大会講演要旨集, p.139
    柘植 陽太, 二宮 加奈, 鈴木 伸昭, 岡山 巧, 乾 将行, 湯川 英明
  • 12「コリネ型細菌におけるマーカーレス遺伝子破壊/導入法の開発」
    日本農芸化学会 / 2004年4月, 広島, 日本農芸化学会2004年度大会講演要旨集, p.139
    花山 大輔, 村上 賜希子, 乾 将行, 湯川 英明
  • 13「Cre/loxPシステムを用いたコリネ型細菌における大規模ゲノム削除」
    日本農芸化学会 / 2004年4月, 広島, 日本農芸化学会2004年度大会講演要旨集, p.139
    岡山 巧, 二宮 加奈, 鈴木 伸昭, 柘植 陽太, 野中 寛, 乾 将行, 湯川 英明
  • 14「Physiological Effects of GAPDH disruption in Corynebacterium glutamicum
    日本農芸化学会 / 2004年4月, 広島, 日本農芸化学会2004年度大会講演要旨集, p.43
    Crispinus A. Omumasaba, 岡井 直子, 和田 真利子, 乾 将行, 湯川 英明
  • 15「コリネ型細菌の糖輸送系(PTS)遺伝子破壊株の構築と解析」
    日本農芸化学会 / 2004年4月, 広島, 日本農芸化学会2004年度大会講演要旨集, p.43
    岡井 直子, 野中 寛, 池田 洋子, 和田 真利子, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 16「コリネ型細菌へのセロビオース利用能付与とバイオマス有効利用への応用」
    日本農芸化学会 / 2004年4月, 広島, 日本農芸化学会2004年度大会講演要旨集, p.43
    村上 賜希子, 沖野 祥平, 乾 将行, 湯川 英明
  • 17「組換えコリネ型細菌を利用した木材からの高効率エタノール生産:発酵阻害物質の影響について」
    日本農芸化学会 / 2004年4月, 広島, 日本農芸化学会2004年度大会講演要旨集, p.180
    中本 光架, 渡邊 崇人, 本田 与一, 渡辺 隆司, 川口 秀夫, 乾 将行, 湯川 英明

