はじめに



RITE化学研究グループは、化学の視点から二酸化炭素の削減に取り組んできています。
まず、火力発電所、製鉄所等の大規模固定発生源から排出される排気ガス中の二酸化炭素の 分離回収と固定化について研究を行っています。排気ガス中の二酸化炭素の分離回収法は、 有機塩基溶液による吸収法、高分子膜を用いる分離法および無機多孔体による吸着分離に大別されます。 現状においては、いずれの方法においても大きなエネルギーコストを要するという問題があります。私達は、 各方法においてエネルギーコスト削減のためのブレークスルーを目指して研究を推進しています。