グリーンケミカルズ株式会社

  1. バイオ研究グループ HOME>
  2. グリーンケミカルズ株式会社

グリーンケミカルズ株式会社について

1. 「グリーンフェノール・高機能フェノール樹脂製造技術研究組合」の設立
 公益財団法人地球環境産業技術研究機構(RITE)と住友ベークライト株式会社は、2010年2月に「グリーンフェノール・高機能フェノール樹脂製造技術研究組合」(GP組合)を設立し、植物資源(非可食)から取り出した混合糖(C6,C5糖)を用いたバイオプロセスによるフェノール生産およびフェノール樹脂製造に関わる基盤技術開発を進めました。
 混合糖からのフェノール直接生成では反応経路が多段階に及ぶため多くの酵素がフェノールによる強い阻害を受けます。GP組合は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)委託事業により得られた基盤技術をベースに、独自に考案した「2段工程法」によるフェノール生産技術を確立しました。これにより従来の醗酵法では経済的に不可能とされてきた、糖類からのフェノール製造への展開に目途をつけることができました。
 これらGP組合の研究成果を実用化することで、フェノールの原料を石油から植物資源(非可食)に転換することが可能となり、CO2の排出抑制及び化学産業・化学製品のグリーン化の促進に寄与することが期待されます。

2. 「グリーンフェノール開発株式会社」への組織変更
 GP組合は2014年5月27日付で「グリーンフェノール開発株式会社」(GPD)に組織変更しました。技術研究組合の株式会社化第1号です。GPDは、2014年度~2017年度、NEDOからの助成を得て、非可食バイオマス由来フェノールの工業生産に向けた技術開発を推進し、パイロット設備(バイオ変換設備+濃縮精製設備)による一貫した生産プロセスを完成させました。
 2016年6月2日、GPD・RITE・住友ベークライト株式会社は、「植物由来フェノール製造技術の開発」に対して、公益社団法人新化学技術推進協会(JACI)グリーン・サステイナブルケミストリーネットワーク会議より、「第15回グリーン・サステイナブルケミストリー(GSC)賞奨励賞」を受賞しました。

3. 「グリーンケミカルズ株式会社」への商号変更
 GPDの技術は、フェノール生産以外にも有用な化合物を並行的に生産可能であるため、これらの有用化合物も含めて早期の事業拡大を図るため、グリーンフェノール開発株式会社の商号を、2018年4月1日付で「グリーンケミカルズ株式会社」(GCC)に変更しました。

商号 グリーンケミカルズ株式会社(Green Chemicals Co., Ltd.)
所在地 京都府木津川市木津川台9丁目2番地(RITE内)
代表取締役 林 茂(住友ベークライト株式会社代表取締役会長)
事業の概要 バイオリファイナリー技術(再生可能資源である生物由来資源を原料にバイオ燃料や樹脂などを製造する技術)による化学品及び樹脂の研究、開発、製造、販売、輸出入

バイオプロセスによるフェノール生成技術

1. 「2段工程法」によるフェノール生成技術とは

バイオプロセスによりフェノールを生成する場合の最大の障害・課題は、フェノールが有する極めて強度の細胞毒性です。この細胞毒性の問題から、バイオプロセスによるフェノール生成は不可能とされてきました。GP組合ではこの課題を回避するため、糖類からの直接生成ではなく、「2段工程法」を考案しました。

1.「2段工程法」によるグリーンフェノール生成技術とは

1.第1段工程(糖からの前駆体(中間体)の高効率生産)

混合糖(C6,C5糖)から生成するフェノール前駆体(中間体)としては細胞毒性を有さない有機酸4-ヒドロキシベンゾエートを選択し、この前駆体(中間体)生成には「増殖非依存型バイオプロセス」を適用することで、高効率な生産を可能としました。

増殖非依存型バイオプロセス

従来の醗酵法

2.第2段工程(前駆体(中間体)を原料とする菌体酵素反応によるone-step reaction)

4-ヒドロキシベンゾエートからフェノールへは脱炭酸反応one stepにて変換できることから、脱炭酸機能を有する酵素遺伝子を幅広く検索し、高活性酵素遺伝子の取得に成功しました。この遺伝子を導入した形質転換体を構築することにより、有機酸4-ヒドロキシベンゾエートから定量的にフェノールを生成する脱炭酸反応を世界で初めて実現しています。

2.フェノールの主要な用途

フェノールには2つの大きな使用用途があり、フェノール樹脂用途およびビスフェノールA用途(ポリカーボネート樹脂やエポキシ樹脂向け)がそれぞれ26%、50%と全体の約76%を占めています。グリーンケミカルズ株式会社で製造するバイオプロセスによるフェノールについても、このような用途に広く使用される見込みです。

1.フェノール樹脂

フェノール樹脂はフェノール類とアルデヒド類との付加縮合反応によって作られています。用途としては、結合材や補強材用として利用される他、自動車用途ではモーター用ブラシホルダー、スリップリング、冷却ポンプ部品、クラッチピストン、断熱ガスケット、オイルキャップ、ブレーキピストンなど多岐にわたり、自動車部品に不可欠の材料となっています。今後、ハイブリッド車の普及や電気自動車の開発に関連して自動車の軽量化が求められることから、金属部品の代替品として、フェノール樹脂のニーズがますます高まることが予想されます。

2.ビスフェノールA

ポリカーボネート樹脂として、各種家電、電子機器、OA機器、医療機器、携帯電話、自動車部品、CDなどのディスク、シートや窓ガラスなどに、また、エポキシ樹脂として、自動車用塗料、缶内面コーティング、積層板や半導体封止材など電子機器用途、土木・建築用接着剤や塗料として幅広く利用されています。

フェノール樹脂は自動車部品に不可欠な材料である

Pagetop