2003年

  • 1「コリネ型細菌における大規模ゲノム削除法の開発」
    日本分子生物学会 / 2003年12月, 神戸, 日本分子生物学会講演要旨集, p.779
    鈴木 伸昭, 野中 寛, 二宮 加奈, 柘植 陽太, 岡山 巧, 乾 将行, 湯川 英明
  • 2「コリネ型細菌におけるIS因子を利用したランダムゲノム削除法の開発」
    日本分子生物学会 / 2003年12月, 神戸, 日本分子生物学会講演要旨集, p.779
    柘植 陽太, 二宮 加奈, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 3「Cre/loxP系を用いたコリネ型細菌における大規模ゲノム削除」
    日本生物工学会 / 2003年9月, 熊本, 日本生物工学会講演要旨集, p.126
    鈴木 伸昭, 柘植 陽太, 二宮 加奈, 野中 寛, 乾 将行, 湯川 英明
  • 4「コリネ型細菌における新規転移因子の機能解析」
    日本生物工学会 / 2003年9月, 熊本, 日本生物工学会講演要旨集, p.126
    柘植 陽太, 二宮 加奈, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 5「Synergistic effects of cellulases and hemicellulases on corn fiber and the contribution of the scaffolding protein, CbpA」
    American Society for Microbiology / 2003年5月, Washington DC, 103rd General Meeting
    Roger P. Koukiekolo, Hee-Yeon Cho, Akihito Kosugi, Masayuki Inui, Hideaki Yukawa and Roy H. Doi.
  • 6「Development of novel bioprocesses based on the anaerobic metabolism of corynebacteria」
    American Society for Microbiology / 2003年5月, Washington DC, 103rd Genera Meeting
    Masayuki Inui, Hiroshi Nonaka, Alain A. Vertès and Hideaki Yukawa.
  • 7「Transcription analysis of cellulase and hemicellulase genes of Clostridium cellulovorans
    American Society for Microbiology / 2003年5月, Washington DC, 103rd General Meeting
    Sung Ok Han, Masayuki Inui, Hideaki Yukawa and Roy H. Doi.
  • 8「Production of lactic acid by novel bioprocess using coryneform bacteria」
    National Renewable Energy Laboratory / 2003年5月, Breckenridge, The 25th Symposium on Biotechnology for Fuels and Chemicals Program & Abstracts, p.120
    Shohei Okino, Kaori Nakata, Naoko Okai, Masayuki Inui, Crispinus A. Omumasaba and Hideaki Yukawa.
  • 9「Efficient ethanol production by a novel bioprocess」
    National Renewable Energy Laboratory / 2003年5月, Breckenridge, The 25th Symposium on Biotechnology for Fuels and Chemicals Program & Abstracts, p.120
    Hideo Kawaguchi, Kaori Nakata, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 10「Glycolytic flux in C. glutamicum R: Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase」
    日本農芸化学会 / 2003年4月, 藤沢, 日本農芸化学会2003年度大会講演要旨集, p.37
    Crispinus A. Omumasaba, 乾 将行, 湯川 英明
  • 11「コリネ型細菌を用いた新規バイオプロセスの開発:代謝制御機構の解析」
    日本農芸化学会 / 2003年4月, 藤沢, 日本農芸化学会2003年度大会講演要旨集, p.37
    沖野 祥平, 川口 秀夫, 岡井 直子, 乾 将行, 湯川 英明
  • 12「コリネ型細菌を用いた新規バイオプロセスの開発:遺伝子破壊株による嫌気代謝経路解析」
    日本農芸化学会 / 2003年4月, 藤沢, 日本農芸化学会2003年度大会講演要旨集, p.37
    中田 かおり, 沖野 祥平, 池田 洋子, 渡邊 淳子, 乾 将行, 湯川 英明
  • 13「コリネ型細菌を用いた新規バイオプロセスの開発:遺伝子高発現株による嫌気代謝経路解析」
    日本農芸化学会 / 2003年4月, 藤沢, 日本農芸化学会2003年度大会講演要旨集, p.37
    村上 賜希子, 中田 かおり, 沖野 祥平, 池永 由布子, 乾 将行, 湯川 英明
  • 14「組換えコリネ型細菌を利用したエタノール生産」
    日本農芸化学会 / 2003年4月, 藤沢, 日本農芸化学会2003年度大会講演要旨集, p.38
    川口 秀夫, 中田 かおり, 横山 益造, 乾 将行, 湯川 英明
  • 15「コリネ型細菌を用いた新規バイオプロセスの開発:遺伝子高発現株による嫌気代謝経路解析」
    日本農芸化学会 / 2003年4月, 藤沢, 日本農芸化学会2003年度大会講演要旨集, p.38
    吉田 章人, 篠田 吉史, 川口 秀夫, 乾 将行, 湯川 英明
  • 16「好気・嫌気条件下におけるコリネ型細菌のプロテオミクス解析」
    日本農芸化学会 / 2003年4月, 藤沢, 日本農芸化学会2003年度大会講演要旨集, p.20
    篠田 吉史, 中田 かおり, 乾 将行, 湯川 英明
  • 17Corynebacterium glutamicum R ゲノム解析」
    日本農芸化学会 / 2003年4月, 藤沢, 日本農芸化学会2003年度大会講演要旨集, p.20
    野中 寛, 中田 かおり, 岡井 直子, 和田 真利子, 佐藤 由美子, Peter Kos, 乾 将行, 湯川 英明
  • 18「コリネ型細菌の新規トランスポゾンの単離」
    日本農芸化学会 / 2003年4月, 藤沢, 日本農芸化学会2003年度大会講演要旨集, p.20
    二宮 加奈, 中田 かおり, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 19「コリネ型細菌における新規トランスポゾンの機能解析」
    日本農芸化学会 / 2003年4月, 藤沢, 日本農芸化学会2003年度大会講演要旨集, p.20
    柘植 陽太, 二宮 加奈, 中田 かおり, 鈴木 伸昭, 乾 将行, 湯川 英明
  • 20「脱窒性細菌Magnetopirillum属TS-6株による芳香族化合物の嫌気的分解」
    日本農芸化学会 / 2003年4月, 藤沢, 日本農芸化学会2003年度大会講演要旨集, p.31
    阪井 康能, 赤木 準也, 内藤 康充, 篠田 吉史, 由里本 博也, 湯川 英明, 加藤 暢夫

2002年

  • 1「コリネ型細菌を用いた新規バイオプロセスの開発:Phosphotransferase system-mediated uptake of cellobiose in Corynebacterium glutamicum
    日本農芸化学会 / 2002年3月, 仙台, 日本農芸化学会2002年度大会講演要旨集, p.300
    Pavel Kotrba, 乾 将行, 湯川 英明
  • 2「コリネ型細菌を用いた新規バイオプロセスの開発:糖代謝機構の解析と応用」
    日本農芸化学会 / 2002年3月, 仙台, 日本農芸化学会2002年度大会講演要旨集, p.300
    Crispinus A. Omumasaba, 乾 将行, 湯川 英明
  • 3「コリネ型細菌の遺伝子機能解析:アルコール資化能の解析」
    日本農芸化学会 / 2002年3月, 仙台, 日本農芸化学会2002年度大会講演要旨集, p.300
    Anna Kotrbova-Kozak, Pavel Kotrba, 乾 将行, 湯川 英明
  • 4「コリネ型細菌の工業化高度利用への試み:エタノール生産」
    日本農芸化学会 / 2002年3月, 仙台, 日本農芸化学会2002年度大会講演要旨集, p.300
    中田 かおり, 四方 裕久, 篠田 吉史, 乾 将行, 湯川 英明
  • 5「コリネ型細菌におけるトランスポゾン機能の解析」
    日本農芸化学会 / 2002年3月, 仙台, 日本農芸化学会2002年度大会講演要旨集, p.300
    二宮 加奈, Alain A. Vertès, 中田 かおり, 乾 将行, 湯川 英明

2000年

  • 1「Investigation of cytric acid cycle in Coryneform bacteria」
    日本農芸化学会 / 2000年4月, 東京, 日本農芸化学会2000年度大会講演要旨集, p.138
    Peter B. Kos, 乾 将行, 湯川 英明
  • 2「嫌気条件下におけるコリネ型細菌の生化学的挙動」
    日本農芸化学会 / 2000年4月, 東京, 日本農芸化学会2000年度大会講演要旨集, p.138
    四方 裕久, 中田 かおり, Peter Kos, 乾 将行, 湯川 英明
  • 3「Phenotypic and genetic variation of Corynebacteria following cyanide-cultivation」
    日本農芸化学会 / 2000年4月, 東京, 日本農芸化学会2000年度大会講演要旨集, p.138
    Thomas R. Garbe, 乾 将行, 湯川 英明
  • 4「光合成細菌における3種RubisCO遺伝子の発現機構の解析」
    日本農芸化学会 / 2000年4月, 東京, 日本農芸化学会2000年度大会講演要旨集, p.101
    中田 かおり, 北山 香織, 布浦 直樹, 乾 将行, 湯川 英明
  • 5「遺伝子組み換えコリネ型細菌によるポルフィリンの分泌生産」
    日本農芸化学会 / 2000年4月, 東京, 日本農芸化学会2000年度大会講演要旨集, p.129
    岡崎 祐一, 乾 将行, 山縣 恒, 湯川 英明

1999年

  • 1「嫌気的条件下における微生物代謝とその利用」
    日本農芸化学会 / 1999年4月, 福岡, 日本農芸化学会1999年度大会講演要旨集, p.218
    高田 佳代子, 乾 将行, 湯川 英明
  • 2「光合成細菌における二酸化炭素固定の解析」
    日本農芸化学会 / 1999年4月, 福岡, 日本農芸化学会1999年度大会講演要旨集, p.238
    中田 かおり, 乾 将行, 湯川 英明
  • 3「Studies on inorganic carbon fixation in photosynthetic non-sulfur bacterium Rhodopseudomonas palustris
    American Society for Microbiology / 1999年6月, Chicago, Abstracts of papers presented at the 99th American Society for Microbiology General Meeting, p.359
    Laszlo G. Puskas, Kenneth Zahn, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 4「A new small rRNA from the large subunit ribosomes of Rhodopseudomonas palustris: Isolation, characterization and definition of a possible processing」
    日本分子生物学会 / 1999年12月, 福岡, 日本分子生物学会1999年度年会講演要旨集, p.360
    Kenneth Zahn, 乾 将行, 湯川 英明
  • 5「光合成細菌における3種のRubisCO遺伝子破壊株の特性と各酵素遺伝子の発現調節機構の解析」
    日本分子生物学会 / 1999年12月, 福岡, 日本分子生物学会1999年度年会講演要旨集, p.537
    北山 香織, 中田 かおり, 布浦 直樹, 乾 将行, 湯川 英明

1998年

  • 1「光合成細菌における遺伝子解析(第14報):ビタミンB12生合成系遺伝子群の単離と解析」
    日本農芸化学会 / 1998年3月, 名古屋, 日本農芸化学会1998年度大会講演要旨集, p.217
    的場 亮, 山縣 恒, 乾 将行, 湯川 英明
  • 2「Characterization of carbonic anhydrase of photosynthetic bacteria」
    日本農芸化学会 / 1998年3月, 名古屋, 日本農芸化学会1998年度大会要旨集, p.213
    Laszlo G. Puskas, 乾 将行, 湯川 英明
  • 3「光合成細菌における二酸化炭素固定の解析」
    日本農芸化学会 / 1998年3月, 名古屋、日本農芸化学会1998年度大会講演要旨集, p.49
    布浦 直樹, 乾 将行, 湯川 英明
  • 4「Gene, expression and products of the rRNA operons of the purple non-sulfur bacterium Rhodopseudomonas palustris: Identification of a 5.8S-like rRNA: Evolutionary convergence or direct descent?」
    Cold Spring Harbor Laboratory / 1998年9月, New York, Abstracts of papers presented at the 1998 meeting on Translational control (Cold Spring Harbor Conference), p.298
    Kenneth Zahn, Masayuki Inui and Hideaki Yukawa.
  • 5「光合成細菌の二酸化炭素取り込み機構の解析」
    日本分子生物学会 / 1998年12月, 横浜, 日本分子生物学会1998年度年会講演要旨集, p.274
    Laszlo G. Puskas, 乾 将行, 湯川 英明
  • 6「光合成細菌における3種のRubisCO遺伝子のクローニングと酵素機能の解明」
    日本分子生物学会 / 1998年12月, 横浜, 日本分子生物学会1998年度年会講演要旨集, p.274
    布浦 直樹, 乾 将行, 湯川 英明
  • 7「光合成細菌のrRNA構造に見る原核微生物と真核微生物の収束進化」
    日本分子生物学会 / 1998年12月, 横浜, 日本分子生物学会1998年度年会講演要旨集, p.456
    Kenneth Zahn, 乾 将行, 湯川 英明

1997年

  • 1「紅色非硫黄光合成細菌のポルフィリン細胞外分泌」
    日本農芸化学会 / 1997年3月, 東京, 日本農芸化学会1997年度大会講演要旨集, p.335
    山縣 恒, 的場 亮, 乾 将行, 藤井 貴明, 湯川 英明
  • 2「光合成細菌における遺伝子解析(第13報):PEPカルボキシラーゼ(PEPCK)遺伝子の解析」
    日本農芸化学会 / 1997年3月, 東京, 日本農芸化学会1997年度大会講演要旨集, p.193
    乾 将行, 門間 敬子, Valerie Dumay, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 3「光合成細菌における遺伝子解析(第12報):RubisCO遺伝子のクローニングおよび遺伝子破壊株の作製」
    日本農芸化学会 / 1997年3月, 東京, 日本農芸化学会1997年度大会講演要旨集, p.193
    門間 敬子, 的場 亮, 乾 将行, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 4「紅色非硫黄細菌由来ピルビン酸カルボキシラーゼの解析」
    日本農芸化学会 / 1997年3月, 東京, 日本農芸化学会1997年度大会講演要旨集, p.81
    盧 重協, 乾 将行, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 5「Studies on CO2 fixation in PNSB (2nd report): Analysis of CO2 metabolism in purple non-sulfur bacteria」
    ICCDU IV (Fourth International Conference on Carbon Dioxide Utilization)/ 1997年9月, 京都, ICCDU IV
    乾 将行, 盧 重協, 門間 敬子, 湯川 英明
  • 6「Studies on CO2 fixation in PNSB (1st report): Utilization of waste as the additional source of carbon for CO2 fixation by PNSB」
    ICCDU IV (Fourth International Conference on Carbon Dioxide Utilization)/ 1997年9月, 京都, ICCDU IV
    Vladimir Brenner, 乾 将行, 門間 敬子, 湯川 英明
  • 7「Structure and expression of the ribosomal RNA operons of the purple non-sulfur photosynthetic bacterium Rhodopseudomonas palustris
    日本分子生物学会 / 1997年12月, 京都, 日本分子生物学会1997年度年会講演要旨集, p.603
    Kenneth Zahn, 乾 将行, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 8「光合成細菌におけるホスト/ベクター系の開発(第7報):遺伝子破壊法の開発と酵素機能解明への応用」
    日本分子生物学会 / 1997年12月, 京都, 日本分子生物学会1997年度年会講演要旨集, p.652
    布浦 直樹, 乾 将行, 山縣 恒, 湯川 英明

1996年

  • 1「光合成細菌における遺伝子解析(第9報):二酸化炭素固定化に関与する新規遺伝子の探索」
    日本農芸化学会 / 1996年3月, 京都, 日本農芸化学会1996年度大会講演要旨集, p.109
    的場 亮, Valerie Dumay, 門間 敬子, 乾 将行, 生田 ミキ, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 2「光合成細菌におけるホスト/ベクター系の開発(第4報):プラスミドの探索と解析」
    日本農芸化学会 / 1996年3月, 京都, 日本農芸化学会1996年度大会講演要旨集, p.109
    乾 将行, 生田 ミキ, 門間 敬子, Valerie Dumay, 的場 亮, Kenneth Zahn, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 3「光合成細菌における遺伝子解析(第11報):Defining the role of phosphoenolpyruvate carboxylase (PEPC) in purple non sulfur bacteria metabolism by analysisof a PEPC-negative strain」
    日本生化学会, 日本分子生物学会 / 1996年8月, 北海道, 日本生化学会, 日本分子生物学会1996年度合同年会講演要旨集, p.572
    Valerie Dumay, 乾 将行, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 4「光合成細菌におけるホスト/ベクター系の開発(第6報):低分子量プラスミドの探索と解析」
    日本生化学会, 日本分子生物学会 / 1996年8月, 北海道, 日本生化学会, 日本分子生物学会1996年度合同年会講演要旨集, p.572
    生田 ミキ, 盧 重協, 乾 将行, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 5「光合成細菌におけるホスト/ベクター系の開発(第5報):プラスミド含有菌の同定と複製必須領域の特定化」
    日本生化学会, 日本分子生物学会 / 1996年8月, 北海道, 日本生化学会, 日本分子生物学会1996年度合同年会講演要旨集, p.571
    盧 重協, 生田 ミキ, 乾 将行, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 6「光合成細菌における遺伝子解析(第10報):Transcriptional analysis of the phosphoenolpyruvate carboxylase (PEPC) gene of Rhodopseudomonas sp. No.7 strain」
    日本生化学会, 日本分子生物学会 / 1996年8月, 北海道, 日本生化学会, 日本分子生物学会1996年度合同年会講演要旨集, p.572
    Kenneth Zahn, 乾 将行, 山縣 恒, 湯川 英明

1995年

  • 1「光合成細菌における遺伝子解析(第7報):シャペロニン遺伝子のクローニング」
    日本生化学会 / 1995年5月, 日本生化学会平成7年度近畿支部例会
    門間 敬子, 乾 将行, 的場 亮, 生田 ミキ, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 2「光従属栄養条件下における紅色非硫黄菌のC2-代謝系」
    日本農芸化学会 / 1995年3月, 千葉, 日本農芸化学会平成7年度関東支部シンポジウム
    藤井 貴明, 湯川 英明
  • 3「Biochemical and genetic chatacterization of phosphoenolpyrubate carboxylase from Rhodopseudomonas species No.7」
    Intrenational C1 Symosium / 1995年8月, San Diego, 8th International C1Synposium
    乾 将行, 門間 敬子, 的場 亮, 生田 ミキ, 山縣 恒, 藤井 貴明, 湯川 英明
  • 4「光合成細菌における遺伝子解析(第5報):dnaKdnaJ相同遺伝子のクローニング」
    日本農芸化学会 / 1995年8月, 北海道, 日本農芸化学会平成7年度大会講演要旨集, p.91
    門間 敬子, 乾 将行, 的場 亮, 生田 ミキ, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 5「光合成細菌における遺伝子解析(第4報):シャペロニン遺伝子のクローニング」
    日本農芸化学会 / 1995年8月, 北海道, 日本農芸化学会平成7年度大会講演要旨集, p.91
    乾 将行, 門間 敬子, 的場 亮, 生田 ミキ, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 6「Genetic Analysis of Photosynthetic Bacteria (6th report): Cloning and sequencing of Rhodopseudomonas sp. recA gene」
    日本農芸化学会 / 1995年8月, 北海道, 日本農芸化学会平成7年度大会講演要旨集, p.91
    Valerie Dumay, 乾 将行, 門間 敬子, 的場 亮, 生田 ミキ, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 7Streptococcus bovis由来のmalic enzyme遺伝子のクローニングと構造解析」
    日本農芸化学会 / 1995年10月, 鳥取, 日本農芸化学会平成7年度関西中部合同大会
    鈴木 秀之, 河井 重幸, 山本 憲二, 熊谷 英彦, 乾 将行, 湯川 英明
  • 8「光合成細菌におけるホストーベクター系の開発(第2報):プラスミドの検索」
    日本生物工学会 / 1995年10月, 福岡, 日本生物工学会平成7年度大会
    生田 ミキ, 門間 敬子, Valerie Dumay, 的場 亮, 乾 将行, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 9「光合成細菌におけるホストーベクター系の開発(第3報):プラスミドの検索と解析」
    日本分子生物学会 / 1995年12月, 名古屋, 日本分子生物学会平成7年度年会講演要旨集, p.463
    生田 ミキ, 門間 敬子, Valerie Dumay, 的場 亮, 乾 将行, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 10「光合成細菌における遺伝子解析(第8報):Rhodopseudomonas sp. No.7株のrecA遺伝子の遺伝学的解析ならびに遺伝子破壊株の作製」
    日本分子生物学会 / 1995年12月, 名古屋, 日本分子生物学会平成7年度年会講演要旨集, p.376
    Valerie Dumay, 乾 将行, 門間 敬子, 的場 亮, 生田 ミキ, 山縣 恒, 湯川 英明

1994年

  • 1「Characterization of CO2 fixing enzymes from photosynthetic purple non-sulfur bacteria」
    (財)地球環境産業技術研究機構及び新エネルギー・産業技術総合開発機構 /1994年10月, 京都, ICCDR-2国際会議, Book of Abstracts, p.132
    乾 将行, 的場 亮, 生田ミキ, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 2「光合成細菌におけるホスト-ベクター系の開発(第1報):組換え用宿主の選択」
    日本農芸化学会 / 1994年10月, 大阪, 日本農芸化学会平成6年度関西支部大会
    生田 ミキ, 門間 敬子, 的場 亮, 乾 将行, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 3「光合成細菌における遺伝子解析(第1報):シャペロニン遺伝子のクローニング」
    日本農芸化学会 / 1994年10月, 大阪, 日本農芸化学会平成6年度関西支部大会
    乾 将行, 柏原 久美子, 門間 敬子, 的場 亮, 生田 ミキ, 山縣 恒, 藤井 貴明,湯川 英明
  • 4「光合成細菌における遺伝子解析(第3報):dnaK相同遺伝子のクローニング」
    日本分子生物学会 / 1994年12月, 神戸, 日本分子生物学会1994年度年会講演要旨集, p.384
    門間 敬子, 乾 将行, 的場 亮, 生田 ミキ, 山縣 恒, 湯川 英明
  • 5「光合成細菌における遺伝子解析(第2報):ホスホエノールピルビン酸カルボキシラーゼのクローニング」
    日本分子生物学会 / 1994年12月, 神戸, 日本分子生物学会1994年度年会講演要旨集, p.384
    乾 将行, 門間 敬子, 的場 亮, 生田 ミキ, 山縣 恒, 湯川 英明

Pagetop